タッチ

アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年3月31日時点のものです。

タッチの基本情報
作品名タッチ
放送日1987年3月22日
話数101話
制作東宝、グループ・タック
声優

タッチのあらすじ/内容

上杉達也、上杉和也は双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、要領はいいが何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は物心付く前から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。思春期を迎えて互いが互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま明青学園高等部へ進む。「甲子園につれてって」という南の幼い頃からの夢を叶えるため、1年生にして野球部のエースとして活躍する和也とマネージャーとして働く南。しかし南が異性として意識していたのは達也だった。達也には努力を怠ってきた自覚があり、両思いながらも南の気持ちと向き合いきれない。家族同然に育った3人の関係もまだ維持していたい。和也は南へ異性としてのアプローチを開始し、達也にも恋の戦いから逃げないように促す。この戦いで先取点をねらうためにまずは南を甲子園につれていくと和也は2人に誓うが、地区予選決勝に向かう途中で交通事故死する。達也はなりゆきで入部していたボクシング部で熱心に活動し、和也の亡き後こそ弟に恥じない人間になろうとする。しかし2年生ながら野球部の中心的人物である黒木らに強く勧められ、エースとして野球部へ入部することに。達也を和也に代わる才能の持ち主として勧誘する黒木には戸惑っていた南も、入部した達也は温かく迎える。達也は当初多くの野球部員には歓迎されず、和也の親友で正捕手でもある松平には強く反発される。だが達也なりの熱意が部員たちに認められ、しぶしぶバッテリーを組まされた松平とも徐々に信頼を深める。そして達也は、南の夢を叶えるという和也の夢を、自分が代わりに叶えることを強く意識するようになる。達也たちは2年生になる。達也は勢南高校の西村勇や須見工業高校の新田明男と知り合い、ライバル意識を育む。彼らとは野球で同学年のライバルになるだけでなく、浅倉南に恋愛感情を抱く者同士としてのライバル関係も築いていく。それでも達也にとっての本当のライバルは一貫して和也のみである。西村は持ち球のカーブを駆使し、甲子園出場を期待されるピッチャー。一方、新田はサードで地区最強の打者、そして亡き和也と勝負するため野球に打ち込んできた男であった。彼がいる限り須見工の甲子園出場は間違いなしと周囲で騒がれている。2年生の甲子園の地方予選では、西村が所属する勢南高校と対戦して延長戦の末敗れる。達也たちは3年生となる。新田の妹である由加が明青学園に入学し、野球部のマネージャーに加わる。その頃、野球部の監督が病気で入院して、明青学園の校長は同校OBの柏葉英一郎に監督代行を任せようとする。だが現れたのは海外出張中の兄と入れ替わった柏葉英二郎だった。柏葉は野球部への恨みを隠しながら監督代行としての強権を振るう。南は野球部マネージャーを辞めさせられ、掛け持ちしていた新体操部の選手に専念。野球部員は激しいシゴキで選手生命を断たれる寸前に。新入部員はほとんどが部を辞めてしまう。しかし、レギュラーは1人も去ること無く、夏の甲子園の地方予選を迎える。達也は和也に代わって新田に勝ち、南を甲子園に連れていく強い意志を持っていて、柏葉の過酷な指導に屈することはなかった。達也と南にとって高校生活最後の夏、地方大会初戦で柏葉は、1年生の佐々木を先発ピッチャーに起用して明青学園を敗退させようとする。しかしチームの結束力は固く、失点を打撃でカバーし初戦を突破。柏葉のシゴキに耐えて力をつけた明青学園は大会を勝ち進んでいく。また柏葉は、高校時代に甲子園へ行く夢を兄の代わりに叶えようとし、兄に疎まれて野球部から追放された過去と向き合っていく。そして、いよいよ甲子園出場をかけて決勝戦に挑む明青学園。対戦相手は新田の所属する須見工である。接戦が続く中、達也は弟・和也の代わりを務めようとするあまり本調子が出ない。柏葉はかつて兄弟に可能性を奪われた人間として達也の姿勢をなじる。だが達也はその言葉で悩みを吹っ切り、達也としてのプレイに立ち戻る。柏葉も監督として的確な指示を出し始める。試合は延長に入り、明青は10回表に1点勝ち越し裏の守りにつく。そして、2アウト2塁でバッターは強打者の新田。新田はその前の打席でホームランを打っており、観客も須見工の監督もこの場面では新田を敬遠するだろう、と思っていた。しかし明青ナインは、達也の力を最大限に引き出してくれるのは新田しかいないと考え、敬遠せず勝負する。新田はファウルで粘る。その力は互角、見ている人すべてが息をこらして勝負の行方を見つめる。達也は最後の力を使い果たして投球しようとする。瞬間、達也は自分の投球に和也が力を貸したことを感じる。その結果、新田は三振。達也は甲子園への出場を決定する。和也の夢を叶え、2年間打ち込んだ目標を達成した達也は進むべき道を見失いかける。だが甲子園開会式当日、達也は河原で浅倉南に愛している、と自分の気持ちを伝え、スタート地点を確認。エピローグにて、登場人物たちの進路と、達也を擁する明青が甲子園で優勝し、南もインターハイ新体操で個人総合優勝したことが示され、物語は幕を閉じる。

引用:Wikipedia
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
dアニメストア公式サイト
dアニメストア
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
TSUTAYA TV公式サイト
TSUTAYA TV
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年3月31日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

タッチの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『タッチ』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『誰がなんと言おーと オレたち双子です!!』
達也と和也は双子の兄弟。隣家に住む同い年の南と、三人は何をするのも一緒に仲良く育ってきた。野球部のエース和也と明るい南は、町で噂になるほどのお似合いカップル。
第2話 『女の直感! チョッチ気になる達也の才能』
のんびり達也にももしかして野球の素質が?期待を寄せる美女・西尾佐知子は明青学園高等部野球部マネジャー。彼女は達也に野球部入りを勧める。試合の前日、和也は右腕を負傷。
第3話 『思わず初登板! 和也の名前でお騒がせ!?』
和也のケガで明青学園中等部野球部はピンチ。なりきり代役の達也が立った!一方、南にもライバル出現。1年生の篠塚かおりに達也が一目惚れ。ミス明青中人気投票で二人は美少女No.1の座を争うことに。
第4話 『見たか? 見ないか!? 南の日記!!』
南が好きなのは和也ではなく達也!?南は達也を屋上に呼び出しドッキリ告白「好きだったの、、、ずっとタッちゃんのこと」。南の言葉にとまどい、うろたえる達也。
第5話 『熱血バトンタッチ! ゴールは正確にネ!?』
やる気のない達也が、クラス対抗リレーで和也を追い越した!しかし、ルールを知らなかった達也は敗北。達也に作ってあげたスパゲティにたっぷりとタバスコを入れた南の気持ちは、、、。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『ウワサは本当!? 南と和也の気になる関係』
秋の日曜日。南と和也は展覧会へ。達也はかおりと公園を歩く。翌日、かおりは和也にデートを申し込んでOK。かおりが和也とデートすると知らせた達也を前にして南は平気な顔。どうして?理解できない達也だった。
第7話 『えッホント!! 達也と南が結婚しちゃう!?』
ウェディングドレスの南とタキシードの達也?かおりとの映画館デートから帰宅した和也は二人の結婚式写真を見てしまう。結婚式場パンフレットの撮影モデルとはいえ、和也の心中は、、、。
第8話 『達也打ちます!! ホンキで兄弟対決!?』
達也は喫茶店・南風でバイト開始。マスターの所属する草野球チームの試合に達也は初参加。ひょんなことから相手チームに飛び入り参加した和也の投球を達也が大ホームラン!
第9話 『達也と原田クンの ア・ブ・ナ・イ友情!』
盲腸を口実に欠席がちな原田くん。不良に絡まれていた寺島友子を助けて、ラブレターをもらうが困ってしまう。不良相手の喧嘩は強くても、好意を寄せてくれる女の子には弱かった。
第10話 『みんな悩んで 気分はすっかり高校生デス!』
中学卒業。寺島友子の兄は甲子園で大活躍している西条高校野球部のエース。和也のライバル心は燃え上がる。一方、達也と原田は女子テニス部の更衣室のぞきに夢中だった。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第11話 ~ 第15話)

話数タイトル検索
第11話 『来たれ野球部! 微妙に揺れる達也の心!!』
高校生活が始まった。達也、和也、南、原田、孝太郎、坂田、細川は揃って1年A組。クラブ活動では野球部に入るかどうか?達也の心は揺れに揺れるが、原田と共にボクシング部に入部してしまう。
第12話 『初練習! ハツラツ和也とヨレヨレ達也!?』
ボクシング部でのスパーリングで殴られまくる達也。「お前は少し殴られる必要があるのさ。でなきゃ、お前からは殴らねえだろが、、、」意味ありげな原田の励まし!?和也は初試合でノーヒットノーランを達成。
第13話 『和也心配です! 恋のスランプ孝太郎くん』
和也の女房役孝太郎。練習中に打ったボールが見学中の女の子・夏子に命中。孝太郎はその日から夏子への恋の病に。片思いに悩む孝太郎。彼は夏子が広げた「がんばれ孝太郎君!大好き」と書いた旗で復活。
第14話 『不満です? 南と和也はベストカップル!?』
周囲も認める、お似合いカップルの和也と南。雨の日、ボクシング部の練習で遅くなった達也と南は相合い傘で帰る。「わざわざボクシング部終わるの待っててやったんだぞ」という南の言葉はホント?
第15話 『これは事件です! 達也が南を平手打ち!!』
ベストカップルに選ばれた南と和也は記念品としてノートをもらった。そのノートを南は達也に渡すが、達也は拒絶。「そうか、妬いてるんだ、タッちゃん」とちゃかした南を達也は平手で打ってしまう。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第16話 ~ 第20話)

話数タイトル検索
第16話 『せつないネ! 和也のハートはレモン色!』
南を抱きしめ「好きだよ、、、南、、、」「南が好きなんだ。誰にも渡したくない」と和也が告白。翌日、体調を崩した南を見舞う達也。南は「好きだよ、タッちゃん」と告白。遅れてやってきた和也は、、、。
第17話 『ファースト・キス! 南より愛をこめて!?』
和也の野球の試合と達也のボクシングの試合は同日だった。和也の活躍で明青学園は1回戦を突破。一方、達也は惨敗。和也初勝利の宴の夜、南は達也にファースト・キスをする。
第18話 『達也の気持ちは ちょっとフクザツです!』
初キス体験は衝撃的で、達也は食事ものどを通らなくなって倒れてしまう。「おまえは平気で食えたのか?どうして平気でいられるんだよ?」と聞く達也に「タッちゃんだから、、、」と南は答えた。
第19話 『忘れたい忘れない!? 二人の大事な思い出』
甲子園予選2回戦目はコールド勝ち。学校中の期待が野球部と和也に集まった。キスしたことは忘れろと語る達也に「南は忘れないからね、ずっと、、、。南の生まれてはじめてのキスなんだもん」と言い返される。
第20話 『どーするの? 達也の優しさすれちがい!!』
明青学園高等部野球部は4回戦を突破。南風のバイト料で、達也は和也に新しいグローブを買ってやった。明青高対河田高戦、登板した和也の手には達也がくれたグローブが。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第21話 ~ 第25話)

話数タイトル検索
第21話 『それでもカッちゃんは 南のために甲子園』
予選大会準決勝第1試合、河田高戦。和也はバックの仲間を信じての試合運びに自信がなく迷う。辛勝しての帰り道、立ち寄った西条高で寺島の猛練習を目の当たりにして和也は自信喪失する。そこで南は、、、。
第22話 『いよいよプレーボール! 和也VS寺島!』
予選大会準決勝第2試合。明青高対西条高。試合は和也と寺島の投手戦に突入。和也が三者三振にとると、寺島も明青高の一番と二番を三球三振に取った。そして打席の和也との対決が始まった。
第23話 『南に届け!出るか!? 恋の逆転タイムリー』
明青高対西条高、4回表に西条高が先取点を上げて1対0。9回土壇場で、明青高はホームランで同点に。最後は和也が寺島から奇跡の逆転サヨナラヒットを打ち、勝利した。
第24話 『甲子園まであと1つ 南の夢もあと1つ!』
予選決勝前夜、優勝できたら婚約したいと和也は南にキスを迫ったが拒まれた。和也に替わって現れた達也の「はたしてこのオレが、南を幸福にできる男かどうか、乞うご期待!」という言葉に南は微笑んだ。
第25話 『南の一番長い日! 早く来てカッちゃん!!』
甲子園行きが決まる決勝戦の朝、和也は両親の万歳を背に家を出て行った。お守りを忘れて行った和也の後を達也は追った。なぜか到着しない和也抜きで明青高対須見工の試合は始まった。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第26話 ~ 第30話)

話数タイトル検索
第26話 『試合終了! 君がいなければ…』
病院に着いた南は看護婦から和也の事故死を知らされた。霊安室に立ちすくむ南。「キレイな顔してるだろう。ウソみたいだろう、、、。死んでるんだぜ、それで、、、」と達也はつぶやいた。
第27話 『短かすぎた夏… カッちゃんにさよなら!』
達也は二階の子供部屋で、和也が好きだったレコードを大きな音でかけて泣いた。南は鉄橋の下で大声を上げて泣き続けた。翌朝、パンチを伴ってトレーニングに出て行く達也。南と達也の二人の時間が始まった。
第28話 『第2部開始 エースのいない野球部なんて…』
今日から二学期。和也の死は級友に野球部員たちに、そして達也と南に大きな衝撃を残していた。「オレ、野球部辞めるよ」と泣きながら言い出す孝太郎。彼を励まそうと達也が投げた球は金網に突き刺さった。
第29話 『アレ?優しいタッちゃん ボクサー失格!?』
本城高校とのボクシング試合に出る事になった達也。試合にはなんとか勝ったが、「野球をやれ上杉、どこまでやれるか自分の力を試してみろ」とキャプテンから野球部への転部を勧められた。
第30話 『栄光の背番号1 やってやれない訳はない』
和也のグローブを持って登校し野球部に入部した達也。野球部員たち、特にキャッチャーの孝太郎は複雑な気持ちで達也を迎えた。しかし、達也の投球がミットに吸い込まれた瞬間、、、。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第31話 ~ 第35話)

話数タイトル検索
第31話 『剛腕達也! でもコントロールが課題です』
達也の投球コントロールはなかなか上達しなかった。デッドボールが怖くて逃げ腰の部員たち。彼らに替わって南が打席に立った。達也の剛球はギリギリ、ストライクゾーンに入った。
第32話 『俺は和也の恋女房 デモ気になるバカ兄貴』
突然、南が新体操部に!?孝太郎は達也のせいだと思って達也を責めた。しかし、その理由は新体操部のキャプテンが怪我をしたので南が翌月の競技会まで借り出されただけだった。
第33話 『誕生新体操の星! 南はやっぱり天才!?』
転校生がやってきた。名は吉田剛。転校早々なぜか達也につきまとい始める。南は昼休みも放課後も新体操の練習に励み、地区高校新体操競技大会では3位入賞を果たす。
第34話 『がんばれ達也! ハラハラドキドキ初登板』
三上工業との練習試合が達也にとっての初登板。投球コントロールに集中しながらの試合はからくも1勝。マスコミの達也に対する記事は辛口で、新体操選手として注目を集める南へのそれとは対照的だった。
第35話 『何かと心配!? 近頃ウワサの南ちゃん!』
どんどんスターになっていく南に達也はちょっぴり不安。いらついて投げた缶に当たった猛犬に追いかけられるハメに。飼い主は達也ファンの吉田、犬の名はタツヤだった。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第36話 ~ 第40話)

話数タイトル検索
第36話 『2人きり! 南と達也のアブナイ夜!?』
吉田は野球部に入部して達也の真似ばかりしている。達也と南が帰宅すると両親が外出していた。隣家の二人は、夕食を共にする。南の膝枕で耳かきをしてもらいリラックスする達也。そこに地震が!
第37話 『めざせ甲子園! ただいま野球部合宿中!!』
予選を前にして合宿開始。予選試合日の朝、達也に南が和也の写真を手渡す。達也は「スタンドで南に抱かれいてる方が嬉しいに決まってるよ」と受け取らなかった。捨て犬のチッチとポッポが登場。
第38話 『予選一回戦! 頭脳派タッちゃん登場!?』
立山と明青の試合。「今日の試合はコントロール重視だ」という監督の言葉に従い、地味だが確実な投球を達也は続けた。打席でも送りバントなどの努力が続く。試合ラストの投球は意外にも、、、。
第39話 『実力拝見! クールな新田とガッツ西村!!』
勢南高校のピッチャー西村は憧れてる南に認められたい。南にサインをせがむなどアピールに努める。2回戦第2試合は明青学園対勢南だ。達也の打順になり、二人の勝負が始まった。
第40話 『熱投2回戦! タッちゃんVSガッツ西村』
達也と西村の試合は膠着状態のまま続き、7回までノーヒットノーランで抑えた達也はフラフラに。その後9回まで0点、雨も降ってきた。試合は延長戦に突入していった。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第41話 ~ 第45話)

話数タイトル検索
第41話 『雨の延長11回! 2死満塁!!バッター西村』
雨中延長戦。ミスが続き、フォアボール押し出しの1点で勢南に破れた。試合後、南風で南に励まされたが敗北がつらくてたまらない。その夜、達也は夢で飛び起き「和也、、、くやしいよ」とつぶやいた。
第42話 『もう一つの延長戦!? 南をめぐる四角関係』
南は達也に和也の練習メニューを教えた。一方、南は達也が自分のことをどう思っているかが気になってたまらない。それをたずねてから南は達也の頬にキスをした。
第43話 『揺れるエース達也!! 新田と南が急接近!?』
秋の放課後、野球部内を赤組と白組に分けて練習試合をする事になった。同日、南との対談取材で来校していた須見工の新田と吉田が対決し、吉田は3アウトを取り勝利する。
第44話 『由加の探偵物語! 南と達也はどこへ行く』
兄である新田に憧れている由加は南のことも気になって仕方がない。体育館で新体操をする南を観察する由加。彼女は南と達也の映画館デートの後をつけ、その詳細を兄に報告した。
第45話 『エースを狙え! 僕が上杉のライバルだ!!』
新田との勝負に自信をつけた吉田は突然達也の事を「上杉」と呼び捨て始めた。挑発的な態度をとる吉田にイラつく達也。だが南は「叩きのめせ」と過激な発言。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第46話 ~ 第50話)

話数タイトル検索
第46話 『ライバル宣言! 上杉和也を越えてくれ!!』
新田の部屋。甲子園出場記念プレートを前に新田は「もう一度上杉和也と対決させてくれ」「上杉和也を越えてくれ」と真剣な顔で達也に頼んだ。翌日、須見工が試合を申し込んできた。
第47話 『対決須見工! えッ!? ピッチャー吉田!!』
新田の打順、ピッチャー吉田は直球を連投。新田は見送り三振。由加は達也に詰め寄り、「お兄ちゃんをやる気にさせるのは上杉達也あなただけなのよ」と言う。6回、突然西尾監督が吉田と達也のポジションチェンジを指示。
第48話 『遂に上杉登場! 新田、オレと勝負だ!!』
7回、新田にホームランを打たれてしょげる達也に南は「南のことを想っていてくれたら新田くんにも打たれない」「甲子園、連れてって」と励ました。
第49話 『ダメ兄貴返上! 甲子園が見えてきた!!』
9回、南の言葉を胸に連続8三振取るなど奮戦し、試合はドローで終了。「また野球が面白くなりそうだ」といってグラウンドを去る新田。エース決定戦を望む吉田は父の仕事の関係で南米に行く事に、、、。
第50話 『放課後デート!? 南と新田は危ない関係!!』
新田は南を南風までオートバイで送った帰りに転倒し入院する。責任を感じた南は、新田のお見舞いに通う。由加は兄と南をもっと近づけようと画策し、その様子に達也は動揺する。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第51話 ~ 第55話)

話数タイトル検索
第51話 『納得しない!? 南が達也に恋人宣言!!』
南の事を気にしまいと野球の練習に力が入る達也。それとなく新田と達也を比べる南を前にして達也は面白くない。二人きりの勉強部屋で「その気になりゃ、いつだって、、、」との妄想がわき起こる。
第52話 『恋の3元中継! ジャマ者はお前だ!!』
選抜高校野球大会出場校が発表された。須見工の連続出場を羨ましがる明青野球部員たち。西村は南に、由加は達也にそれぞれアタックを続ける。新田も南への未練をほのめかすが、南は気づかない。
第53話 『達也の課外授業… 思い過ごしも恋の内!』
南をライバル視している由加。いかにもお似合いの新田と南に焦る達也。南は達也に積極的な態度の由加にイライラする。しかし、南は「タッちゃん、、、南は 南はタッちゃんを信じてるからね」と達也を見つめて言う。
第54話 『いよいよ 最後の甲子園だゾ!!』
2年生の終業式、達也は南と映画に行く約束をした。南を待っていて、映画館向かいの建物で行われていた須見工の壮行会場に入ってしまう達也。遅れて現れた達也に南は、、、。
第55話 『総集編Ⅰ 思い出は美し過ぎて…』
『タッチ』テレビ放送#1~#24までの総集編。甲子園出場をかけた予選決勝戦当日の朝(和也が交通事故に遭った日)まで。達也、和也、南の幼なじみ仲良しトリオの思い出がいっぱいです。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第56話 ~ 第60話)

話数タイトル検索
第56話 『総集編Ⅱ エースは誰にも渡さない!』
『タッチ』テレビ放送#25~#49までの総集編。「思い出って楽しい事ばかりじゃないんだよね。さみしい事も泣きたい事もくやしい事も全部混ざって思い出なんだよね。タッちゃん頼りにしてるよ!」
第57話 『謎の新監督が やってくる!!』
3年生になった南と達也はいつものように二人で登校。達也に南は「ここで南を甲子園に連れて行かないと一生ボヤくからね」と励ます。由加は明青学園に入学し、野球部のマネジャーに。
第58話 『オレは柏葉! 甘ったれは許さない!!』
部室でエロ本を読みふける達也は見知らぬサングラス男に殴られまくった。男は新監督の柏葉英二郎。「オレはお前らと仲良くやる気はない」竹刀を振りながら練習メニューを指示する柏葉監督。ビビる野球部員たち。
第59話 『嵐の明青野球部! 南が去ってまた一難』
連日続く柏葉監督代行のしごきに次々と辞めていく野球部員たち。由加の事をいつも見つめている佐々木が入部してくる。野球部の練習に出られなくなった南は「カッちゃん、、、これからどうしたらいいの?」とつぶやく。
第60話 『新マネジャー大苦戦! やっぱり南が一番』
野球部マネジャー業の多忙さに由加はキレ気味。しかも南と比べられてイライラ。柏葉監督代行は相変わらずの鬼コーチぶり。南を目当てに明青に通う西村と監督が衝突し、殴打事件となった。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第61話 ~ 第65話)

話数タイトル検索
第61話 『オイ柏葉! 南を賭けて勝負だ!!』
西村に対し「そんなヘナチョコカーブ、甲子園で投げられたら地元の恥だ」と柏葉監督代行が放言したために対決になった。監督も達也も揃って三振をとられてしまう。
第62話 『セピア色の2人! 南と新田の海岸物語』
野球部に帰れないことに悩む南は新体操部の練習を休み、街をあてどなくさまよう。そんな南を新田は海岸へのバイクデートに誘った。しかし南の心は達也でいっぱいだった。
第63話 『サングラスの奥の秘密! 柏葉は何者?』
基本練習ばかりで不満タラタラの野球部員たち。キャプテンの孝太郎がかけずり回って勢南との練習試合を柏葉監督代行に認めさせた。しかし、その日は南の新体操都大会の日だった。
第64話 『仁義なき練習試合! 鬼監督のお手並拝見』
久々の練習試合。柏葉監督代行が決めた先発メンバーは達也以外、全員補欠だった。達也は怖がる1年生のキャッチャーに投球が思い切り出来ないでいた。試合は14対4で明青が5回コールド負けする。
第65話 『ガンバレ南! ギブ・アップは似合わない!!』
新体操都大会で南は「タッちゃん私に力を貸して」と心の中でつぶやいた。最終結果5位。南は慰める達也に「行くよ、インターハイ」と宣言し、「タッちゃんも、甲子園」と付け足した。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第66話 ~ 第70話)

話数タイトル検索
第66話 『南が生徒会長? アイドルは何かと大変!』
南は頑張り屋の人気者。多少のケガなどものともせずに新体操の練習に励み、深夜まで勉強にも打ち込む。そんな南に生徒会長候補の話が舞い込んだ。南のことを心配する達也は生徒会長辞退を勧める。
第67話 『ムムッ見えてきたぞ! 柏葉監督の正体!!』
由加のカワイサは周囲の女学生たちから妬まれるほどだが、本人は平気。達也の打球が由加の足に当たってしまい、達也に背負われて下校する由加の姿には南でさえカチンときてしまう。
第68話 『ストップ・ザ・達也! 由加のむりやりデート作戦!!』
由加の達也へのアタックは続く。強引なデートに付き合わされた達也は、彼女の魅力に少しドギマギする。西村から達也が由加と仲むつまじくデートしていたことを聞いた南は、、、。
第69話 『夢は甲子園! 退部届はあわてずに!!』
朝、登校中の南と達也。昨日の由加との映画館デートのことを知っている南は少し意地悪だ。野球部では中島の退部騒ぎが持ち上がり、部員たちの間に動揺が走った。
第70話 『夏まじか! どこまで続く落ちこぼれ騒動』
須見工が優勝候補No.1という新聞記事が出た。「簡単に優勝させてたまるかよ!」と意気込む達也。中島が退部を言い出していたのはストレス性の目のかすみだったことが判明し、元の鞘に戻る。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第71話 ~ 第75話)

話数タイトル検索
第71話 『夏合宿突入! 鬼監督が待っている!!』
夏合宿初日、万歳三唱で達也を送り出す両親。寂しい南。柏葉監督代行は、達也へバーベル背負ってのうさぎ跳びグラウンド10周を命じた。他の部員たちも猛烈なしごきにボロボロに、、、。
第72話 『鬼より怖い? お嬢様由加の合宿料理!!』
合宿の寝床、南がビキニ姿で走りよってくる夢に驚いて飛び起きる達也。柏葉監督代行の猛練習は続く。夕食時、由加手製カレーのまずさに部員たちは過労を言い訳にして席を離れ、南風に向かった。
第73話 『包丁人由加! グルメの道は険しく遠い!!』
南風には先客として柏葉監督代行がいた。南は店を父に任せ、勉強部屋で空腹の達也たちにスパゲティを振る舞う。部屋の壁に貼ってある和也の写真を見つめて決意を新たにする部員たち。
第74話 『遂にきた! 南と由加のクッキング大戦争』
朝練、達也は投球練習でカーブに挑戦しようとするが失敗。柏葉は「お前に変化球はいらん」と言いきった。由加の夕食の失敗は続き、部員たちの体調管理を心配した南と対立する。
第75話 『お料理騒動完結!? 隠し味は南のスパイス』
由加の料理はまず過ぎて食べられないまま。南は部員のために夕食を調理し続けていた。南の負担を考えた達也は、由加に「野球部伝統のスタミナ料理」をリクエストする。南のレシピを手に由加が作った料理に部員たちは歓声を上げた。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第76話 ~ 第80話)

話数タイトル検索
第76話 『気にして新体操! 南は達也を待っている!?』
周囲の期待を集めて、高校新体操関東大会に臨む南。一方、合宿中の達也は抜け出して会場に向かうが車両故障で遅れてしまう。南は達也の心配をよそに優勝する。
第77話 『予選組み合わせ決定! いよいよ夏本番!!』
予選校の組み合わせが決定。雨中で猛練習の部員たちを見守る南は「タッちゃん、ガ・ン・バ・レ」とエールを贈る。達也は和也のスパイクを履き甲子園への決意を新たにした。
第78話 『総集編Ⅰ 浅倉南18才!ただいま青春進行形!!』
南にスポットを当てた総集編。後半は子供時代の回想映像。「せっかくタッちゃんと一緒に甲子園行けると思ってたのになあ。みんなあの柏葉監督代行がいけないんだ。こうなりゃ、新体操やるっきゃないもんね。まずはインターハイ、そして次は、、、」
第79話 『総集編Ⅱ ファイト明青!!柏葉なんか怖くない』
柏葉監督代行の登場時期を中心に、甲子園へ向けての総集編。「スゲー奴が監督にやって来やがって、この数ヵ月、俺たちの青春は真っ暗闇に。そのかわり、これだけしごかれりゃ、どうしても甲子園行かなくちゃ気が済まねーぜ」
第80話 『本日予選一回戦! やる気だけは負けないぜ!!』
予選大会初日、早朝からロードワークをする達也。試合当日でも朝練。ハードな練習メニューなのに「体が軽くなった」という部員たち。いよいよ試合開始。ピッチャーは佐々木!
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第81話 ~ 第85話)

話数タイトル検索
第81話 『とんでもない一回戦! 本当の敵は柏葉!?』
試合会場に行けず、南は野球部の試合が気になってたまらない。世多高相手に途中リードされつつも1点差でサヨナラ勝ち。達也のポケットには、和也でも由加でもなく南の写真が入っていた。
第82話 『見えたぞ! 柏葉兄弟のふかーい謎』
達也はまたも由加の猛烈なアタックにあっていた。机からもポケットからも由加の写真が出てきて、それを見た南は「フン」といって行ってしまう。柏葉監督代行の兄・英一郎が来校。
第83話 『どうする達也二回戦! 孝太郎大ピンチ!!』
明日は2回戦、「相手は立山高だったか?」という原田に「うちの監督だよ」と達也。一方、ノック練習でキャプテンの孝太郎が左肩をケガをしてしまう。達也は全力投球できるか?
第84話 『由加チャン危機一髪!! 押しかけデートもほどほどに』
合宿の中休み。達也が久しぶりに帰宅すると、両親は温泉旅行で不在。由加が押しかけてきて夜まで長居し、達也にキスを迫る。そこへ南がやってきた!?
第85話 『執念の対決?! 今頃あいつがカムバック!』
勢南、須見工とも順調に勝ち進む中、明日は3回戦、佐田商との対戦だ。練習に励む明青野球部を見つめるのは、南米に行ったハズの吉田。彼は佐田商ピッチャーとして帰ってきたのだ。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第86話 ~ 第90話)

話数タイトル検索
第86話 『負けてたまるか三回戦! エースの力を見せてやる!』
1回、明青2アウト、佐田商の攻撃。吉田と達也の対決が始まった。次第に冷静さを失っていく吉田。明青がコールド勝ちし、泣きながら去る吉田の耳に由加の「ファイト!」という声が届く。
第87話 『意外!? 柏葉ロマンス! 南に似ている恋心』
一学期末試験の順位が廊下に貼り出された。1位はもちろん南だが、達也は49位。南は柏葉英二郎監督代行に野球と恋愛で競争相手の兄・英一郎がいたことを知る。
第88話 『復讐じゃない!? NOサインで4回戦!!』
「悪い人なんかじゃないんだ。何てったって女の勘はするどいんだぞ」柏葉監督代行の事を考え直した南。「令子さんが言ってたんです。本当は野球が好きで、、、」南の言葉に柏葉は動揺する。
第89話 『達也はエース? 背中に感じるプレッシャー!?』
5回戦当日の朝、「今日勝てば準決勝だと思うとな(寝てられない)」と部員たちは早起きした。達也は自分の力に不安を感じ、和也並みに通用するかどうかの重圧と戦っていた。
第90話 『準々決勝! 明青VSピッチャーが3人!?』
投球練習で「球は走ってるか?」と孝太郎にたずねる達也。「文句なし、絶好調だよ」と孝太郎。5回戦が始まった。相手はピッチャー3人体制の赤宮高校。ピッチャー交代の連続に明青は疲れていく。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第91話 ~ 第95話)

話数タイトル検索
第91話 『番狂わせ!? まだまだ勝負は判らない!』
8回、赤宮高校がスクイズに成功し、1点リードされた明青高校。「大丈夫か?!達也」と声をかける孝太郎。彼を指さし「松平孝太郎、175センチ、80キロ。獅子座のA型。好きなタイプ、河合その子」「おれは冷静だ」と達也は答えた。
第92話 『せつないイメージ重なるネ! 達也は南の予想以上!』
まだ2つも勝たなくてはならないのに南風では「祝賀会」のどんちゃん騒ぎ。準決勝当日、校門で校長と生徒達の激励を受け、出発する明青野球部。今度の相手は三光学院だ。
第93話 『出た!? 監督命令! 心に傷持つ柏葉采配!』
勢南の西村を打ち崩して自信がついた三光学院。だが達也の投球練習を見てビビる三光学院監督。試合では長尾がホームラン!長尾は柏葉監督代行のお陰だと言って泣いて喜んだ。
第94話 『準決勝真最中! なるかタッちゃん大記録!』
「皮肉なもんだな。兄貴の夢を果そうとして逆に野球部から追い出された男。そしてその復讐の為に戻ってきた男の前に、亡き弟の夢を果そうとする男がいる。鬼にとっちゃ複雑だろうな。昔の自分を見るようで」と原田は語った。
第95話 『祝・決勝進出! 運命は柏葉の手の中に!』
退院してきた西尾監督は柏葉監督代行を「頼んだぞ!柏葉。ワシに代わってこいつらを甲子園へ連れてってやってくれ!」と激励した。「任せたぞ、柏葉英二郎!」その瞬間、雷鳴が轟いた。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第96話 ~ 第100話)

話数タイトル検索
第96話 『あと1つで甲子園! 叶えたい! 和也の約束』
雨のため、1日延期になった決勝戦。7月29日。2年前の決勝の日。今日は和也の命日だった。雨の中、達也は和也の墓参りに来ていた。「和也、とうとう決勝戦まできたぜ。あと1つだ」和也の墓の前で達也は報告した。
第97話 『GOGO明青! 勝利に向かってプレーボール!』
決勝の朝、部員全員やる気満々。出発前、南は令子から頼まれた「果せなかった甲子園の夢を、今こそ果してほしい」という英一郎からの伝言を柏葉監督に伝えた。「監督、監督は本当に野球が嫌いなんですか?」と尋ねた南に、、、。
第98話 『誰のための決勝戦!? 本当の達也を見せて!』
1回表、明青は0点。須見工の攻撃、1回裏、明青は無死満塁。新田の打順と危機が続く。しかし、自分を取り戻した達也の投球は輝きを増していった。7回裏、「よーし!もう一息だ!」と達也はマウンドに向かった。
第99話 『もう後が無い!? 出るか! 柏葉サイン!』
新田と勝負するなという監督を無視して投げた達也のストレートを新田はホームラン!しかし10回、達也はホームスチールに成功し、1点リード。「選手と監督は一心同体」と達也は涼しい顔。
第100話 『勝つぞ明青! 甲子園は俺たちを待っている!』
10回裏。この回さえ抑えれば明青は甲子園だ。1塁も空いているし新田を敬遠するという達也に、孝太郎が立ち上がって守備の選手に指示を出した。達也と新田に勝負の土俵が用意された。
目次に戻る

『タッチ』の無料作品情報(第101話 ~ 第101話)

話数タイトル検索
第101話 『新しいスタートライン 上杉達也は浅倉南を…』
南の家で電話が鳴った。「南か?来てほしいんだ。甲子園に。今すぐに」「でも、、、」「オレ、このままじゃ試合にならねえんだよ、ハッキリ、わかったんだよ。自分の本当の気持ちが」「タッちゃんの本当の気持ち?」「ああ、上杉達也は、世界中の誰よりも、浅倉南を愛しています。だから、、、」
目次に戻る

シリーズ作品/関連アニメ作品