源氏 (漫画)

源氏 (漫画)の基本情報
放送日1992年5月21日 ~
監督康村諒
原作高河ゆん
制作T-up、J.C.STAFF

源氏 (漫画)のあらすじ/内容

作者が源平合戦に関した物語を夢の中で何回か見、それを漫画化したものである。夢の中では『源氏』の始めから終わりまでのストーリーが決まっていた。当初40ページ読み切りで漫画化するつもりだったが、連載開始時点では1040ページ全25回の構想となり、連載が進むにつれ内容が膨らみ、そのまま完結させられず現在に至っている。単行本5巻までが第一部、5巻以降が第二部となる。第一部終了と同時期に一年間の執筆活動休止をする。そして執筆活動再開と同時期に第二部が始められた。『アーシアン』とともに、作者の初期を代表する作品である。『月刊ウィングス』1988年6月号からの連載当初から人気が高く、『ぱふ』(雑草社)のまんがベストテンでは、1989年度と1992年度で1位を飾った[1][2]。1991年から1992年にかけて、「源氏計画」と名付けられたプロジェクトが進められ、オーディオドラマ、オリジナルアルバム、OVAが制作された。公式BLOG 2006年6月10日に「再開する意思と可能性はあるが、時期、掲載誌などは白紙状態である」と記されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

源氏 (漫画)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。