かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜

かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜の基本情報
放送日2006年10月27日 ~
監督中西伸彰
原作あかほりさとる
制作スタジオ雲雀

かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜のあらすじ/内容

キャラクター原案は犬上すくね、制服デザインはコスパ。突然男(少年)から女(少女)になってしまった主人公と、そんな主人公を取り巻く2人の少女との三角関係を描く恋愛ストーリーである。キャッチコピーは「女の子になっても僕は彼女が好きです」。外見で言うと百合であるが、主人公の気持ちはあくまで男である[1]。主人公が男から女になる設定はあかほりのアイディアによる[1]。タイトルの「かしまし」は、「女三人寄れば姦しい(かしましい)」よりきている。「ガール・ミーツ・ガール」は、「お決まりの」「典型的な」を意味する英語の慣用句「ボーイ・ミーツ・ガール」のもじりである。単行本は電撃コミックスより全5巻が出版。2006年1月11日(テレビ東京系)よりテレビアニメ化。また、同年1月10日に駒尾真子著作の小説版が電撃文庫から出版され、3月30日にはプレイステーション2用ゲームソフトもマーベラスインタラクティブより発売された。セブンシーズ・エンターテインメントより刊行されている北米版単行本[2]やMedia Blastersより発売される北米版DVDでは「Kashimashi Girl meets Girl」と表記される。ただし、日本国内での正式な英字表記は "KA・SI・MA・SI 〜girl meets girl〜" である。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。