聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバインの基本情報
放送日1984年1月21日
話数49話
監督富野由悠季
原作矢立肇、富野由悠季
制作日本サンライズ

聖戦士ダンバインのあらすじ/内容

バイストン・ウェルは、輪廻する魂の休息と修錬の場。海と陸の間に存在し、生体エネルギー「オーラ力(ちから)」によって支えられている。コモンと呼ばれる種族は中世ヨーロッパ的な封建制国家群を形成し、妖精の姿をしたミ・フェラリオ、その上位種族であるエ・フェラリオ、蛮族ガロウ・ランなどがそれぞれの勢力圏で互いに影響(ガロウ・ランが、自らの超人的な能力をコモンに提供することで対価を得るなど)し合いながら暮らしている。エ・フェラリオは、バイストン・ウェルの天井部分に当たる水の天界「ウォ・ランドン」に棲息しているが、下級妖精のミ・フェラリオは30センチ前後の大きさで背中に2対の翅を持ちコモンの世界にも現れる。本来、生死以外にバイストン・ウェルと地上界を往来することは不可能だが、エ・フェラリオの力や偶発的な事故などによって開かれる「オーラ・ロード」を通ることで、稀にそれは発生する。ある日、コモン界にある「アの国」の地方領主ドレイク・ルフトは、捕獲し水牢に幽閉したエ・フェラリオのシルキー・マウを脅し、地上人(ちじょうびと=我々の住む地上界の人間)ショット・ウェポンとゼット・ライトをバイストン・ウェルに召喚する。ロボット工学に明るいショットはバイストン・ウェル固有のオーラ力に着目し、それをエネルギー源とする「オーラマシン」を開発、バイストン・ウェルに初めて「機械」をもたらした。当初はユニコン・ウー(馬に似た動物)に代わる移動手段程度の物だったが、やがて飛行兵器オーラ・ボム、さらには巨獣の甲殻を外装にまとい、内蔵された人工筋肉を電子制御によって駆動する人型兵器「オーラバトラー」(「巨人騎士」とも呼ばれる)へと発展した。ドレイクはオーラマシンの圧倒的な力を手に入れたことでバイストン・ウェル全土を掌握するという野望を抱き、既に旧式となったオーラマシンやその技術を他国に輸出することで莫大な資金を得た。さらには強力なオーラ力を持った地上人を戦士として利用するため、再びシルキー・マウにオーラ・ロードを開かせ、試作オーラバトラー・ダンバインのパイロットとしてショウ・ザマ、トッド・ギネス、トカマク・ロブスキーの3人を召喚した。ショウは突然の異世界に戸惑いながらも、ただ言われるままにドレイクの対抗勢力である同じアの国の地方領主「ギブン家」との戦いを重ねていたが、ドレイクの娘でギブン家の長男ニー・ギブンと恋仲のリムル・ルフト、ギブン家に味方する地上人マーベル・フローズンの説得によりドレイクの真意を悟り、ダンバインと共に出奔。ニーの指揮するオーラシップ「ゼラーナ」に身を寄せる。各国はオーラマシンの開発競争にしのぎを削り、戦乱は拡大の一途をたどると共に混迷の様相を呈していった。オーラ増幅器によりオーラバトラーを扱えるようになったコモンの騎士の登場やドレイクの新たな地上人の召喚を経て、遂には主要各国が巨大なオーラ・バトル・シップを持つまでに至った。フェラリオの長であるジャコバ・アオンは、目に余るコモンの蛮行に業を煮やし、その意志と力により全てのオーラマシンとそれに関わる全ての者をバイストン・ウェルから放逐した。これにより、世界各地にオーラマシンが出現し戦いの舞台は地上界へと移る。オーラマシンの圧倒的な力で地上をも我が物にせんとするドレイク率いるアの国とビショット・ハッタが治めるクの国、その野望を阻止せんとするナの国の若き女王シーラ・ラパーナとラウの国のエレ・ハンムの下に集う連合軍は、世界各国を巻き込んだ全面戦争へと突き進んで行く。激化する戦いの果て、マーベルとトッドは戦死し、ショウは宿敵の黒騎士と刺し違えて命を落とす。これ以上の戦火の拡大と犠牲の増加を危惧したシーラは、戦争を終結させるため、持てる全てのオーラ力を開放して全ての悪しきオーラを浄化し、バイストンウェル関係者の全ての魂を元いた世界に送り返すことで戦いを終結させる。ただ独り地上に取り残されたチャムは海上を漂っていたころを救出してくれたアメリカ軍にこれまでに起きた出来事の全てを「バイストン・ウェルの物語」として語り、いずこかへと姿を消すのだった。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

聖戦士ダンバインの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『聖戦士たち』
第2話 『ギブンの館』
第3話 『ラース・ワウの脱出』
第4話 『リムルの苦難』
第5話 『キーン危うし』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『月の森の惨劇』
第7話 『開戦前夜』
第8話 『再び、ラース・ワウ』
第9話 『天と地と』
第10話 『父と子』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第11話 ~ 第15話)

話数タイトル検索
第11話 『キロン城攻防』
第12話 『ガラリアの追跡』
第13話 『トッド激震』
第14話 『エルフ城攻略作戦』
第15話 『フラオン動かず』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第16話 ~ 第20話)

話数タイトル検索
第16話 『東京上空』
第17話 『地上人たち』
第18話 『閃光のガラリア』
第19話 『聖戦士ショウ』
第20話 『バーンの逆襲』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第21話 ~ 第25話)

話数タイトル検索
第21話 『逃亡者リムル』
第22話 『戦士リムル・ルフト』
第23話 『ミュージィーの追撃』
第24話 『強襲対強襲』
第25話 『共同戦線』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第26話 ~ 第30話)

話数タイトル検索
第26話 『エレの霊力』
第27話 『赤い嵐の女王』
第28話 『ゴラオンの発進』
第29話 『ビルバイン出現』
第30話 『シルキーの脱出』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第31話 ~ 第35話)

話数タイトル検索
第31話 『黒騎士の前兆』
第32話 『浮上』
第33話 『マシン展開』
第34話 『オーラ・バリア』
第35話 『灼熱のゴラオン』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第36話 ~ 第40話)

話数タイトル検索
第36話 『敵はゲア・ガリング』
第37話 『ハイパー・ジェリル』
第38話 『時限爆弾』
第39話 『ビショットの人質』
第40話 『パリ炎上』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第41話 ~ 第45話)

話数タイトル検索
第41話 『ヨーロッパ戦線』
第42話 『地上人たちの反乱』
第43話 『ハイパー・ショウ』
第44話 『グラン・アタック』
第45話 『ビヨン・ザ・トッド』
目次に戻る

『聖戦士ダンバイン』の無料作品情報(第46話 ~ 第49話)

話数タイトル検索
第46話 『リモコン作戦』
第47話 『ドレイク・ルフト』
第48話 『クロス・ファイト』
第49話 『チャム・ファウ』
目次に戻る