ドメスティックな彼女

アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
レンタル
レンタル
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年4月14日時点のものです。

ドメスティックな彼女の基本情報
放送日2019年3月30日
話数12話
監督井畑翔太
脚本髙橋龍也
放送局MBS
原作流石景
制作ディオメディア
声優

ドメスティックな彼女のあらすじ/内容

単行本:1巻 - 2巻(第1話 - 第11話)、アニメ:1話 - 4話小説家志望の赤森高校2年・藤井夏生は、英語教師である橘陽菜に思いを寄せていた。ある日、夏生は友人に誘われ参加した他校生女子との合コンで橘瑠衣と出会い、成り行きで肉体関係を持つ。今後一切関わらないと言って瑠衣と別れた夏生だったが、その数日後、父・昭人の再婚が決定。相手の女性にも夏生と同年代の連れ子がいるという。藤井家に挨拶に訪れた女性・橘都樹子が連れていたのはなんと陽菜と瑠衣であった。義兄弟となる相手がかたや想い人、かたや初体験の相手という事情から当初は再婚に否定的だった夏生だが、母を想う瑠衣の気持ちを知り再婚に賛成する。こうして2人と義理の兄妹になるという奇妙な生活が始まるのだった。瑠衣はこれを機に夏生や陽菜がいる赤森高校へ転校。やがて、陽菜が不倫をしていることを知った夏生は、瑠衣と共に彼女に不倫相手の萩原柊との別れを迫り陽菜は別れを決意する。その後、不倫相手と別れた陽菜と出かけた夏生は彼女に想いを打ち明けるが、陽菜は「私たち2人が付き合うことは一緒に死ぬということ」と諭し、義姉弟の関係でとどまることになった。単行本:2巻 - 5巻(第12話 - 第36話)、アニメ:5話 - 9話瑠衣のクラスメートである柏原ももと知り合った夏生は彼女と肉体関係を結ぶ寸前にまで至るが、手首の傷跡から彼女の事情を窺い知り関係を思いとどまる。夏生は部活に入りたいと言い出した瑠衣を案内する過程で文芸部の存在を知り、現代文教師である桐谷怜士の影響もあって葦原美雨が部長を務める文芸部に入部する。ももと瑠衣も直後に入部。ももや美雨といった他の女子と仲睦まじい様子の夏生に対して、瑠衣の中に夏生に対する気持ちが目覚め始め、瑠衣が一方的に迫る形で2人はキスをする。夏休みに、文芸部員に陽菜、美雨の妹・美夜を加えたメンバーでキャンプを行った際、陽菜は不倫相手だった萩原の離婚を萩原の先輩であった桐谷から知らされ、その話を隠れて聞いていた夏生は動揺する。また、川で溺れかけた美夜を助けようとして自分も溺れそうになった夏生に対し、瑠衣は自らの気持ちを打ち明けキスをした。キャンプ後、小説執筆に使用する資料を借りるために高校に顔を出した夏生は、新学期から転校してきた松川・J・アレックスと出会う。2人は、帰宅途中に下着泥棒を捕まえ、その際に被害を届けに警察を訪れた瑠衣を見かけてアレックスは一目惚れし夏生に瑠衣を紹介するよう依頼する。夏生は言われるがままに瑠衣にアレックスの瑠衣への好意を仄めかしたものの、瑠衣はその申し出を断り無言で激怒した。瑠衣に謝るため彼女の部屋を訪れた夏生は瑠衣と再びキスするが、その場面を陽菜に目撃されてしまう。瑠衣と同様、夏生に対して恋心を抱きはじめていた陽菜は瑠衣の気持ちを知ったことで衝動的に家を出ると発言。夏生や瑠衣との話し合いの結果、実際に一人暮らしを始めることになった。引越しの当日陽菜からアパートの鍵を渡された夏生は、後日彼女の新居を訪ね、覚悟を込めた想いを改めて陽菜に打ち明け2人は唇を重ねた。こうして正式に陽菜と付き合うことになった夏生は瑠衣に対して、幼馴染みである栗本文哉の家に行くという嘘の口実を使い度々陽菜の家を訪れるようになる。単行本:5巻 - 6巻(第36話 - 第47話)、アニメ:9話 - 11話新学期になり、各々が学園祭の準備に奔走する中、桐谷の過去怪文書が校内に出回る。その中で迎えた学園祭、文芸部は部誌販売と合わせて喫茶店を開いたが、2日目の開店前に教室を荒らされてしまう。ももの機転で教室を荒らした犯人(怪文書を送った犯人でもあった)を見付けることができたが、その犯人は桐谷の元教え子であり、桐谷の異動の原因を作った楠本沙希であった。桐谷は楠本に対しての暴力行為から一週間の謹慎処分とされるが、その対応に納得のいかなかった夏生らは桐谷の自宅を訪ねる。その際、桐谷が「蓮川 要」のペンネームで小説執筆の副業をしていることを知るが、夏生はかねてから蓮川の作品に心酔しており、憧れの作家が身近にいたことに感銘を受ける。その後夏生は美雨に対し桐谷の家での言動をからかうも、恥ずかしさを押さえられなくなり取り乱した美雨の行動によって夏生は階段から落下、右足骨折のを大怪我を負う。夏生を看病することになった瑠衣は、文哉がバイトをしている喫茶店「ラマン」を訪れた際、夏生が外出する際に使う「友人の家に行く」という口実が嘘であったことを知る。その後、瑠衣は夏生の小説を読んでしまったことで、夏生が陽菜のアパートに通っているのではないかと確信し、ある雨の日、傘を持って陽菜のアパートを訪れ、陽菜といる夏生に遭遇する。その直後、瑠衣は夏生の陽菜への今までとこれからの想いを聞かされることになると同時に、夏生から裏切られていたことも痛感することとなる。その翌日、瑠衣は自身の恋心に抗うため、夏生に対して夏生を嫌いになる決心をしたということを告げる。単行本:6巻 - 7巻(第47話 - 第58話)、アニメ:11話そんな波乱の中、学校では修学旅行の時期になる。旅行前、瑠衣は夏生のことを諦める手段としてアレックスとキスしようとするも思い留まる。修学旅行先である沖縄に着いた1日目の夜、友人が外出して1人になった瑠衣の部屋に、泡盛を使った調味料によってダウンしたときに聞いた瑠衣と夏生の会話に嫉妬し、自らのアルコールへの弱さと酒癖の悪さを利用しようと先程の泡盛を使用した調味料を摂取して泥酔したアレックスが尋ね、鍵を閉め瑠衣を監禁、肉体関係を強要するが、たまたま瑠衣に電話をかけた夏生が異変に気づき部屋に突入、肉体関係1歩手前で踏みとどまらせる。その後夏生は瑠衣と義兄妹である上に肉体関係を持ったことがあるということをアレックスに告白、アレックスも夏生や瑠衣に行為を謝罪した。翌日、夏生は陽菜が友人に対して「現実的に考えて夏生との関係をそこまで本気にしないようにしている」と言っているところを偶然盗み聞いてしまう。その夜、夏生は陽菜を呼び出し本気になって欲しいと頼むが、陽菜が出した答えは別れたほうがいいというものだった。しかし、一大イベントの花火大会を抜け出して陽菜の部屋を訪ね、旅行の途中で買った指輪を差し出しプロポーズする夏生の想いに、陽菜も応える。そのまま2人はキスをし体を重ねた。旅行後、文芸部全員で応募していた文学賞の結果が発表され、唯一瑠衣の作品が佳作に入賞。自身の作品が入賞しなかったことで才能の有無について悩んだ夏生は桐谷に弟子入りを申し入れるも断られ、さらには小説に対する気持ちの甘さを指摘される。瑠衣の思いやりにも触れた夏生は1週間に1本の短編小説を執筆し桐谷には顧問としての指導を仰ぐことを決心した。単行本:7巻 - 8巻(第58話 - 第72話)、アニメ:12話瑠衣の佳作入賞祝いのために久々に藤井家に帰宅した陽菜であったが、夏生との義姉弟らしからぬ仲睦まじさに違和感を覚えた母から2人の関係について何もないことを確かめられた上に釘を刺されてしまう。これを受け夏生に対して「2人で遠くへ行きたい」と漏らした陽菜だったが、夏生はそんな陽菜のために日光旅行を計画する。旅行の中で陽菜は母とのやりとりを告白、夏生は2人の関係を認めてもらえるように早く1人前の小説家になることを決意した。しかしそんな中で、修学旅行に同伴していたカメラマンが撮影した写真の中に陽菜と夏生の関係を決定づける、部屋でキスをしあう二人の写真が見つかり、陽菜は校長らから2人の関係性を問い詰められる。陽菜は土下座をし、夏生との関係を問題としない代わりに自ら冬季休暇を機に他校へ異動することを申し出た。陽菜は夏生には一切このことを告げず、退任式後、夏生に会うことなく去ってしまう。その結果陽菜と夏生は事実上破局。陽菜の元の部屋に手紙は置いてあったものの、陽菜に直接別れを告げてもらえれなかった夏生は悲しみに暮れ引きこもってしまう。瑠衣、文哉の問いかけや「ラマン」のマスターの言葉もあり陽菜への思いを整理するために長編の小説を書くことを決意。再び数日部屋に閉じこもって執筆を続け、年が明けた1月1日の朝ついに小説が完成した。冬休みが明けしばらくして夏生は桐谷に呼び出され冬休み中に書いた長編小説が新虹社の文藝賞を受賞したことを告げられる。夏生は瑠衣にそのことを伝え、感謝の気持ちに何かプレゼントをしたいと申し出るが、瑠衣が提示したのは「明日1日言うことを聞いて欲しい」というものだった。それを受け入れた夏生は瑠衣の要求に応えその1日を終える。そしてその夜、瑠衣は夏生に対して「もう陽菜には遠慮しない」と宣言する。単行本:8巻 - 10巻(第73話 - 第85話)新学期が始まり、夏生は前述の瑠衣の宣言から徐々に瑠衣を意識するようになる。また、新入生の樺沢史乃、桜坂律、芝崎昴が文芸部の見学に参加。美雨は昴が数々の文芸賞を受賞している実力者であることを知っており、それを聞いた夏生は感心する。しかし、昴は数ある賞の中でももっとも栄誉があり、自身は何度も逃し続けている新虹社の文藝賞を受賞している夏生からの賞賛を素直に受け取ることが出来ず、夏生を敵視する。そして、夏生に対して「負けた方が執筆業を断念する」と言う条件で小説での対決を挑む。しかし結果は夏生の圧勝に終わり、夏生からの提案で昴の正式入部が決まった。昴は結果に納得していなかったが、それまでの夏生の努力と、顧問が自身が心酔する「蓮川要」であり、その顧問が夏生の作品を認めていることを知り、夏生に対する敵視は終わった。無事小説家への道を死守した夏生であったが、ある日陽菜の元交際相手である萩原柊と偶然再会、陽菜はもうすでに夏生のことは忘れていると伝えられる。それを聞いて小説家を目指す意味を失いかけた夏生であったが、「今度はあたしのために書いて」という瑠衣の言葉によって自分のためではなく読者のために小説を書くということを目標に創作意欲を取り戻したのであった。そのことについて、文哉に「いつもルイちゃんに助けられてんのな」と言われ瑠衣の存在の大きさに気づいた夏生は、瑠衣へお礼にとヘアゴムとヘアピンをプレゼント。また、アレックスとの勉強会を通して、自らが抱く瑠衣への気持ちが確実に大きなものになっていることを確信する。しかし夏生は、陽菜のときと同じ失敗を繰り返さないためにと意識的に瑠衣を遠ざけてしまう。しかし、失くしたヘアピンを探し夜遅くまで帰宅しなかった瑠衣の姿を目の当たりにし、瑠衣が抱く自分への強い想いを改めて痛感。結果的にその想いと向き合い受け入れることになった。単行本:10巻 - 12巻(第86話 - 第107話)文芸部員を始め、他の生徒たちが進路についての話題で盛り上がる中、大学には行かないと宣言したものの自分が何がしたいのか掴めずにいた瑠衣であったが、街で偶然実の父でフレンチレストランを営む幹本丈と再会、料理について熱弁する実父の影響から自分も料理人を目指すことを決意する。しかし、元夫がらみの件であるがために瑠衣の母はそれに反対、瑠衣も家を出てしまう。その後丈の店で寝泊まりしながら料理の修行を積み、やがて自分の料理で母を説得することを試みた。丈の弁明もあり母は態度を軟化、瑠衣の意志を受け入れた。夏休みに入ると、桐谷の小説が実写映画化する関係でその撮影見学を目的とする伊豆大島旅行が計画された。実は、そこは陽菜の赴任先であり、そのことを学校側から聞き出していた瑠衣は夏生にあえてそのことを教えずにいたが、夏生は偶然陽菜を目撃してしまい、「会ってほしくない、渡したくない」と懇願する瑠衣の制止を振り切り陽菜を訪ねる。しかし、萩原の言っていた通り、陽菜は既に夏生との関係を過去のものとして切り替えており夏生に対しても素っ気ない態度を取った。その事実に落胆した夏生は小説を書く手をも止めてしまう。それを見かねた担当編集者の蔦谷聡一郎は夏休みの間作家の桃源繁光の書生として活動することを勧めた。夏生はその過程で、取材によって自分の世界を広げるということを学び、桃源とともに訪れたキャバクラで知り合ったキャバクラ嬢の樹里(梅田百合)への取材を基に小説を書き進める中で、人の心の機微を描くことの面白さに気づいていく。単行本:12巻 - 13巻(第108話 - 第117話)夏休みが明けると最後の学園祭の時期となった。文芸部では前年に引き続き部誌の販売に併せて茶屋を開いた。大島での一件以降夏生と瑠衣との間には大きな溝が入ってしまい、学園祭でも夏生はももと、瑠衣はアレックスと行動を共にする。それぞれのペアでカップリングイベントに参加する過程で、ももとアレックスはそれぞれ夏生と瑠衣に改めて想いを打ち明け交際を求めるも成就せず。夏生は文芸部の部室でももに迫られる最中、瑠衣のカバンの中に大島で捨てられたと思われていたヘアピンとヘアゴムを発見。瑠衣への想いを再確認し告白、2人はようやく結ばれた。単行本:13巻 - 15巻(第118話 - 第137話)小説家を目指すことを理由に一時は大学受験をしないことも視野に入れていた夏生であったが、桃源や桐谷からの言葉に感化され大学を目指すことを決意。志望大を桐谷と同じ茗治大学の文学部とした。また、それと同時に予備校にも通い始めたため、瑠衣とも次第にすれ違いが生じるようになる。そのことに不満を持っていた瑠衣に対して申し訳なく感じた夏生は、付き合い始めた時に作った「家では“そういうこと”はしない」というルールを一夜限りで解禁、互いに初体験だったときと同じ口上で瑠衣を誘い、体を重ねた。予備校では同じクラスとなった椿姫愛里栖とライバル関係となり文字通り切磋琢磨したことで成績を急激に伸ばして行った。愛里栖は自らの醜貌故に卑屈な性格になっており、夏生はその原因となった愛里栖の幼馴染との関係を取り持った。クリスマスの日、夏生は文藝大賞の賞金を使って両親へ伊豆旅行をプレゼント、瑠衣と2人きりの環境を作った上で青森へ旅行を計画。旅行中には夏生との関係が初めての恋愛関係であるが故に抱く瑠衣の不安や不満を受け止め関係を再確認した。年末、瑠衣がイタリアへの料理留学へ旅立った一方で、1年ぶりに陽菜が帰宅。陽菜の帰宅を瑠衣に伝えるかどうかで悩む夏生はリビングで陽菜が母に教師を辞めることを相談しているところを聞いてしまい、自責の念に駆られる。愛里栖の助言もあり、陽菜に自分の想いを打ち明けた。センター試験が終わり、一定の手応えを感じた夏生は両親に春から一人暮らしをしたい旨を相談、快諾を得る。2月に行われた茗治大学文学部の入学試験も無事合格した。3月の合格発表時には茗大生の木梨まおに出会う。卒業式の日、律がももに告白し2人は交際関係に。夏生と瑠衣は卒業式後最後の制服デートに出かける。そのころ陽菜は教師生活最後の日を終え、伊豆大島での生活に別れを告げた。単行本:15巻 - 16巻(第138話 - 第153話)晴れて大学生となった夏生は登校初日、合格発表の日に出会ったまおと再会する。まおの勧誘により演劇サークル「フォレスター」の部室を訪れた夏生であったが、文芸サークルの誘惑にも逆らいきれずにいた。しかし、恩師である桐谷がフォレスターのOBであることを知ると、演劇の脚本担当という新たな挑戦への意欲を感じるようになりフォレスターへ入部、脚本担当として新人公演の脚本執筆を任されることとなった。また、成り行きでおとずれたピンクサロンで下宿先の隣人・葉月かすみと出会ったことをきっかけに葉月ともう1人の隣人・桑名とも親交を深めることになった。ある日、夏生が一人暮らしを始めて初のお泊まりデートに訪れていた瑠衣であったが、シャワーを浴びている最中に陽菜が夏生の部屋に上がり込んだ。陽菜は酒に酔った勢いで今まで押し殺していた夏生への愛を打ち明けそのまま寝込んでしまう。そのことに動揺した瑠衣は夏生の部屋には泊まらず、その後も夏生を徹底的に避けるようになった。そんな中、夏生はももと再会する。瑠衣から相談を受けていたももは瑠衣が「夏生の心変わりが怖い」という不安を抱いていることを伝えた上で、「瑠衣が離れるも離れないも夏生次第」とアドバイスした。それを受け夏生は、提出期限残り1週間に迫ったフォレスターの脚本制作を差し置いて、瑠衣との対話を求め毎日のようにレストランを訪れるようになる。それすらも避け続ける瑠衣であったが、ある日、雨でずぶ濡れになった夏生を発見、その姿から夏生の愛情を痛感し和解。「陽菜に俺たちの関係を打ち明けよう」という夏生の申し出に同調した。瑠衣の手伝いもあり無事脚本を仕上げた夏生は、ゴールデンウィークを利用したサークル合宿に参加する。しかし、新人公演の主演に配役された芹沢雅に脚本の内容について質問されるも即答できず、そのことから芹沢の怒りを買い、役を降りると宣言されてしまう。サークルの仲間と夜通しで脚本の詳細を練る中で、小説とは異なる演劇の面白さに気づいていった夏生は、芹沢を説得することにも成功。無事合宿を終えたのであった。単行本:16巻 - 18巻(第154話 - 第174話)合宿後、藤井家では陽菜の再就職祝いを兼ねてハイキングに出かける。しかし、その夜、嵐の中で迷子になった夏生と陽菜は小さな小屋で夜を過ごすことになってしまう。その中で、陽菜は改めて夏生への気持ちを見直しあくまで姉として夏生を愛していくことを決心するのであった。一方の瑠衣は自分の知らないところで一夜を過ごした2人の関係性に疑心を抱いてしまう。夏生は芹沢らとの切磋琢磨を経て、フォレスターの新人公演を大成功に導いた。その一方で、夏生、陽菜と和解したものの依然として夏生との関係に悩む瑠衣はレストランでの包丁仕事中に気を散らしてしまい、手に数針縫う大怪我を負ってしまう。公演の打ち上げ中に瑠衣の怪我を報せ受けた夏生は瑠衣の元へ直行し、心身ともに瑠衣の支えとなることを決意するが、その夏生に対して瑠衣はお互いに依存するのではなく人として自立しなければならないことを提言する。仕事復帰へ向けて動き出した瑠衣は、自身の代理として新たに店に加入した同い年の料理人・梶田時弥と出会う。知り合った当初こそ険悪な雰囲気であったものの、仕事復帰後ともに料理に向き合う中で徐々に信頼関係を築いていくのであった。そんな中、陽菜にお見合い話が持ち上がる。相手は都樹子の取引先の息子で、一流企業に勤める種部健悟であるという。お見合い自体には乗り気になれず曖昧な回答に留めていた陽菜であったが、ある日職場で偶然種部と遭遇、その場で食事に誘われたのをきっかけに食事やパーティなどに誘われるなど交流を深めていく。この方が自然だと自分に言い聞かせながらも、陽菜は夏生に対する気持ちを忘れられずにいるのだった。単行本:19巻 - 21巻(第175話 - 第198話)デートを重ねるうち、次第に独善的な一面を垣間見せ始め身勝手な振る舞いをするようになる種部に対し、不安を抱くようになった陽菜は種部からの結婚を前提とした交際の申し込みを断ってしまうが、それを機に種部からの嫌がらせに悩まされることとなる。小説家としてあるいは料理人としての道を歩み出した夏生や瑠衣を巻き込むまいと誰にも相談することなく、種部からの嫌がらせに1人耐え続ける陽菜であったが、種部の行為は次第にエスカレートし本格的なストーカー行為にまで及び、遂には警察沙汰にまで発展。事態は収束したかに見えたが、警察の登場によって激昂した種部はある日、夏生との待ち合わせに向かう陽菜を刃物で襲う。電話口にて陽菜の危険を察知した夏生は、陽菜を庇って刺されてしまうのだった。意識不明の重体に陥った夏生であったが、精神世界での亡き母・純との邂逅を経て「まだみんなと一緒にいたい」と生きる道を選択、無事意識を取り戻す。夏生は見舞いに訪れた蔦谷と桃源に新しい小説の題材にかねてより興味のあった犯罪心理を選ぶことを伝えるのだった。それに対して、陽菜は夏生に起こった事態について自責の念に駆られるとともに薄めていくべき夏生の存在が自分にとってますます大きなものになってしまったことに悩み、瑠衣は「夏生が命をかけて陽菜を守った」ということについて2人の関係こそが「運命」なのではと思い悩む。自身の幸せに一旦目をつむって人生をかけて夏生を支えることを決意して献身的に夏生の入院生活を支える陽菜に対し、夏生らと距離を置き続ける瑠衣であったが、梶田からの「美味いものを作って相手が喜んでくれればそれでいい」というアドバイスを受けて再び2人でいることの幸せを実感する。そんな瑠衣に、店の規模拡大に向けたニューヨーク研修の話が舞い込む。これを受けた瑠衣は「最低1年間」という長期間の研修であることに対して難色を示す。瑠衣は、退院した夏生の下宿を訪れニューヨーク研修について悩んでいることを打ち明けるが、夏生の力強い後押しもありニューヨーク行きを決意。新人公演を機に夏生に想いを寄せ始めていた芹沢の乱入があったものの、陽菜に対しても不在中の不安を伝えた上で、夏生とともに旅立ち前の思い出巡りに向かうのであった。単行本:21巻 - (第199話 - )夏生は小説執筆のための取材として、拘置所の種部や過去の殺人事件の被害者遺族の元を訪れる。桃源から被害者と加害者両者の想いに寄り添わなくてはならない大変な作業であるという忠告を受けながらも約1ヶ月の執筆を経て原稿を完成させる。夏生は陽菜に対して執筆を支えてくれた感謝と取材対象としてしまったことに対する謝罪を述べ、小説のヒット祈願を行い絆を確かめ合うのだった。そして、小説の発売日、夏生は自身の小説が「傷害事件の被害者大学生が描く短編集」として売り出させれていることを知る。事件のことは内密にしておくとの約束のもとでの小説化であっただけに、担当編集者である蔦谷に問い質すと出版社の上層部が決めたことだという説明を受ける。事件の話題性もあって小説は出版社史上でもトップクラスの売れ行きを記録するが、ネット上の一部では「姉に美人局をさせた自作自演被害者」などと根も葉もない中傷が出回っており仄かに炎上状態となってしまっていた。フォレストの仲間や被害者遺族の読者などから掛けられる暖かい賛辞にホッとした様子を見せる夏生であったが、「傷は浅くない」と分析する陽菜は瑠衣の頼みもあって家族旅行を計画。その折、陽菜は「戻ってこなければ」と後悔の念を打ち明けるが、夏生はそれを制止し「辛いこと=マイナスなことではない」と陽菜を元気付ける。そして以前チケット貰っていた芹沢出演の舞台観劇に陽菜を誘った。舞台当日、上演後芹沢の楽屋を訪れた夏生に対して、芹沢は一方的にキスする。夏生は帰宅後瑠衣から届いたクリスマスプレゼントを見て、芹沢に対して曖昧な態度を取り続けてしまっていたことを自責する。こうして、短期間のうちに精神的負担が積み重なった末に夏生は小説が書けなくなってしまう。梶田とのペアで結果を残す瑠衣に対し、突如として訪れた大スランプに悩む夏生は劣等感や心配をかけたくないという思いから瑠衣はおろか陽菜にすら相談することができずにいた。元文芸部のメンバーで食事会を催すも、瑠衣とのスカイプをきっかけに「今度瑠衣がデートする」という情報を得てしまう。不安とモヤモヤで耐えられなくなった夏生は、遂に芹沢を呼び出し会う約束をしてしまうのだった。身支度を整え家を出ようとしたとき、瑠衣が目の前に現れる。「デートする」というのは「日本に帰国して夏生と会う」の婉曲表現であり夏生へのサプライズだったのだ。大量の食材を抱え目を輝かせる瑠衣とは裏腹に夏生は戸惑いを隠せない。その様子を怪訝に思った瑠衣は、夏生が芹沢と約束をしていたこと、自分の知らない相談ごとを抱えていたことを知り夏生を責めるが、夏生も梶田を部屋にあげていた瑠衣を責めるのだった。部屋を飛び出した瑠衣は、突然約束をキャンセルにされたことが心配になり夏生を訪ねてきた芹沢と鉢合わせる。芹沢に対して一方的に口撃する瑠衣であったが、芹沢から夏生が小説を書けなくなっていることを知らされ、重大な悩み事を自分に言わないまま芹沢に相談していたことに嫉妬した瑠衣はその場を去る。「ラマン」にて、夏生と喧嘩したこと、つい嫉妬してしまう自身の器の小ささを嘆く瑠衣に対しマスターは「それは『好き』というより『執着』に近い」「気をつけないと感情は違う方向へ向かってしまう」とアドバイスする。気まずいまま実家に集まった2人はそのまま夜を迎えるが、瑠衣が夏生の部屋を訪れ互いに謝罪の言葉を口にし、固く抱擁して互いの愛を確かめ会うのであった。アメリカへの出発の日、瑠衣はバレンタインチョコレートを夏生に手渡す。改めてキスを交わす2人だったが、瑠衣は夏生に対し「別れよう、あたしたち」と別れを告げるのであった。

引用:Wikipedia
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
レンタル
レンタル
31日間無料
今すぐ見る
music.jp公式サイト
music.jp
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る
TSUTAYA TV公式サイト
TSUTAYA TV
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年4月14日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ドメスティックな彼女の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『ドメスティックな彼女』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『ここであたしと、してくんない?』
夏生は友達に誘われた合コンで出会った瑠衣と初体験をしてしまう。なりゆきでしてしまったことに高揚しながらも、好きな人のことを諦めきれずにいた。そんなある日、父の再婚相手の家族が訪ねてきて・・・。 「藤井さんのお子さんって、藤井くんだったの!?」
第2話 『もしかして、しちゃった?』
陽菜へキスしようとしていたのを瑠衣に目撃された夏生。そんな中、夏生の通う赤森高校に瑠衣が転校してきた。転校初日で早くも孤立し始めていた瑠衣のために友達作りの手伝いをすることに・・・。 「ねぇねぇルイちゃん。休みの日とか、何してんのぉ?」
第3話 『やっぱり、ホントなんですか?』
陽菜が泣いて帰ってきたことを、喫茶店「ラマン」で働く親友・文哉に相談に行く夏生。その後偶然陽菜を見つけてしまった夏生は、陽菜に”あること”を聞きに行く、、、。 「えっ。ちょっ、、、、、、まさか、、、、、、!」
第4話 『どうなの、君は?』
夏生と瑠衣は、文哉とともに陽菜を別れさせようと行動に出る。尾行を続けても、なかなかうまく行かず困っていると、喫茶店「ラマン」に偶然にも陽菜が不倫相手と現れ・・・。 「先生と、、、、、、っ! 別れてください!」
第5話 『好きになってもいい?』
家族に元気が戻ってきたある日、瑠衣は男ったらしとの噂がある柏原ももから手作りのぬいぐるみをもらう。どこか憎めないももと仲良くなっていく瑠衣。そんなとき、偶然出会った夏生にももがときめいてしまい・・・。 「ナツオくんて彼女いるのかなぁ、、、。」
目次に戻る

『ドメスティックな彼女』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『今ここでキスしてみなさい』
瑠衣の部活見学に同行する夏生。文芸部室で見つけた本を無断で借りてしまう。翌日、こっそり本を返そうとするも、文芸部室で顧問の桐谷と部長・葦原美雨に、勝手に本を持ち出したことがバレてしまい・・・。 「今、何してたんスか、、、、、、?」
第7話 『付き合うって、こういうことだよ』
迷惑をかけたお詫びにと陽菜とドライブに出かけることになった夏生。デート気分を味わう夏生であったが、陽菜と柊の出会いの話を聞くことになり・・・。 「そう、思ってたのよ、、、、、、。」
第8話 『大人じゃなくていいです』
夏休みに入り、部誌の参考用の小説を借りに部室へ行った夏生は、校内で自転車に乗った転校生・アルと仲良くなった。帰り道、下着泥棒と遭遇し2人で協力して捕まえようとするが・・・。 「そりゃー、向こうではもうウッハウハでしたから。」
第9話 『そんなこと、言わないで?』
陽菜が引っ越しを決めたのは自分のせいだと落ち込む瑠衣。気分転換にと出かけた本屋で桐谷とかつての陽菜の交際相手・柊と遭遇する。以前と雰囲気が変わった柊に陽菜の引っ越しについて相談をするが・・・。 「あんた、いい男になったじゃない、、、!」
第10話 『うそつき……っ』
文化祭が終わり、しばらく休んでいる桐谷のお見舞いに赴く夏生たち。そこで桐谷の教師ではない”とある秘密”を知ってしまう。夏生たちは桐谷から、部誌の小説を文芸誌の新人賞へ応募することを提案され、、、。 「彼女とかじゃなくてよかったね。」
目次に戻る

『ドメスティックな彼女』の無料作品情報(第11話 ~ 第12話)

話数タイトル検索
第11話 『ホントにいいの?』
夏生の陽菜への気持ちを知り、「嫌いになる」宣言をする瑠衣。修学旅行の準備に沸く中、新人賞を文芸部員が受賞したとの知らせが届いた。祝福ムードの中、夏生はある決意を胸に桐谷のもとを訪ねる・・・。 「もう、、、怒ってない?」
第12話 『ごめんね。愛してる』
全ての罪をひとりで引き受けようと夏生にも話さずに異動を決める陽菜。慌てて陽菜に確かめようとする夏生であったが、陽菜の部屋はもぬけの殻だった・・・。 「たくさんの思い出をありがとう。」
目次に戻る