いじめ (漫画)

いじめ (漫画)の基本情報
放送日2012年2月1日 ~
監督木村真一郎
原作五十嵐かおる
制作シナジーSP

いじめ (漫画)のあらすじ/内容

小・中学生女子の「いじめ」をテーマとした短編シリーズで、累計発行部数は2016年11月現在250万部を突破している[1]。ストーリーの多くは、いじめの被害者である主人公の少女が自分の境遇を克服して、立ち直るまでの過程を重点的に描いており、対する加害者の少女たちは終始一貫して悪人のまま、反省も謝罪もせずに罰せられる(転校や停学)場合が多い。いじめの被害者ではないが、いじめを見て見ぬふりをしてしまい、苦悩する主人公が、いじめに立ち向かったり、贖罪のために行動するパターンもある。また、本来は友人同士だったはずの少女たちが些細なきっかけでいじめの加害者と被害者の関係になり、最後に再び和解するという形のストーリーも何編か描かれている。なお、数は極めて少ないものの、一部には加害者の少女を主人公としたストーリーもあり、その場合には主人公が被害者と同様の苦しみを味わうことにより自分の行いを反省して悔い改める結末になっている[2]。のちにノベルス版と文庫版も展開されるようになり、それらは主人公が複数制となっている。読者として、主に小・中学生の女子を想定している関係上、ストーリーは基本的に女子のみで進められ、男子のキャラクターが登場することは滅多にない(作品設定として女子校を舞台にしているストーリーも多い)。しかし、文庫版では名前付きの男子キャラクターが原作よりも多めに登場する。各登場人物や学校は毎回異なるが、一部のストーリーでは人語を解する謎の黒猫「ノア」が登場することもある。ノアを介して主人公たちはいじめから立ち直るため、主人公たちから見ればノアは救世主のように描かれているが、いじめを行っている加害者に対しては殺人をも厭わない恐ろしさを見せることもある[3]。作者の五十嵐は、主人公の辛いシーンを描く時は自分も辛くなり、体調を崩して寝込むこともあるという[4]。しかし、五十嵐は「いじめられている主人公の気持ちにできるだけ寄り添いたいから」という理由から、アシスタントに手伝ってもらうことはせず、一人だけでこのシリーズの原稿を描いているという[5]。2012年にはOVAとして、『いじめ 〜いけにえの教室〜』がアニメ化されている。2019年にはボイスコミック化が行われ、ちゃおのYouTubeチャンネルに『いじめ 〜いびつな心〜』が投稿されている。この他、五十嵐が本シリーズと並行して描いた短期連載の『終わらない歌をうたおう!』と『学園クライシス!』(共にちゃおコミックス全1巻)も、やはり、いじめ問題を重点的に扱った作風になっている。2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(児童向け部門)受賞[6]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

いじめ (漫画)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。