ピューと吹く!ジャガー

ピューと吹く!ジャガーの基本情報
放送日2008年1月1日 ~
監督谷東
原作うすた京介
制作蛙男商会

ピューと吹く!ジャガーのあらすじ/内容

独特な風貌をした謎の笛[2]吹き男・ジャガージュン市とギタリスト志望の青年・酒留清彦を中心とした楽しい仲間達が繰り広げる青春不条理ギャグ漫画。序盤はうすたの前々作『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』のような非常にシュールな作風だったが、回を重ねるごとに人の嫌な部分や痛々しい部分を掘り出して笑いの題材にすることも多くなる。また、駄目な人間の脆さを屁理屈で繕う不合理さ(痛さ)を強調することで笑いにしており、主要人物のハマーのような「現実にいそうな駄目な人間」が頻出する。時々、ギャグの一つとして「カリスマ整体師 あおすじ吾郎」「見聞きする!マス太郎」「ちょいワルウルトラのじじい」など、本編と無関係な劇中作が突然に掲載される。絵柄や展開をわざと稚拙・不条理にし、スクリーントーンも貼らないことも多い。これが数話続くこともある。登場人物が、心理的な衝撃を受けたり、「ボケ」に対して「ツッコミ」をいれる際の効果音として、作者の過去作品である『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』『武士沢レシーブ』同様、「ガビーン」が頻繁に使われる。その他にも、シュールな効果音や擬音語が多用される。また『マサルさん』でも頻繁に登場した、作者独特のセンスによるポエムや歌詞も健在である。黙砂里(もっさり)市という架空の町が舞台となっているが、国立駅やふれあい橋(高幡不動駅近くの浅川に架かる橋)、また多摩川や多摩動物公園などをモデルとした場所も登場する。実在する都市名を当て字でアレンジした地名が劇中多々出てくる(例:凍狂(東京)、苦魔元(熊本)など)。これは前々作の『マサルさん』では実在の人物、団体、番組名、商品名が頻出していたのとは対照的である。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ピューと吹く!ジャガーの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。