アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-の基本情報
放送日2016年3月24日
話数12話
監督秋田谷典昭
脚本荒川稔久
放送局TOKYO MXほか
原作創通、フィールズフライングドッグ
制作プロダクションアイムズ

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-のあらすじ/内容

2035年の東京。第三次流砂現象によって泥に沈んだ東部の復興が進むそこで、パワードスーツ「ウィルウェア」を用いた凶悪犯罪に対処すべく、警察庁警備局は吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係、通称「ダイハチ」を新設した。ダイハチのメンバーは、さまざまな法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で対処していく。こうしてダイハチは数々の事件を解決していくが、それらの裏には日本社会に混乱を起こそうと画策する犯罪集団「ロゴス」の存在があった。やがてダイハチの捜査で判明したロゴスの正体は少年・ミュトスを中心とする少数だったが、インターネットを介して暗躍する彼の手腕は、ダイハチはおろか日本の政治基盤やライフラインすら手玉に取るものであり、一時は事態を危惧した諸外国による軍事介入すら危ぶまれる事態にまで発展する。しかし、ミュトスの悲惨な過去を知ったダイハチによる尽力や、清濁併せ呑む日本政府による超法規的措置もあり、ミュトスが投降して事態は収拾する。サミット開催に向けた「宇宙エレベータープロジェクト」が急ピッチで進む東京。ダイハチはロゴスによるテロから日本を救ったことで、今や日本中の注目を集める存在となっていた。しかし、ウィルウェアを悪用した犯罪は、その後も無くならない。円やあさみが去ったものの一癖のある新メンバーを迎えた黒騎たちダイハチの面々は、今日も知恵と勇気と口八丁、そして新たに成立した民間警察の協力を得て、凶悪事件に挑む。やがてダイハチは事件を解決していく中、それらの裏で超法規的措置によって海外に逃亡していたロゴスのメンバーであるバ-ドこと八条と、彼と手を組んでいた東京都知事にしてダイハチの旧知でもある稲城が暗躍していることを突き止める。一時は証拠不十分で逮捕をまぬがれた稲城は、サミットの際にダイハチに協力したミュトスによって過去の犯罪を暴露され、逮捕される。その直後、八条によって爆薬を搭載された人工衛星が軌道を外れ、関東地区を標的としたテロが行われる。しかし、ダイハチや統合自衛隊、民間などの総力を結集した決死の作戦によって人工衛星は破壊され、その隙に逃亡を図った八条も逮捕され、事態は収拾する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。