もしドラ

もしドラの基本情報
放送日2011年6月17日
話数10話
監督浜名孝行
脚本藤咲淳一
放送局NHK総合
原作岩崎夏海
制作Production I.G

もしドラのあらすじ/内容

川島みなみは東京都立程久保高校2年生。7月の半ばに、病に倒れた親友で幼なじみの宮田夕紀に頼まれ野球部のマネージャーを務めることになった。マネージャーになる際に、「野球部を甲子園に連れて行く」という目標を立てるが、監督や、幼なじみでキャッチャーの柏木次郎を始めとする部員らの反応はやはり冷めたものであった。事実、全国屈指の激戦区である西東京地区を勝ち抜くことは、現在の程高の実力では到底無理で、甲子園出場など夢のまた夢。さらに部内でも部員のやる気のなさや、監督の加地とエースピッチャー浅野との確執など問題が山積していた。だが、逆境になるほど闘志を燃やすタイプの彼女は、諦めるどころかやりがいを感じていた。まずはマネージャーのことを理解しようと、書店で「マネジメント」の本を探すみなみは、店員に薦められるままにドラッカーの『【エッセンシャル版】マネジメント〜基本と原則〜』を購入する。だが、それが起業家や経営者のための本だったことを知り、「確認してから買うんだった!」と後悔する羽目になったが、「せっかく2,100円も出して買ったんだし……」と気を取り直し、初めは参考程度に読み進めることにする。しかしその途中本文にあった「マネジメントに必要な唯一の資質は真摯さ」という言葉に衝撃を受け、なぜか号泣してしまう。その後、彼女はこの本の内容の多くが野球部の組織作りに応用できることに気付き、次第に夢中になっていく。こうして組織や団体、機関の管理者としてのマネージャーの資質、組織の定義付け、マーケティングやイノベーションの重要性など、『マネジメント』を通じて様々なことを学んだみなみは、自分が「マネージャー」となって野球部をマネジメントできないものかと考え、夕紀や加地、後輩マネージャーの文乃、同じく『マネジメント』を愛読している二階らに協力を仰ぎ、『マネジメント』で学んだことを野球部の運営に当てはめ、部をより良くしていく方策を次々と実践していく。『社会に対する貢献』を視野に入れた彼女のマネジメントは、野球部のみならず同校の柔道部や家庭科部等、程高の他のクラブにも好影響を与えていく。程高野球部が打ち出した「ノーバント・ノーボール」作戦は、後に高校野球にイノベーションを起こし、「程高伝説」と呼ばれるまでになる。西東京地区予選を破竹の快進撃で決勝まで上り詰め、甲子園にリーチをかけた程高野球部。しかし決勝戦を前に、突然の悲劇がみなみを襲う。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

もしドラの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『もしドラ』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『もっと「もしドラ!」〜アニメでわかるドラッカー〜』
第2話 『みなみは『マネジメント』と出会った』
第3話 『みなみはマーケティングに取り組んだ』
第4話 『みなみは人の強みを生かそうとした』
第5話 『みなみはイノベーションに取り組んだ』
目次に戻る

『もしドラ』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『みなみは過去の高校野球を捨てた』
第7話 『みなみは戦略と現状について考えた』
第8話 『みなみは成果について考えた』
第9話 『みなみはマネジメントのあるべき姿について考えた』
第10話 『みなみは大切なものをなくした』
目次に戻る

『もしドラ』の無料作品情報(第11話 ~ 第11話)

話数タイトル検索
第11話 『みなみは高校野球に感動した』
目次に戻る