少女ファイト

少女ファイトの基本情報
放送日2009年10月23日 ~
監督多田俊介
原作日本橋ヨヲコ
制作Production I.G

少女ファイトのあらすじ/内容

2005年12月発売の2006年2号から講談社の漫画雑誌『イブニング』(毎月第2・第4火曜日発売)の第4火曜日の号に隔号掲載で連載開始[1][注釈 1]。2014年6月発売の13号から暫くの間、ページ数を減らしての毎号連載へ移行していたが、2018年現在は隔号連載に戻っている。単行本第8巻から作者との連名で「作画監修 木内亨」のクレジットが追加された。本作品のタイトルは、作者の前作『G戦場ヘヴンズドア』に登場する架空の漫画雑誌「週刊少年ファイト」をもじったもの。作者は小学生時代バレーボール部に所属しており[1]、「人に気を使う球技」「人生の縮図」として感じたとし、作品の題材にしたかったと述べている。また、作者が30代になり経験を積み余裕ができたことから、20代のころでは未熟でできなかったスポーツ漫画を描こうと思ったとのことである[2]。ブロスコミックアワード2008大賞受賞[3]。第13回(平成21年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門・審査委員会推薦作品[4]。単行本特装版に同梱という形で、2009年1月にドラマCD化され(第5巻特装版)、同年10月にはOAD化された(第6巻特装版)。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

少女ファイトの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。