青い花

青い花の基本情報
放送日2009年9月9日
話数11話
制作J.C.STAFF

青い花のあらすじ/内容

江ノ電沿線の女子高「松岡女子高等学校」に入学した万城目ふみは、入学式の日に同じく江ノ電沿線のお嬢様学校「藤が谷女学院」に入学した幼なじみの奥平あきらと10年ぶりに再会し、一緒に登校するようになる。失恋を思い出し涙目となるふみちゃんに、あーちゃんはハンカチを差し出す。「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」10年前と全く同じセリフであった。ふみは、先輩の杉本恭己と出会い、交際を始める。恭己には、藤が谷から松岡に転入したという経緯があった。あきらと井汲京子は演劇部に入部する。6月の藤が谷演劇祭に、恭己は客演として呼ばれ、『嵐が丘』のヒースクリフを演じることになる。その過程で、ふみは恭己の心に触れ、二人はうまくいかず、破局する。恭己とふみが別れたことは、あきらと京子も知るところとなる。京子は恭己に恋愛感情を抱いていた。夏休み、ふみやあきら達は、京子に呼ばれて清里の別荘に出かける。あきらは、澤乃井康が許嫁の京子を心から愛していることを知る。秋には江ノ島で、各務先生と杉本和佐の結婚式が挙げられ、恭己の恋は完全に終わる。ふみちゃんは、自分の初恋はあーちゃんだったのだと認め、今改めてあーちゃんが好きと自覚する。恭己は松岡を卒業し、イギリスに留学する。あーちゃんがふみちゃんを意識し始めるようになる。藤が谷演劇部は、大野春花ら新メンバーを迎える。演劇祭の題目は『鹿鳴館』、主演は京子、あきらも舞台に上がる。舞台の京子は、役に自分の家庭環境を重ねる。ふみちゃんがあーちゃんに正式に恋愛感情を告白する。夏休み、ふみやあきら達は、春花に呼ばれて箱根の老舗旅館に出かける。あきらもふみも、自分の心に整理がつかず思い悩むが、あきらが正式に返答し、ふみちゃんとあーちゃんの二人は交際を始める。ふみはあきらにはっきり伝える「私の好きは、性愛なの」。あきらは演劇部の部長となる。京子は恭己への想いや家庭の問題に整理をつけ、康と結ばれる。ふみの同性愛を聞いた友人が、シナリオを書き、それを読んだふみは己の恋を重ねて思い悩む。ふみが松岡修学旅行で長崎に行っている間に、あきらは藤が谷演劇祭『三銃士』の準備に忙しい。秋、藤が谷修学旅行先のイギリスにて、あきらは恭己と再会し、今ふみと交際していることを伝える。それによって、あきらは「かつて非難した、いい加減な気持ちでふみと交際していた恭己と、自分が全く同じことをしている」という矛盾に気づき、揺れ動く。あきらが別れを切り出し、あーちゃんとふみちゃんの二人は破局する。卒業式。ふみちゃんはまだあーちゃんのことが好きであった。あーちゃんも、ふみちゃんが好きだが、それは……。あきらは、あーちゃんとふみちゃんに呪いの言葉をかける「答えが出せるまで一人で考えさせてね」。進路が別れた二人は、疎遠となる。成人後、京子と康の結婚式に、高校時代の友人たちが勢揃いする。あーちゃんはふみちゃんにかつての答えを返す「ふみちゃんが好き」。ふみちゃんの涙を、あーちゃんが拭う。「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

青い花の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『青い花』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『花物語』
第2話 『春の嵐』
第3話 『朝目覚めては』
第4話 『青春は美わし』
第5話 『嵐が丘(前編)』
目次に戻る

『青い花』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『嵐が丘(後編)』
第7話 『若葉のころ』
第8話 『恋は盲目』
第9話 『夏の夜の夢』
第10話 『幸福の王子』
目次に戻る

『青い花』の無料作品情報(第11話 ~ 第11話)

話数タイトル検索
第11話 『冬の花火』
目次に戻る