藤子・F・不二雄アニメスペシャル SFアドベンチャー T・Pぼん

藤子・F・不二雄アニメスペシャル SFアドベンチャー T・Pぼんの基本情報
放送日1989年10月14日
話数1話
制作スタジオぎゃろっぷ

藤子・F・不二雄アニメスペシャル SFアドベンチャー T・Pぼんのあらすじ/内容

ある日、平凡な中学生・並平ぼん(なみひら ぼん)は、偶然からT・P(タイムパトロール)隊員の少女、リーム・ストリームと、彼女が連れた謎の生物・ブヨヨンと出会った。T・Pはぼんの生きる時代よりも未来に本部を置き、過去の歴史で不幸な死を遂げた者で生存させても歴史の流れに影響しない者の救助活動を行う組織である。T・Pの存在を明らかにすることは禁じられており、通常は隊の任務行動を目撃されても記憶消去装置・フォゲッターを使用することで被救助者を含む周囲の人々の記憶からT・Pに関する記憶のみを消去していた。万が一記憶を消せなかった場合には過去に遡って出生を妨害し、その人間の存在を根本から消し去ってしまうという冷酷な処置をしなければならない。リームのうっかりミスから記憶が消去されなかったぼんは、そのためT・Pに消されそうになってしまう。ところが彼は非常に間接的ながらも第三次世界大戦勃発の阻止に関係する存在であることが判明し、やむなくT・Pは秘密保持のためにぼんを隊員として入隊させることとなる。こうして見習い隊員となったぼんは、リームを指導隊員としてT・P隊員として任務をこなしてゆくことになる。様々な冒険を経た後、ぼんは正隊員に昇格することになり、リームとのコンビは解消となる。正隊員に昇格したぼんは、初仕事として通り魔事件で殺されることになる女子中学生・安川ユミ子を救う任務を与えられるが、フォゲッターの使用を忘れてユミ子にT・Pの存在を知られてしまう。このままではT・Pの鉄則によりユミ子を消さなくてはならないため、困り果てたぼんは本部にユミ子を助手としてT・Pに採用するよう頼むことになる。ぼんと見習い隊員となったユミ子(後に正隊員に昇格)は人々を救うべく活躍する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

藤子・F・不二雄アニメスペシャル SFアドベンチャー T・Pぼんの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。