伝説巨神イデオン

伝説巨神イデオンの基本情報
放送日1981年1月30日
話数39話
監督富野喜幸(総監督)、滝沢敏文
原作矢立肇、富野喜幸
制作日本サンライズ

伝説巨神イデオンのあらすじ/内容

西暦2300年。地球人類が外宇宙へ移民を開始して50年経過した遠い未来。地球人は2年前から移民を行っていたアンドロメダ星雲の植民星A-7・ソロ星で、異星人文明の遺跡を発掘。地球人類が外宇宙に進出して出会った6度目の異星人であることから、「第6文明人」と呼称された。一方その時、伝説の無限エネルギー「イデ」の探索のために、「ロゴ・ダウ」(=ソロ星)を訪れた異星人バッフ・クランと、地球人の移民が接触。さらに、無思慮な行動で本隊より離れたバッフ・クランの貴人カララ・アジバを捜索に出た下級兵士の発砲と、両者の疑心暗鬼により武力衝突へと発展。第6文明人の遺跡は合体し、巨大人型メカ「イデオン」となった。主人公ユウキ・コスモらは戦いを終結するべく「戦意はない」ことを示すために白旗を上げるが、バッフ・クラン社会でのそれは「お前らを地上から抹殺する」という逆の意味だったため、事態はさらに悪化することとなる。地球人たちはイデオンで応戦しつつ、同じく発掘された宇宙船ソロ・シップに乗り込み宇宙へ逃れる。だが、その遺跡にこそバッフ・クランの探し求める無限力「イデ」が秘められており、カララを乗せたソロ・シップの脱出により、事態は局地紛争から星間戦争、そして最終的には人類対バッフ・クランの全面戦争へと突入してしまう。安住の地を求めソロ・シップは地球人側の移民星に逃げ込むが、無限エネルギー「イデ」を求めるバッフ・クラン側は執拗な追跡の手を休めない。劇中様々な人間模様が繰り広げられ、ソロ・シップは艦内に不和を抱えたまま宇宙を逃走し続けるが、次第に「イデ」の目覚めにより宇宙規模の異変が起こる。最後に「イデ」が発動し、人類とバッフ・クランの双方が滅亡する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

伝説巨神イデオンの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『復活のイデオン』
第2話 『ニューロピア炎上』
第3話 『激震の大地』
第4話 『ソロ星脱出せよ』
第5話 『無限力・イデ伝説』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『裏切りの白い旗』
第7話 『亜空間脱走』
第8話 『対決・大砂塵』
第9話 『燃える亜空間』
第10話 『奇襲・バジン作戦』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第11話 ~ 第15話)

話数タイトル検索
第11話 『追撃・遺跡の星』
第12話 『白刃の敵中突破』
第13話 『異星人を撃て』
第14話 『撃破・ドク戦法』
第15話 『イデオン奪回作戦』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第16話 ~ 第20話)

話数タイトル検索
第16話 『必殺のダミド戦法』
第17話 『激闘・猿人の星』
第18話 『アジアンの裏切り』
第19話 『ギャムス特攻指令』
第20話 『迫撃・双子の悪魔』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第21話 ~ 第25話)

話数タイトル検索
第21話 『敵戦艦を撃沈せよ』
第22話 『甦える伝説』
第23話 『戦慄・囮の星』
第24話 『潜入ゲリラを叩け』
第25話 『逆襲のイデオン』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第26話 ~ 第30話)

話数タイトル検索
第26話 『死闘・ゲルの恐怖』
第27話 『緊迫の月基地潜行』
第28話 『波導ガンの怒り』
第29話 『閃光の剣』
第30話 『捨て身の狙撃者』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第31話 ~ 第35話)

話数タイトル検索
第31話 『故郷(ふるさと)は燃えて』
第32話 『運命の炎のなかで』
第33話 『ワフト空域の賭け』
第34話 『流星おちる果て』
第35話 『暗黒からの浮上』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第36話 ~ 第40話)

話数タイトル検索
第36話 『さらばソロシップ』
第37話 『憎しみの植民星』
第38話 『宇宙の逃亡者』
第39話 『コスモスに君と』
第40話 『二つの地球最後の日』
目次に戻る

『伝説巨神イデオン』の無料作品情報(第41話 ~ 第43話)

話数タイトル検索
第41話 『因果はてなく』
第42話 『因果地平へ』
第43話 『コスモスに君と』
目次に戻る