KITE LIBERATOR

KITE LIBERATORの基本情報
放送日2008年3月21日 ~
監督梅津泰臣
原作梅津泰臣
制作アームス

KITE LIBERATORのあらすじ/内容

両親を殺された少女が、その犯人のもとで殺し屋として育てられ、運命に翻弄される姿を描いた作品。『A KITE』という題名は、主人公である殺し屋・砂羽と依頼主である赤井の間にある見えない糸を凧に見立ててつけられたものである[1]。おたぽるのレビューによれば、1998年のアダルトアニメとしては予算が高くなかったはずなのに一定のクオリティが保たれていることや、殺し屋が主人公であるがゆえのゴアシーンにおける血液の重みのある描写も、評価の一因となっている[2]。物語の舞台は日本だが、赤井たちのアジトが欧米のスラム街にしか見えない場所にあるなど、洋画を意識した無国籍風の作風とガンアクションをはじめ映像クオリティの高さから、日本国内はもとよりハリウッドで多大な支持を得たため、現地での実写映画化が決定した[3]。詳細については#実写版を参照。なお、実写版日本公式サイトによれば、上記の要素にエロティシズムが絡む過激さから、多くの国では上映禁止か検閲上映となった模様である。2002年、『トリプルX』のプロモーションで来日したロブ・コーエン監督は「最近の日本の映画で好きな作品、監督を教えて下さい」という質問に「アニメーションだが、ミスター梅津の『KITE』、彼の作品の世界観は素晴らしい」と答えた[4]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

KITE LIBERATORの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。