AIKa

AIKaの基本情報
監督西島克彦
制作スタジオ・ファンタジア

AIKaのあらすじ/内容

特別編1巻を含む全8巻のOVA。『女神天国』OVA版の好評を受け、ほぼ同一スタッフで制作された。当初は第1期全4巻の予定だったが、好評により第2期が制作され、全8巻となった。なお、第1期は1998年4月6日より11回に分けてTBSのバラエティ番組『ワンダフル』内で放送された[1]。第2期では引き続き藍華を主人公に置きながらも、やられ役であるデルモ達にも焦点が当てられていた。一般作でありながら、お色気シーンやパンチラシーンが多い。「業界最多パンツを目指そう」を合言葉に西島、山内主導のもと全カットのうち限界ギリギリである数のカットにおいてパンチラシーンを入れようという意欲的な作品となっている。主人公の藍華、パートナーのりおん、敵のデルモなど、女性登場人物のほとんどが極端なミニスカートを身に着けており、アクションシーンでは常に誰かの下着が見えているような状態であったり、敵のデルモがやられる時は必ずスカートの中が丸見えになるように倒れ、通常シーンでも下から覗きこむようなローアングルが多い。西島監督のこだわりから登場するパンツはすべて白で統一されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

AIKaの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。