大正野球娘。

大正野球娘。の基本情報
放送日2009年9月24日
話数12話
監督池端隆史
脚本池端隆史
放送局TBS
制作J.C.STAFF

大正野球娘。のあらすじ/内容

時は1925年(大正14年)。東邦星華高等女学院に通う鈴川小梅は親友である小笠原晶子の誘いで野球を始めることになった。きっかけは晶子の許婚である岩崎荘介が晶子に対して発した何気ない一言にあり、それは「女性に学歴など不要」で「主婦として家庭に入るべき」との、当時の社会ではごく一般的な考え方であったが、内心これに反発した晶子は態度を硬化させ、許婚が打ち込む野球でもって彼の鼻を明かしてやり、旧態依然とした認識を改めさせようと思い立つ。小梅もまた晶子の気持ちを知って共感し、その目標に賛同したのであったが、誘った晶子ともども野球のルールなどまるで知らなかった。加えて、野球を始めるにあたって必要な9人のメンバーを集めることすら難しく、あの手この手で奔走することとなった。何とか9人が揃い、アメリカ人女性の英語教師・アンナ先生を監督に迎えて、ようやく結成なったチームであったが、学校側は生徒が“女だてらに”野球をすることを表立っては認めたがらない。そこでこれに配慮してチーム名は、新たな時代を見据えて優れた西欧(西歐)文化を吸収するとの建前の下「歐化(おうか)」に掛けられ、「櫻花會(おうか-かい)」と決められた。そして晶子と小梅は、岩崎が所属する朝香中学の野球部に勝負を挑み、打ち負かして見返すことを目標に、また二人とメンバーの少女達は、何より自分達の青春の充実のため、ひたむきに野球に打ち込み始めるのであった。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

大正野球娘。の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『大正野球娘。』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『男子がすなるという、あれ』
第2話 『春の長日を恋ひ暮らし』
第3話 『娘九つの場を占めて』
第4話 『これから』
第5話 『花や蝶やと駆ける日々』
目次に戻る

『大正野球娘。』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『球は広野(ひろの)を飛び回る』
第7話 『麻布八景娘戯 (あざぶばっけいむすめのたわむれ)』
第8話 『麻布の星』
第9話 『誤解の多い料理店』
第10話 『私は何をする人ぞ』
目次に戻る

『大正野球娘。』の無料作品情報(第11話 ~ 第12話)

話数タイトル検索
第11話 『そゞろに胸の打ち騒ぐ』
第12話 『土と埃にまみれます』
目次に戻る