ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜

ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜の基本情報
作品名ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜
放送日2013年11月15日
話数1話
制作トムス・エンタテインメント

ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜のあらすじ/内容

オランダ・アムステルダム上空で多くの宝物を乗せた巨大飛行船で「シャハルタ共和国開国記念レセプションパーティー」が開催された。そこに現れたのは空賊たち。狙いは巨大飛行船に展示されている水晶。会場に潜り込んでいたルパンは老警備員に変装し、お宝を奪うために空賊と争奪戦になるが、女性空賊ユティカから宝の入ったバッグを奪い合った末、ルパンは誤って彼女の胸を触った為、平手打ちをされバッグごと飛行船から落下してしまう。その後、無事にパリのアジトに辿り着いたルパンだったが、宝と思っていたバッグの中身は赤ん坊のラームと空のケースだった。ルパン一世の遺した記録によると、クーデターにより共和国となったシャハルタには、王国だった時代の宝物が隠されているはずだった。真のお宝を手に入れるためにある策を思いついたルパンは、ラームを連れてイギリスやフランスなどの名だたる博物館をこれ見よがしに襲い始める。一方、シャハルタ共和国の総理大臣シオンと、シャハルタで生産されるヘリウムを独占的に扱っている多国籍企業の重役コーシャルはルパンを誘拐犯としてラームの救出を銭形警部に依頼していた。ルパンが誘拐するわけないと主張し、何か裏があることを感じながらも銭形は捜査を開始し、イタリア・ローマに現れたルパンを逮捕しようとするが、取り逃がされる。なんとか銭形を撒いたルパンと次元であったがそこで突然現れたユティカにラームを奪われ、さらにこの前の仕返しも兼ね、ルパンを痴漢に仕立てあげた。ラームを連れ、空賊のアジトに帰還したユティカであったが再び銭形を撒いたルパンと次元につけられた。その後、意気投合した彼らからラームは死んだ仲間の遺児で空賊たちは水晶と共に取り返そうとしていたということを聞かされ、空賊のリーダーのジーヴァはコーシャルによって奪われたシャハルタの“魂”を取り戻すために闘い続けてきたのだという。しかし、バナードの手引きを受けたコーシャルの部隊が現れ、王家の秘宝の内半分を奪われてしまう。ジーヴァはルパンにシャハルタのお宝を報酬にユティカを助けて欲しいと依頼し、妻のカーミラと共にルパンたちの逃亡の時間稼ぎと身内の裏切りの責任のためにアジトを自爆させた。アジトに戻ったルパン達は仲間を失って落ち込むユティカを励まし、シャハルタに向かい、奪われた王家の秘宝を取り返そうと城に侵入するが、そこでルパンはヘリウム抽出技術のパテント目的で潜入していた不二子、ユティカは自分そっくりのラーシャと出会う。2人は一卵性双生児の姉妹であると同時に、前シャハルタ王の遺児だった。そこに現れたコーシャルにユティカは捕らわれ、宝の在りかを見つけたルパンは彼女を救う為、その地図を渡すもシオンに撃たれ、重傷を負う。その様子を見た銭形はルパン達を救い、一時的に見逃すことにした。ユティカはカーミラに教わった治療法でルパンを救うことに成功した。ルパン一世の知り合いであるミスターGや死んだと思われたジーヴァ達の協力、ヴィラーに洗脳された不二子と次元もラームの活躍もあって正気を取り戻し、ヴィラーを撃破し彼らはシャハルタの宝物庫を見つけた。普段は地底に眠り、巨大な風船によって浮遊する事が出来る巨大な椀型をしており、歴史の動乱の中で埋もれたシャハルタの航空技術の産物だった。コーシャルとシオンの仲間割れの末、今回の全ての元凶であるコーシャルは乗り込んできた銭形に逮捕され、宝物庫は最終的にシオンの遺体と共に湖に墜落した。事件後、ルパンは祖父が残した手記に記された葡萄をかたどった宝飾が付いたコルク抜きが真のお目当ての品でコーシャルを逮捕した銭形といつもの追いかけっこをするのであった。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

シリーズ作品/関連アニメ作品