学園特捜ヒカルオン

学園特捜ヒカルオンの基本情報
放送日1987年1月28日 ~
監督越智一裕
原作越智一裕
制作AIC

学園特捜ヒカルオンのあらすじ/内容

本作は、OVAブーム中の当時における大人の特撮ファンにも大人気だった宇宙刑事シリーズへのオマージュ要素の濃い、学園SFアクション作品である[注 1]。ただし、エモーションのヤングアダルト向けレーベル「C-MOON」向けに制作されたため、主人公・四方堂光のパートナーにしてヒロインの美女教師・葉月あづみがチンピラたちに襲われて衣服を破られるといった、原典では描けない性的暴行調のエロ要素も盛り込まれている。原作、脚本、絵コンテ、作画監督など大半の主要役職は、宇宙刑事好きのアニメーター・越智一裕が1人で担当した。音楽は宇宙刑事シリーズと同じく渡辺宙明が担当した(詳細は#LPレコードを参照)ほか、主題歌にも同じく串田アキラが参加した。また、声優も敵・妖魔獣役には宇宙刑事シリーズの悪役で知られる飯塚昭三が起用された。越智によれば、光役の声優だけはベテランから新人まで10人ほどが参加したオーディションを経て、本作が初主役となる関俊彦が起用された。このオーディションには水島裕も参加しており、上手さでは当時ベテランの彼が一番だったが、主役は新人でという視点から関の起用になったそうである。また、本作は高山みなみの声優デビュー作でもあり、女子生徒役で出演している[注 2]。なお、音響制作は当時81プロデュースの代表者であった中野徹が担当した[1]。アイキャッチに映っている実写キャラクターは、越智が『アニメージュ増刊 ザ・モーションコミック』に連載していた漫画『ひらきなおってマイヒーロー』[2]の主人公・宇宙戦士ギャリバン[注 3]であり、本作に登場する超人戦士ヒカルオンのデザインベースにもなっている。越智の自主映画用に制作されたこのスーツは彼自身が着ており、撮影は本作の原画にも参加している亀垣一が担当した[1]。ストーリーはかなり駆け足であり、金田伊功、山下将仁、田村英樹、大平晋也といった個性的な絵柄や動かし方で知られたアニメーターが多数参加しているため、前述のエロ描写と併せてアクションシーンでは原画マンの個性が強く発揮されている。また、原画マンには『ここはグリーンウッド』の作者である漫画家・那州雪絵や、アニメーター時代のいのまたむつみも名を連ねている。後年にはAT-Xでテレビ放送された[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

学園特捜ヒカルオンの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。