すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年4月15日時点のものです。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDERの基本情報
放送日2015年12月18日
話数11話
監督神戸守
脚本渡辺雄介、雨宮まみ
放送局CX
原作森博嗣
制作A-1 Pictures
声優

すべてがFになる THE PERFECT INSIDERのあらすじ/内容

『すべてがFになる』(すべてがエフになる、The Perfect Insider)は、推理作家森博嗣のミステリー小説。第1回メフィスト賞(1996年)受賞作。S&Mシリーズの第1巻。森博嗣のデビュー作であるが、もともとはシリーズ第4作として構想された。デビュー作は派手なほうがよいとの編集部の意向により、第1巻として刊行された。当初は『すべてがFになる日』として執筆されたが、編集部の意見により最終的にこのタイトルに決定した。浅田寅ヲ作画による漫画化、KIDによるゲーム化もなされている。2014年10月から12月までテレビドラマが、2015年10月から12月までテレビアニメが放送された。2015年時点で講談社ノベルス版と講談社文庫版を合わせた累計発行部数は78万部。2016年時点でS&Mシリーズの長編は英訳されていないが、犀川&萌絵が登場する短編『石塔の屋根飾り』『どちらかが魔女』は、「The BBB」にて英訳されており、上記2作品を含む英語版短編集『Seven Stories』が刊行されている。

引用:Wikipedia
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
dアニメストア公式サイト
dアニメストア
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
TSUTAYA TV公式サイト
TSUTAYA TV
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年4月15日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDERの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『白い面会』
「私、真賀田研究所へ行ってきました」国立那古野大学の准教授・犀川創平は、恩師の娘であり、いまは那古野大学の学生の西之園萌絵が、天才プログラマ・真賀田四季博士と面談したと聞き驚きを隠せずにいた。その反応を見た萌絵は、犀川にある提案をする。
第2話 『蒼色の邂逅』
ゼミ合宿で、真賀田研究所がある妃真加島にやって来た犀川と萌絵たち。ゼミ生たちがキャンプの夜を楽しんでいる中、萌絵は犀川と研究所を訪れていた。研究所の副所長・山根は、四季と連絡が取れなくなっていることを二人に告げ、彼女の安否を確かめるため、十五年間四季の許可なく開けることのなかった四季の居室の扉を開けることを決意する。
第3話 『赤い魔法』
四季の部屋から出てきた死体に動揺を隠せない一同。何があったのか探ろうとするが、現場となった部屋は、完全な密室だったことから、謎は深まっていく。そんな中、研究所の所長で四季の叔父でもある新藤清二が四季の妹・未来を連れて研究所に戻ってきたことで、所内は新たな局面を迎える。
第4話 『虹色の過去』
ひとつ目の殺人に続いて、四季の叔父でもある新藤所長が殺害され、研究所内は混乱していた。ふたつの事件の犯人を特定しようと、犀川と萌絵たちは四季の部屋の捜索を始める。そこで発見したのは、奇妙な生活空間とミチルというロボット、そして“すべてがFになる”というメッセージだった。
第5話 『銀色の希望』
新藤所長の事件を調査する過程で、新藤の妻・裕見子との会話から、十五年前の四季による両親殺害の詳細と、四季に複数の人格が存在していたことを知った犀川と萌絵。二人は解決の糸口を見つけるべく四季の思考をトレースしようとする。その過程で、萌絵は自身の両親の事故という過去と直面することとなる。
目次に戻る

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『真紅の決意』
ふたつの事件の解決を見送り、キャンプに戻った犀川と萌絵だったが、頭の隅では推理をやめることはなかった。二人は研究所に戻り、事件の真相を明らかにすることを決意する。さっそく四季の部屋の再捜査をすると、そこには奇妙な符号が存在することを発見する。
第7話 『灰色の境界』
新藤がヘリで研究所に連れて来た、四季の妹・未来へ質問していた犀川は、幼少期から変わらない特異な四季の思考の一端に触れる。一方、萌絵は研究所スタッフ・島田の手引きで脳内イメージに入れるヴァーチャル装置を体験。その最中、“謎の声”からの質問で自ら封印していた自身の過去と向き合っていく。
第8話 『紫色の夜明け』
ヴァーチャル空間での体験を通し、自分の両親が亡くなったとき犀川がそばにいてくれたことを思い出し、心から感謝する萌絵。山根たちは、四季の部屋から死体が出てきて以来、エラーを起こしていた研究所のメインシステムのリセットを行う。停電する研究所、その闇の中で思考する犀川は遂に事件解決の糸口をつかむ。
第9話 『黄色の死角』
研究所のメインシステムが復旧し、島に警察官たちもやってきたが、捜査は依然として難航していた。そんな中、犀川は情報解析と推理、萌絵は得意の計算能力を生かし協力して真相に近づいていく。ついに犀川は、四季の部屋が完全な密室だったという前提を覆す証明を導き出し、犯人との対面に臨む――。
第10話 『紫苑色の真実』
明かされる事件の真相――、四季を殺害したのは部屋にいたもう一人の“四季”だった。ヴァーチャル空間での犯人との対面に臨む犀川と萌絵。二人は事件のトリックを解き明かしながら、その過程で真賀田四季という人間がいかに生きたのかを知る。
目次に戻る

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の無料作品情報(第11話 ~ 第11話)

話数タイトル検索
第11話 『無色の週末』
真賀田研究所での事件から時は経ち、犀川たちは日常生活に戻りつつあった。そんなある日、大学の図書館にいた犀川を四季が突然訪ねてくる。四季との邂逅後、煙に巻かれたような感覚になった犀川だったが、萌絵との久しぶりの二人きりの会話でいつもの調子を取り戻していく。一方四季は――。
目次に戻る