かくしごと

アニメ情報
©久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年5月6日時点のものです。

かくしごとの基本情報
放送日2020年4月2日 ~ (放送中)
監督村野佑太
脚本あおしまたかし
放送局BS日テレ、AT-X、TOKYO MX、SUN
原作久米田康治
制作亜細亜堂
声優

かくしごとのあらすじ/内容

ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。一人娘の小学4年生の姫。可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないことがあった。それは……可久士の仕事が“描く仕事”である漫画家であること。自分の“かくしごと”が知られたら娘に嫌われるのでは…と絶対に隠し通すことを決めているが、担当者が訪問してきたりと危機的状況が幾つも発生する。そんなほっこりした父と娘のドタバタ日常ストーリーが繰り広げられていく。
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
hulu公式サイト
hulu
見放題
見放題
14日間無料
今すぐ見る
AbemaTV公式サイト
AbemaTV
見放題
見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年5月6日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

かくしごとの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『かくしごと』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『かくしごと/ねがいごと』
ちょっと下品な漫画を連載中の後藤可久士は、娘の後藤姫にバレるのを恐れ、「漫画家であること」を隠し続けていた。ある日、連載する「週刊少年マンガジン」の新しい担当編集者・十丸院五月から打ち合わせの連絡が入る。しかし、一向に十丸院は仕事場にあらわれない。なんと十丸院は間違えて自宅へ訪問していたのだった!?「姫が留守番している家に編集者が来たら、漫画家だとバレてしまう!」と、可久士は自宅めがけて飛び出していく。
第2話 『ビーサンとB4/おかない かかない しあげない』
姫は小学校の臨海学校へ出かける。砂浜で遊ぶ姫の姿を、遠くのバルコニーから眺める男がいた、、、、、、姫が海でのトラブルに巻き込まれるのではと心配しすぎた可久士が、知り合いの漫画家に別荘を借り、アシスタントを引き連れてやってきていたのだった。可久士は姫が臨海学校で良い思い出を作れるように、カブトムシを仕掛けたり、カレーの味付けを変えたりと、裏で手を回し始める。大型の台風が自分たちを襲い来るとも知らずに、、、、、、。
第3話 『やりくりサーカス/漫画の実情と筋肉』
ゴトープロのアシスタントたちがケガをしてしまい、可久士の原稿が危うい。十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介してくるが、可久士は「あの十丸院がマトモな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。一方、姫は小学校のクラスメイトであるシルビア、ひな、莉子を自宅に招き入れる。姫はみんなの反応から、とあることに気づく。「お父さん、うち、、、、、、貧乏なんでしょ?」否定する可久士をよそに、姫は節約を始めようとする。
第4話 『ノルマエ・ナマエ/コマ割りスケッチ』
ある日、仕事場に落ちていた美容室の会員カードを拾い上げた芥子駆は、書かれた「後藤和士」の文字に「へぇ、可久士はペンネームだったんですね」と尋ねる。すると、可久士は「世間では後藤和士で通っており、本名が可久士だ」と告げる。はてなマークが頭に浮かぶ駆に、可久士は「本名で漫画家デビューしてしまった者」の苦労を語り出す。さらに自宅では姫が『こども姓名判断』を開きながら、自分の名前を調べていて、、、、、、?
第5話 『それでも鉢は廻ってくる/泊めたねっ!』
十丸院から「他の先生も持ち回りでやっているので」と漫画新人賞の審査員を頼まれた可久士。「絶対に引き受けない」と断るが、自宅で姫から「嫌な当番も誰かがやらないと、社会が回っていかない」と先生に教わったことを説かれ、態度を一変させる。後日、可久士の自宅に運び込まれたのは大量のダンボール箱。表面には「新人賞応募原稿」の文字、、、、、、そのせいで姫に仕事がバレたらどうすると、可久士はついにクレームを入れるのだが、、、、、、。
目次に戻る

『かくしごと』の無料作品情報(第6話 ~ 第7話)

話数タイトル検索
第6話 『スクールランドセル』
後藤家の玄関に『だてなおとより』というメモが添えられた新品のランドセルが置かれている。姫は2つのランドセルを背負い、可久士は写真を撮る。そして、『だてなおとより』のランドセルを押入れの中にしまったが、そこにはたくさんのランドセルが並んでいた、、、、、、そんな、毎年のように新型のランドセルを贈ってくる『だてなおと』の話を、ゴトープロのアシスタントたちにつつかれるも、可久士の答えは歯切れが悪い。
第7話
目次に戻る