超人ロック ロードレオン

超人ロック ロードレオンの基本情報
放送日2000年12月22日 ~
監督五月女有作
原作聖悠紀
制作SIDO LIMITED

超人ロック ロードレオンのあらすじ/内容

永遠に生き続ける一人の超能力者、通称「超人ロック」の活動を通して語られる、宇宙時代の人類の物語。聖悠紀が1967年10月に作画グループの肉筆回覧誌(同人誌)で発表したものが初出で、商業誌への進出は1977年。2017年10月に50周年を迎えた長寿漫画で、現在も創作が続くマンガのうち、1つの作品シリーズとして描かれ続けている期間は初期の同人誌作品も加えれば、碧南一家に次ぎ、日本で2番目の長寿漫画である[1]。また、連載期間は、52年5月となるが、この数字は、一人の作家による連載漫画としては、小島功の『仙人部落』(57年11月)に次ぎ、日本で2番目の長さである[1]。当初は主に『週刊少年キング』で連載されていたが、掲載誌を転々とする紆余曲折を経た末、2006年1月までビブロスより『超人ロックSpecial』という専門雑誌形態で刊行された。だが、『超人ロックSpecial』の雑誌形態での販売はNo.14で終了し、2006年3月15日よりweb上での月1回連載(ダウンロード販売)に変更したが、直後に出版社が倒産したことにより、「ライザ第2話」の1回のみとなった。2004年、『ヤングキングアワーズ』に「冬の虹」を連載開始。以降、いくつかのエピソードを連載している。また、2007年からは『コミックフラッパー』にも別エピソード「エピタフ」を連載開始、2020年5月時点では「ロック イン ザ ボックス」を連載中。学年誌や本誌と増刊号の同時連載を除けば異例の、同一タイトル別出版社2誌同時連載を継続している。各エピソードは、単行本1、2冊程度の規模のものが大半で(「聖者の涙」以降、単行本3、4冊におよぶ長期シリーズが増えている)、描かれている年代はばらばらである。シリーズの全体像を分かりやすくするため、掲載誌や単行本にストーリー年表が掲載されることがある。しかし、新しいエピソードが発表されるとその前後に位置するエピソードの年代設定を変更して整合性を取ることも多く、作中で語られる年代との間に矛盾が生じている箇所もある[2]。また、「探偵ハント&助手ロック」シリーズは当初は年表に組み込まれていたが、シリーズが続くにつれて他のエピソードとの整合性を取ることが難しくなったため、現在はパラレルワールド扱いになっている。1994年から2007年にかけて新作とともに、初期作品のリメイクを精力的に描き続けていた。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

超人ロック ロードレオンの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。