うしろの百太郎

うしろの百太郎の基本情報
放送日1991年8月21日 ~
監督原征太郎
原作つのだじろう
制作ぴえろプロジェクト

うしろの百太郎のあらすじ/内容

心霊現象をテーマにした恐怖漫画。主人公・後一太郎が、主護霊の「うしろの百太郎」に導かれながら、様々な心霊体験をする。1970年代のオカルトブームの火付け役の1つであり[1]、つのだじろうの代表作。『週刊少年マガジン』(講談社)において、1973年から1976年まで連載された。1975年からは『月刊少年マガジン』(講談社)にも並行して連載された。単行本は、少年マガジンコミックスで全8巻、講談社コミックスKCスペシャルで全6巻、講談社漫画文庫で全6巻が発売されている。1991年にOVAが製作され、1997年にテレビ東京でテレビドラマ化された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

うしろの百太郎の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。