電影少女 -VIDEO GIRL AI-

電影少女 -VIDEO GIRL AI-の基本情報
放送日1992年3月27日 ~
監督西久保瑞穂
原作桂正和
制作I.G.TATSUNOKO

電影少女 -VIDEO GIRL AI-のあらすじ/内容

読み切りとして書かれた「ビデオガール」(後述)を元に『週刊少年ジャンプ (WJ)』(集英社)誌上で1989年51号から1992年31号まで連載、最終回のみ増刊号『週刊少年ジャンプ1992年ウインタースペシャル』に掲載された。「プレゼント・フロム LEMON」終了後、2年振りの連載となった桂正和4作目の連載作品であり、また桂が手掛けた初の本格恋愛漫画[3]。単行本はジャンプ・コミックス (JC) より全15巻が刊行されている。後に愛蔵版(1997年 - 1998年)・文庫版(2003年)としてそれぞれ全9巻で再出版され、ラジオドラマ、実写映画、テレビドラマ、OVA、小説、ゲームと様々な形でのメディアミックス展開も行われている。ピュア(純粋)な心の持ち主にしか見えない[4]レンタルビデオ店において貸し出される特殊なビデオテープから実体として現れる[5]少女・ビデオガールと、その少女達の助けを必要としている恋に悩む少年を中心として、その少年の恋愛模様を描く。物語の中心となるビデオガールは2人登場し、本作はそのビデオガールの名前から「あい編」と「恋(れん)編」との2編構成となっている。なお、英題を兼ねる副題は編に合わせて2種存在する。『電影少女』第1部に当たり、『WJ』1989年51号から1992年18号まで連載。副題及び英題は「VIDEO GIRL AI」。JCの1 - 13巻に収録されている。再生時の失敗から性格が豹変したビデオガール天野あいとの関係を中心に、心優しい高校生弄内洋太の恋愛事情を描く。「恋編」は連載期間が短く知名度も低いため、一般的に『電影少女』として広く知られているのはほぼ「あい編」のみであり、様々なメディアミックス作品も「あい編」のみを原作としている。『電影少女』の第2部に当たり、『WJ』1992年19号から31号まで及び、1992年ウインタースペシャルに掲載された。副題及び英題は「VIDEO GIRL LEN」。JCの14巻と15巻に収録されている。最初から心をもつビデオガール桃乃恋が、過去のトラウマから恋愛に臆病になっている高校生田口広夢と彼の親友刈川俊騎の恋を応援する様を描く。「恋編」は「あい編」に比べると極端に連載期間が短いが、短期間で終了したことについて桂は「いろいろな事情」と語り[6]、トシキについてもっと描きたかったことを述べる[7]など、打ち切りであったことを示唆している。『電影少女』の読みは単行本の中で「でんえいしょうじょ」とルビが振られており[8]、これが正式な読みとなっている。ただし『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』や『I"s』など後の作品の単行本では、作者のコメント内の『電影少女』に「ビデオガール」とルビが振られている物もあり[9]、「ビデオガール」という読みも、正式、もしくはそれに準ずる読み方として扱われている。なお『電影少女』と言う表記はタイトルのみの使用となっており、作中に登場する少女達の呼称や英題を兼ねる副題では「ビデオガール (VIDEO GIRL)」となっている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

電影少女 -VIDEO GIRL AI-の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。