極黒の翼バルキサス

極黒の翼バルキサスの基本情報
放送日1989年7月25日 ~
監督よしもときんじ
原作うるし原智志
制作AIC

極黒の翼バルキサスのあらすじ/内容

うるし原智志とよしもときんじが中心となり、制作期間3年をかけた作品。1986年のOVA『メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い』の原画でAICのプロデューサーの三浦亨に注目されていたうるし原が、1987年のアダルトアニメ『ホワイトシャドウ』のキャラクターデザインや作画監督を引き受ける[2]代わりに制作が実現した作品でもある[3]。上記の理由から、ヒロイック・ファンタジー物を監督も含めて1本作って良いということになったものの、うるし原が全てを担当するのは困難だったため、よしもとを演出としてAICへ紹介した上で制作が開始された。『ホワイトシャドウ』を引き受ける以前に立てていた当初の企画は従来のロールプレイングゲームやヒロイック・ファンタジーを無視した内容であり、うるし原は聞き流されたと思っていたが、これを機に様々な手を加えた結果、当初とは全く異なるオリジナル作品となった[3]。声優陣はうるし原が企画当初からイメージしていた主人公のレムネア役の山田栄子やメッシュ役の中尾隆聖をはじめ、9割近くがうるし原の希望通りの面々となった。当時、既に売れ線の若手ではなかった山田や中尾の起用については音響監督達に色々と言われたが、うるし原の強い希望で決定した[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

極黒の翼バルキサスの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。