虹色デイズ

虹色デイズの基本情報
放送日2016年6月26日
話数24話
監督大久保富彦
脚本伊丹あき
放送局TOKYO MX、YTVほか
原作水野美波
制作プロダクション リード

虹色デイズのあらすじ/内容

クリスマス直前、羽柴夏樹は彼女の小林百合とのデートを控えていた。だが、夏樹の友人の松永智也と片倉恵一は入店したファーストフード店で偶然百合を見掛け、本性を知ってしまう。智也と恵一は夏樹に警告するも、夏樹はこれに納得せず、夏樹は智也と喧嘩してしまう。だが、デート当日にホテルのレストランでの食事や高級な物品を強請られ、それを断った夏樹は百合に振られる。落ち込んでいた中、ティッシュを配っていた小早川杏奈からティッシュを貰う。夏樹は、これに対して当初は百合に渡すはずだったマフラーを杏奈に渡してその場を去り、道中で智也と恵一に遭遇する。智也は付き合っていた女子全員に遊ばれ、恵一も物足りなくなったことを理由に振られていた。夏樹と智也は和解しその後は三人でクリスマスを過ごす。そして、終業式の日に夏樹は杏奈を校内で見掛ける。また、直江剛には彼女が出来ていた。ある日、夏樹は担任の片倉優二の手伝いの最中に眠る杏奈を見る。その後、立ち寄ったカラオケ店で従業員として働く杏奈と再会する。対応こそ無愛想だったものの、名前を覚えていたことに嬉しさを感じ、杏奈を好きになる。翌日、夏樹は杏奈からマフラーを還されるが、その時に一緒にいた筒井まりは夏樹を「キモい」と一蹴する。夏樹達は夏樹の中学時代の先輩であった今川と再会する。しかし、夏樹にとって今川はトラウマの元凶だった。今川はテニスをしていた真田泰蔵たちから奪ったラケットでテニスを楽しんでいた。ラケットの返還を望む泰蔵達に対し、今川は「自分に勝てばラケットを返す、負けたら下僕になれ」と交換条件を持ち掛け、勝負するも恵一・夏樹の二人に負けてしまう。夏樹は、バスケ部員の望月渉が杏奈に好意を寄せていると知り落ち込む。まりも望月が杏奈に親しくするのを快く思っていなかった。ある日、夏樹、杏奈、望月、まりの4人で昼食を共にした際に夏樹とまりは望月のペースに翻弄されたあげく、夏樹がまりに好意を寄せていると勘違いされる。その後、夏樹は杏奈に事情を話して誤解を解き、更に昼食を共にする約束もする。この時、夏樹は杏奈に対する好意を深め、ライバルが誰であろうと負けずに戦うと決意する。恵一は、普段養護教諭をしている女性教師の代理として勤務している里見に好意を寄せるようになる。だが、里見と親しくしているところを優二に見つかり、更には里見を諦めるよう釘を刺されたためこれに反発する。その翌日、恵一は里見への告白を決意する。なおも止めようとする優二に対して恵一を止めないよう懇願する夏樹たちに、優二は里見が元プロの女王であり、恵一とは根本的に合わないために止めようとしていたことを明かす。その頃、恵一は里見に告白するが、里見に「恵一みたいな可愛いオス豚が欲しかった」と打ち明けられ、手枷を嵌められる。その姿に恵一は恐怖に震えてしまい、里見にMになったら出直すように諭される。夏樹はトイレ内の美化点検中に有馬次郎と名乗る幽霊に杏奈に似た女性の写真を見せられこの子に会いたいと言われそのままとり憑かれる。憑依後、夏樹の変化ぶりに皆は困惑するも、剛は学校七不思議のひとつであるトイレの次郎くんに取り憑かれたのではないかと疑う。その後、智也や恵一たちは夏樹の体に憑依した次郎に対して成仏するよう要求する。次郎はさおりとデートすることを条件に夏樹の体から出ると約束し、念願の逢引を果たすことになる。逢引の最中、剛はオカルト研究部の部員から石張霊園に行けば成仏できるかもしれないという情報を掴み、杏奈は次郎を霊園へと連れていく。その道中、次郎は杏奈がケーキを好んでいた事からさおりの生まれ変わりでないことに気付いたが、それでも過ごした時間は楽しかったと打ち明ける。そして霊園に着くなり次郎は杏奈に抱きつきキスをしようとするがその直前で夏樹は体を取り戻し、杏奈に殴ってもらうことで追い出そうとするも、殴る訳にもいかないと考えた杏奈は夏樹の額にキスをする。これに観念した次郎はこれ以上未練を残さないためにも夏樹の体から離れる。だが、その際に夏樹は次郎から「ときめき過ぎじゃない」と指摘される。学校では球技大会が行われており、まりは苦手なバスケットボールの補欠として出場予定だったため意気消沈していた。智也はリナと再会しキスしかけたところをまりに見つかり、同じくこれを目撃した杏奈からも「遊び目的で付き合うならやめて欲しい」と忠告される。だが、智也は試合中に脳震盪で倒れたまりの見舞いに訪れ、まりに対して電話越しに自分の想いを伝える。クリスマス・イヴの日、夏樹は杏奈とのデートを楽しんでいたが、杏奈は用事ができたことを理由に途中で抜け出す。これに対して夏樹は不安に襲われる。そして、プレゼントを持って戻ってきた杏奈に告白しキスをするがその直後に倒れ込む。倒れてしまった夏樹は智也と恵一によって介抱されたものの、夏樹は倒れる直前の事を覚えていなかった。一方、杏奈はキスされて以降、複雑な思いを抱えていた。それ故、夏樹に対しそっけなく接していたが、散々悩みあぐねた末に夏樹に恋心を抱いていることを自覚する。希美は、恵一を呼び出してバレンタインのチョコレートを渡し、青諒高校に入学することを伝えるが恵一にあしらわれ、振られたと確信するも、恵一への想いは強まっていた。夏樹たちは3年に進級し、恵一を追って希美も入学してくる。夏樹たちは2年前の出来事を振り返っていた。高校に入学後、夏樹は親しい知り合いがいないという状況下で友達が出来ずに悩んでいた中、宿泊研修の時期に近付く。くじ引きで決められた班決めでは、チャラい見た目の智也、担任の優二を睨みつけていた恵一、そして話しかけづらい雰囲気持つ剛の3人と同じ班になり、その3人に押し付けられる形で夏樹は班長になる。研修では喧嘩や単独行動などで班が中々纏まらずに夏樹は悩む。翌日も喧嘩や単独行動などは続き、夏樹はそのことを担任教師にも咎められる。しかし、その後も喧嘩を続ける3人に耐えきれなくなった夏樹は泣き出してしまう。その姿に3人はこれまでの態度を見直し、お互い本音を打ち明けて和解する。そして、夏樹に「ボス」というあだ名が付いた。そして、3年生は修学旅行の時期に近づく。望月は杏奈に告白することを計画し、夏樹に対して邪魔をしないでほしいと釘を刺す。夏樹もこれに対して焦り始める。修学旅行1日目。一行は大阪を訪れる。しかし、夏樹の所属する3組と杏奈たちの所属する5組では行動日程が異なっており接触出来なかったため夏樹は落ち込む。一方、望月はまりの妨害に遭いながらも2人で過ごす時間を確保しようと努力していた。修学旅行2日目、一行は大阪から京都に移動する。望月は、楽しそうにする夏樹を見て告白する決意が揺らぎ始めていた。また、杏奈が自分を見ていないことに時々虚しさも感じていたが、クラスメイトの筧に励まされ、告白を改めて決意し、筧協力のもと、杏奈と二人で過ごす時間を確保することに成功し、杏奈へ告白する。望月から告白された杏奈は、初めて告白されたこともありどう対応すればよいか分からないでいたが、望月に「正直に好きかどうか」答えるように求められる。しかし、それによって望月を傷つけてしまいかねないと気付いた杏奈は返事に苦慮した末に、友達やクラスメイトとして好きと結論を出し、望月の告白を断る。当初から振られる事を前提に告白した望月はこれに納得するが、杏奈は望月への罪悪感に苛まれ涙する。清水寺で杏奈と待ち合わせていた夏樹は杏奈に連絡を取ろうとするも、距離を置かれる。旅館に戻った夏樹はまりに呼び出され、杏奈に対する好意を見抜かれる。まりは、自分が告白するから夏樹には告白を待っていて欲しいことと、杏奈を1番大切にすることを約束させる。修学旅行最終日、杏奈は体調が優れず旅館で待機していたが次第に回復し、旅館から出ようとしたところで見舞いに訪れた夏樹と遭う。だが、お互い蟠りを残したまま修学旅行は終わる。望月は、泰蔵の提案で行った合コンを通して「恋は目で見ず、心で見る」という言葉を思い出し、それは杏奈の事だったのかもしれないと振り返り、そのような恋に再び巡り会うまではこのままでいいのかもしれないと納得し、杏奈への想いに踏ん切りをつける。まりは杏奈への告白を決意し、涙ながらに杏奈を独占したいほど好きで、そのために周りの人間に辛辣に当たっていた事や杏奈から離れたくなかったと打ち明ける。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

虹色デイズの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。