軽井沢シンドローム

軽井沢シンドロームの基本情報
放送日1985年1月1日 ~
原作たがみよしひさ

軽井沢シンドロームのあらすじ/内容

別荘地・軽井沢に住むことになった主人公「耕平」と同世代の若者たちの青春群像を描いている。総話数に比して連載期間が長いのは、掲載誌の『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)が連載開始から1年余りは月刊(その後は月2回刊)だったことによる。各エピソードごとにサブタイトルが付けられ、作者が好きな歌のタイトルを直接またはアレンジして使用する(一例として、中島みゆき『店の名はライフ』→『店の名はら・くか』など)。このパターンは続編でも踏襲されている。特徴のひとつとして、シリアスな場面とくだけた場面を唐突に織り交ぜる手法が挙げられ、登場人物も劇画や青年誌では珍しかったコミカルな三頭身(ギャグ頭身)がコマ単位でリアルな八頭身と同居している。また、ルビの使い方に工夫を凝らし、例えば「耕平」に振るルビを発言者により「おまえ」「あんた」と使い分けている。このほか、特撮ヒーローやガンダムなどのパロディがしばしば登場し、コマの間や背景のポスターなどに作者や(手伝ってくれている)兄・小山田いくのツッコミや近況報告などが手書き文字で書き込まれるなど、楽屋落ち要素も気軽に出していた。続編として、主人公・相沢耕平の息子・薫平の世代を主に描いた『軽井沢シンドローム SPROUT』が、『ヤングチャンピオン』(秋田書店)にて2002年No.2から2006年No.14にかけて連載された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

軽井沢シンドロームの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。