ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズの基本情報
放送日2007年1月1日 ~
監督高村和宏
原作島田フミカネ & Projekt Kagonish
制作SILVER LINK.

ストライクウィッチーズのあらすじ/内容

島田がコンプエース創刊号から連載していた、大戦中の空軍・陸軍兵器を擬人化したメカ少女のイラストコラム系企画であり、当初からメディアミックス企画として展開されることを念頭に置いて立ち上げられたものである[3]。しかし、OVAが出たのは2007年であり、同年には島田がキャラクター原案として携わった『スカイガールズ』が先にテレビアニメ化された。『スカイガールズ』と比較して、「ストライカーユニットと呼ばれる脚に装備する機械で飛行する」という島田の独特なデザインになっている。そのためか、クレジットでも原作と表記されている。また、作品の舞台となる世界では魔法が存在し使用されている。戦闘服は軍服および普段着の上着であり、島田のデザインの特徴が表れている。OVA版制作は発表されたものの、その後の本作アニメの制作を担うGONZOの親会社であるGDHの経営不振によるアニメ制作の方針転換の影響をまともに受ける形で、販売時期と形態について二転三転、2007年1月1日にフィギュア・イラスト集とのセット販売で「ストライクウィッチーズ 2×2+3Dボックス 〜機械化乙女秘めごとパック〜」がとらのあなで限定発売された。その後、2007年12月に再度アニメ製作が発表、2008年7月よりテレビアニメが放送開始され、同年10月まで全12話が放送された。漫画版も、月刊コンプエースで2008年3月号より再度、連載開始され、2009年1月号まで連載された。DVD第6巻とアニメ公式サイトにおいて第2期の制作が発表され、2010年7月から同年9月まで放送された。ゲームはニンテンドーDS版、PlayStation 2版、Xbox 360版が発売されている。2010年10月28日、ニコニコ大会議2010秋にて、劇場版の制作決定が発表され、2012年3月17日から公開された。2013年10月13日、「みんながいたからデキること! bis」にて、OVAおよびストライクウィッチーズシリーズの新テレビアニメの制作[4][注 1]が発表された。2014年3月15日、上記の「みんながいたからデキること! bis」にて製作が発表された新OVA『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』の公式サイトが公開された。全3部作(1話約30分)のショートストーリーで、2014年秋から2015年春まで順次公開された[6]。テレビアニメ第2期最終話と劇場版の間の話で、テレビアニメ第2期終了後に解散し各地へ帰還した第501統合戦闘航空団のメンバーの様子を描いている[6]。そのOVAの第3弾「アルンヘムの橋」の劇場先行公開3週目にあたる2015年5月16日から上映が開始された本編終了後の緊急告知で、新テレビアニメの舞台が第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」であることが発表された。2016年10月から12月まで放送された。2017年8月19日、ディファ有明にて行われた「みんなと一緒にデキること! Fes」内において、2018年を以てテレビアニメ放送から10周年となることを記念したプロジェクトが進行中であることが発表された。そして2018年7月8日、『豊洲PIT』にて行われた『ワールドウィッチーズ みんながいたからデキたこと !~10th Anniversary~』にて、2019年に「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」[7]、2020年に「第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」[8]、そして2021年に「連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ」[9][10]がそれぞれテレビ放送されると発表された[11]。同時に「ルミナスウィッチーズ」に関しては、アニメ放送に先駆け2019年にアイドルグループとしてデビューする事も発表された[10]。また、小説の新シリーズとして「サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!」の発売も同時に発表された[12]。これは、同作品の原作者であるヤマグチノボルの逝去によって絶筆となっていた「いらん子中隊シリーズ」を再構成したものとなっている。2018年11月10日、音楽隊ウィッチーズの正式名称が「連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ」に決定したと発表された。[13]

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ストライクウィッチーズの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。