BADBOYS

BADBOYSの基本情報

BADBOYSのあらすじ/内容

1988年から1996年まで『ヤングキング』(少年画報社)で連載された[1]。単行本は同社ヤングキングコミックスより全22巻[1]。大型本の「定本・BADBOYS」全10巻、新書サイズの「BADBOYS(新装版)」全22巻、選集のコンビニコミックが何度かシリーズとして刊行された。単行本の累積発行部数は、2011年の時点で4000万部に達し[2]、2015年の時点でシリーズ累計発行部数は5500万部に到達している[3]。2005年5月から『月刊BADBOYS』の刊行を開始し、2008年2月まで合計34冊が発行された[4][5]。「YOUNGKINGセレクション」と銘打たれた同シリーズは『BADBOYS』および『BADBOYS グレアー』を再録する定期刊行物であり、表題についても2005年4月号(第1号)から2007年6月号までが『月刊BADOBOYS』[4][6]、2007年7月号から2008年4月号(最終号)までが『月刊BADBOYS グレアー』となっている[7][5]。1980年代後半の広島市を舞台に、暴走族の少年少女の青春や抗争を描いた物語である[8]。続編・関連作品として、1990年代後半を舞台に本作より後の世代を描いた続編『BADBOYS グレアー』、主に1980年代前半を舞台に本作より前の時代を描いたスピンオフ作品『女神の鬼』、2010年代を舞台に中年になった本作・グレアーの登場人物とその息子世代を描く続編『KIPPO』がある[9]。この他にも、直接的なストーリー上の関連はないが『莫逆家族』も同一の世界という設定になっている。2010年5月に実写映画化が発表され[8]、2011年2月26日に広島で先行公開[10]、2011年3月26日に一般公開された[11]。2013年4月には『BAD BOYS J』として連続ドラマ化され[12]、2013年11月9日にドラマの劇場版として『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』が公開された[13]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

BADBOYSの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。