ルパン三世 GREEN vs RED

ルパン三世 GREEN vs REDの基本情報
放送日2008年4月2日 ~
監督宮繁之
原作モンキー・パンチ

ルパン三世 GREEN vs REDのあらすじ/内容

ルパン三世生誕40周年記念作品[1]として2008年4月2日に発売された。発売に先駆け、全国6箇所の「TOHOシネマズ」において、3月に一回限りの上映会も行われた。非常に試験的、思想的な傾向の強い作品となっており、ストーリー進行における時間軸の分散・結果の曖昧化などでストーリーの読解が難しくなっている。また反核、現代の若者の価値観などと言った思想的な主張が随所に見られて独特の癖の強さが売りとなっている。過去に劇場版で計画されながら諸事情で頓挫した「押井版ルパン三世」の再解釈作品と見る向きもあり、事実ストーリーには原爆やルパンの存在を問う等の共通項が見られる。本作品ではスポンサーとしてマクドナルドとフィアットグループオートモービルズジャパンが協賛しており、前者は店舗やメニューが実名で登場し、後者も製作当時国内発表されたばかりの3代目フィアット・500等が登場している。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ルパン三世 GREEN vs REDの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。