絶園のテンペスト

絶園のテンペストの基本情報
放送日2013年3月28日
話数24話
監督安藤真裕
脚本岡田麿里
放送局MBS
原作城平京、左有秀、彩崎廉
制作ボンズ

絶園のテンペストのあらすじ/内容

はじまりの樹に文明の利器を供物とすることで魔法を使う一族の長でもある魔法使いの姫君・鎖部 葉風は、はじまりの樹に対する意見の対立から姫を補佐すべき鎖部左門によって、魔法を使えない『絶海の孤島』に放逐された。数か月後、姫の遺体は白骨化した状態で左門らにより回収され、左門ははじまりの樹の復活を阻止すべく、一族を挙げての活動を開始する。やがて不破 真広は、ある日義妹不破 愛花が強盗に殺されるが、警察も犯人への情報を全く得られていない。そこに、生前に葉風の流したボトルメールに入った魔具(人形)を拾った真広は妹を殺害した犯人探索を魔法により行うため、葉風と魔具による通信の契約を交わして失踪する。愛花の秘密の恋人であり、真広の悪友である滝川 吉野は愛花の墓前で謎の美女・エヴァンジェリン山本に襲撃されたところを真広に救われるが、この時左門率いる鎖部一族の絶園の果実の収集によりその地域のほとんどの人は黒鉄病になり金属化してしまう。左門の活動を阻止したい葉風と、愛花殺害犯が鎖部一族の誰かと判った真広は吉野と共に、左門と直接対決に及ぶ。そこで葉風は過去にいてすでに死亡していることを確認し、葉風は現在では既に何もできない事に絶望し、真広は左門の協力を得ることで愛花殺害犯を突き止めようとする。吉野はまだ(過去において)生きている葉風を見捨てたくない思いから真広を銃で脅し、最終的に勝利し葉風を蘇らすが、はじまりの樹は用済みになった吉野・真広の両名を襲いかかり重傷を負わす。世界中ではじまりの樹が部分的に復活し、兵器、戦争地域などを中心に全人口の1/3がはじまりの木に飲まれたが、世界はひとまず平和になった。吉野の活躍で部分的に甦った始まりの木に、不審を思った葉風は吉野と共に各地の始まりの木を調べるが、葉風は吉野に恋心を抱いている事を自覚する。政府や軍を動かして左門の企みの阻止に動いていた早河 巧やその相棒の山本ははじまりの樹の部分復活後は左門らと協力・協議の上、吉野こそはじまりの樹の敵対者であり最大の敵絶園の魔法使い = 愛花殺害犯である疑いを持ち、その場合殺害する事を考え真広を魔法による昏睡から覚ます。愛花殺害犯がいまだ不明の真広も、葉風の復活は吉野がいなくても時間の問題であったこと、はじまりの樹を倒すためには葉風の協力(=葉風を支配)が必要なことなどから、吉野=絶園の魔法使い説に一理あることを認め、その場合の吉野殺害も是とする。そんな中、絶園の魔法使いを名乗る、気力・胆力その他諸々平均未満のフリーター青年羽村 めぐむが葉風と吉野の前に現れる。はじまりの樹、絶園の樹どちらが勝っても人類にとってまずい事が起こる可能性がある中、これまでの主要人物たちは誰かが悪意を持っている事を疑いつつも、良き道を探してある時は勝手にある時は協力して、思考実験と世界に影響を及ぼす行動を起こして行く。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

絶園のテンペストの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。