ヤマノススメ おもいでプレゼント

ヤマノススメ おもいでプレゼントの基本情報
放送日2017年10月28日 ~
監督山本裕介
原作しろ
制作エイトビット

ヤマノススメ おもいでプレゼントのあらすじ/内容

インドア趣味で高所恐怖症の主人公の少女・あおいが、アウトドア志向の幼馴染・ひなたとの再会をきっかけとして、幼い頃に見た山頂での来光を再び目にするべく、登山に臨む物語である。物語は、主に主人公の視点から描かれる。登山を趣味とする著者が、自ら登った山を、写真とイラストで紹介した同名の同人誌を原典とする[2][3]。そうした背景から、単行本の表紙に赤岳(第1巻)の写真が使われたり、本編中にも天覧山(第2話)や高尾山(第7話)などの実在する山や、登山用テント(第1話)・クッキングストーブ(第2話)・コッヘルとフリーズドライ食品(第3話)といった登山用品、登山用語などが随所に登場し、解説される。イラストレーターとして知られる著者にとって最初の商業連載漫画作品であり、公式サイトなどでは「ゆるふわアウトドアコミック」と称される。この漫画の話数表記は一貫して「x合目」(xは漢数字)で表され、コミック アース・スターONLINE内の公式サイトでは、第1話を試読できる。発行部数などは明らかでないものの、2012年6月12日に発売された単行本第1巻は、発売翌日にして早くも増刷を決める売れ行きとなり[4]、2015年2月時点ではコミックス累計35万部[5]、2017年2月時点では累計50万部[6]を突破している。また、ねとらぼ(アイティメディア)では「[コミック・アース・スター出張連載]」として一合目を常時公開、二合目以降を順次公開している。作品の主な舞台は埼玉県飯能市[注 1]であり、アニメ版では登場人物が通う学校が同市に存在する聖望学園[7]であるなど、実在する建物や風景が複数登場する。また後述のように飯能市を中心にイベント等も行われている。2012年6月7日にはテレビアニメの制作が発表され[2][8][9][10][11][12]、2013年1月から3月まで5分枠の短編アニメで放送された。2014年に第2期が15分枠で放送され、2018年に第3期が15分枠で放送された。テレビアニメ版の詳細は下記の『#テレビアニメ』を参照。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ヤマノススメ おもいでプレゼントの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。