這いよれ! ニャル子さんF

這いよれ! ニャル子さんFの基本情報
放送日2015年6月19日 ~
監督長澤剛
原作逢空万太
制作XEBEC

這いよれ! ニャル子さんFのあらすじ/内容

逢空のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞した『夢見るままに待ちいたり』を改題し書籍化、のちにシリーズ化したものである[1]。2012年10月19日発表の時点で累計100万部を販売している[2]。物語の内容はクトゥルー神話を元ネタにしており、あとがきによると「ラブコメ」。ただし作者曰く「ラブクラフトコメディ」の略。公式のアオリ文などでは「ハイテンション混沌コメディ」とされている。また作中にはクトゥルー神話に限定せず、漫画・アニメ作品や特撮作品を出典とした様々な小ネタが散りばめられている。これは、作者によると本作品の根幹が「元ネタありき」であるため、首尾一貫してパロディ的な作品にしたかったからだという[3]。『GAマガジン』と『GA文庫マガジン』に番外編が掲載された。これらは単行本第7巻と第11巻にまとめられている。2009年10月にはドラマCD化がなされ、2014年3月現在第5弾まで発表されている。2009年10月からはFLASHアニメを用いたOVA化が進められ、2010年12月にはBS放送で放送時間5分のミニ番組としてテレビ放映も行われた。『ミラクルジャンプ』第3号(2011年5月発売)より第13号(2013年4月発売)にかけて、岡崎圭作画でコミカライズが連載された[4]。また、同年10月よりスピンアウト4コマ漫画『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム』が星野蒼一朗の作画にて『FlexComixブラッド』で、2012年10月からは『COMIC メテオ』で連載されている[5][6]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

這いよれ! ニャル子さんFの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。