戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編の基本情報
放送日1986年4月1日 ~
制作東映動画株式会社

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編のあらすじ/内容

デストロンのビルドロン部隊が合体することで誕生した巨人兵デバスター。その強大な力に悩まされ続けていたサイバトロンは、デバスターを超える合体戦士と、彼らを運用するための要塞を開発する「スクランブルシティ計画」を秘密裏に進めていた。しかし、その隠密活動を察知したデストロンはカセットロン部隊をサイバトロン秘密工場に潜入させる。彼らはブロードキャスト率いるカセットボット部隊の迎撃を潜り抜け、スクランブルシティ計画の全貌をデストロン基地に伝えるのだった。スクランブルシティ計画を知ったデストロンの破壊大帝メガトロンは、ジェットロン部隊とビルドロン部隊を秘密工場破壊に向かわせた。これを迎え撃たんとサイバトロン総司令官コンボイはサイバトロン戦士たちを引き連れて迎撃に向かう。しかし、ビルドロン部隊は合体しデバスターとなって襲い掛かる。このピンチにシティコマンダー・ウルトラマグナスは戦場に新戦力を派遣する。サイバトロンの航空戦力・エアーボット部隊である。彼らの活躍によりサイバトロン戦士はデバスターを撃退することに成功する。この事態にメガトロンは、第二陣として自陣の新戦力を向かわせた。車両に変形する戦士で構成された陸戦部隊・スタントロンである。再びエアーボット部隊を連れて迎撃態勢に入るコンボイ。エアーボット部隊は合体しスペリオンとなってデストロンを迎え撃つ。だがスタントロン部隊も合体し、メナゾールとなって対抗する。スペリオンとメナゾールはお互いスクランブル合体システムを駆使して一進一退の攻防を繰り広げる。だがそこへデストロン軍団の増援、兵器軍団コンバットロン部隊が現れた。コンバットロンはブルーティカスへと合体し、メナゾールと二体がかりでスペリオンを追い詰めにかかる。絶体絶命かと思われたそのとき、救急部隊プロテクトボットの合体戦士ガーディアン、そして遂に完成したスクランブルシティ・メトロフレックスがメナゾールとブルーティカスの前に立ちはだかった。強力なメトロフレックスの一撃を受け、退却してゆくデストロン。そしてスクランブルシティ計画の成果に歓声を上げるサイバトロン戦士たち。しかしその目前、海中から突如として超巨大恐竜型メカが現れた。デストロンもまた、ダイノベース・ダイノザウラーという要塞型兵士を開発していたのである。スクランブル合体戦士、そしてスクランブルシティ対ダイノベース。戦いは、新たな局面をむかえようとしている…。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。