ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜

ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜の基本情報
放送日2013年1月1日 ~
監督川瀬敏文
原作竜騎士07 / 07th Expansion
制作スタジオディーン

ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜のあらすじ/内容

テレビアニメ第1期では原作の鬼隠し編〜罪滅し編までのアニメ化だったが、好評により2020年までテレビアニメ計3作、OVA計3作が制作された。原作の出題編・解答編・ファンディスクの内容全てのアニメ化が実現している。これまで基本的に静止画でしか表現されていなかった作品に、声優による音声とアニメーション映像が加わったことで、世界観がより理解しやすくなった。しかしアニメ版は尺の関係上、原作における様々なエピソードを省略している。特に、第1期は26話で6編を描いているため、後のシリーズよりもエピソードの省略が多い。なお、本作では各編がパラレルワールドになっている。それをそのまま連続アニメにしたため、例えば第4話で起こった悲劇が、翌週の第5話においては何事もなかったかのように物語が進む。以降も悲劇が起きるたびにリセットされ、パラレルワールドの次の編が始まるため、パラレルワールド自体がシリーズ全体の最大の謎のままであったが、第26話及び第2期の『ひぐらしのなく頃に解』において、パラレルワールドの謎が解き明かされる。この手法は、竜騎士07が原作の6作目の罪滅し編までに使っていた手法をそのままアニメでも行ったものであるが、監督の今千秋は「プロでは思いつかないやり方」と雑誌のインタビューにて語っている。DVDのシリーズ累計売上は40万本[1]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。