一騎当千 集鍔闘士血風録

一騎当千 集鍔闘士血風録の基本情報
放送日2019年2月27日 ~
監督サトウ光敏
原作塩崎雄二
制作アームス

一騎当千 集鍔闘士血風録のあらすじ/内容

いわゆる「現代版三国志漫画」の1つであり、『三国志』を題材とした作品では珍しく呉(に当たる場所)を主な舞台とする格闘漫画である。『三国志』の英雄たちの魂が封じ込められた勾玉を持ち、彼らの宿命を受け継いだ現代の高校生たち(作中では「闘士」と呼称される)が、激闘を繰り広げる。主人公である17歳の女子高生・孫策伯符をはじめとする闘士たちの名前は、『三国志』や『三国志演義』の登場人物から採られている。また、闘士たちの性別は英雄たちの性別とは完全一致しておらず、大半は女性となっている。物語の内容は、『三国志』および『三国志演義』の内容を基に構成されており、それぞれ分割すると「孫策伯符バトルデビュー編」「大闘士大会編」までが後漢末期、「赤壁の戦い・天下統一争奪戦編」から三国時代に割り当てられる。赤壁の戦い終盤の直後には、日本史の人物の名とその魂が封印された「刀の鍔」を持った関西の闘士・「柳生三厳」をはじめとしたキャラクターも登場する。こちらは日本史の年代がバラバラの人物となっている。世相の風刺ネタや連載当時の流行、それより古いネタなどが盛り込まれているほか、コメディ風のお色気や女性たちのヌードなどの際どいシーンが自然的な背景の一環としてふんだんに描かれているが、極端な性的描写は含まれていない。なお、前述の激闘による流血などの残虐描写は一部盛り込まれている。作者の絵柄の変化に伴い、赤壁の戦い中盤あたりからキャラクターたちの容姿が大幅に変化している。本作の発表以降、『DRAGON SISTER! -三國志 百花繚乱-』(漫画)、『恋姫†無双』(アダルトゲーム)などの女性化三国志作品が登場している。アニメ版については、#アニメ版を参照。各期の略称については、以下のとおりとする。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

一騎当千 集鍔闘士血風録の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。