.hack//Quantum

.hack//Quantumの基本情報
監督橘正紀
原作.hack Conglomerate
制作キネマシトラス

.hack//Quantumのあらすじ/内容

メディアミックスプロジェクト『.hack』シリーズの作品で、『.hack』アニメシリーズとしては第9弾(OVAとしては第6作目)。時系列的には2010年(平成22年)にリリースされたテレビゲーム『.hack//Link』の後に連なる。『.hack』シリーズ作品は登場人物がゲーム世界「The World」と現実世界“リアル”で二つの顔(キャラ)を持つ多元構造が特徴である。これまでのアニメシリーズでは基本的に「The World」での活動を描く事が通例であり、「リアル」での顔は裏設定的に作られてはいるものの、それを前面に押し出すことはほぼ無く、劇中のキャラのセリフから断片的に語られる程度の事が多かった[1]。本作では主要登場キャラの「リアル」が劇中に明確に登場し、物語にも関わる。2010年(平成22年)11月から2011年(平成23年)1月にかけて、全3話が全国5つの映画館で行われるバンダイビジュアルOVA作品オムニバス上映イベント「ANIME FES.”VS”」(アニメフェス バーサス)で順次先行公開された[2]。このイベントでは第1巻を『ANIME FES.”VS”イベント上映劇場限定発売仕様』として正式発売よりも一足早く発売した。コンプエースにて連載されていた「.hack//Quantum+」(- クワンタム プラス)は内容的にはOVAと同じで相互補完しているが、サクヤが右手にイリーガルな能力を持たないなど異なる部分もある。ゲッキンにてOVAの前日譚である「.hack//Quantum I(introduction)」(- クワンタム イントロダクション)が連載された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

.hack//Quantumの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。