07-GHOST

07-GHOSTの基本情報
放送日2009年9月21日
話数25話
監督高本宣弘
脚本高橋ナツコ
放送局YTV
原作雨宮由樹/市原ゆき乃
制作スタジオディーン

07-GHOSTのあらすじ/内容

かつて人間世界にフェアローレンと名乗る死神が現れ、世界に災厄を振りまいた。しかし天界の長が遣わした07-GHOSTという7人の死神によってフェアローレンは封印され、世界は平穏を取り戻した。時は過ぎ、物語の舞台・バルスブルク七大陸はラグス王国とバルスブルク帝国という2つの超大国によって治められていた。ラグス王国はミカエルの瞳、バルスブルク帝国はラファエルの瞳という魔石によって守護されており、両国は不可侵条約を結び、平和を維持していた。しかし、あるときラグス王国が教会からパンドラの箱を奪い、更にラファエルの瞳をも得ようとしてバルスブルク帝国と戦争になった。この戦争はラグス戦争と呼ばれ、戦争の結果ラグス王国は滅亡し、王族も断絶したとされた。ラグス戦争終結から10年後、主人公テイト・クラインはバルスブルグ帝国軍に入隊するべく士官学校で生活を送っていた。彼は幼少期の記憶を失っていたが、ある日、自分がラグス王国最後の王の息子であることと、父を帝国軍参謀長官・アヤナミに殺されたことを思い出す。記憶を取り戻したテイトは怒りの衝動からアヤナミに襲いかかるが、力及ばず投獄されてしまう。その後、親友ミカゲの助力を得て士官学校を脱走したテイトは、バルスブルグ教会の司教フラウに保護され、教会に匿われる。その後、テイトは帝国軍とアヤナミへの復讐を果たすことを誓い、教会の庇護の下で行動を起こす。テイトは復讐の前段階として、バルスブルク帝国内で非検閲の特権を持つ司教の座を目指し、司教試験に合格してフラウ付きの司教見習いとなる。その後、失われた記憶を取り戻すべく、聖地ゼーレを目指して各地のゴッドハウスを巡る旅に出る。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

07-GHOSTの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『07-GHOST』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『切なる想いの行く末は』
第2話 『懐かしき記憶は痛みと共に』
第3話 『無垢なる我子よ光と眠れ』
第4話 『ただひたすらなる祈りの果てに』
第5話 『熱き涙、やさしく彼の心を満たし…』
目次に戻る

『07-GHOST』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『光に通ずる正しき道は』
第7話 『翼に喰われた魂は愛しい我子の夢を見る?』
第8話 『半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす』
第9話 『魂の色は永遠に…』
第10話 『それはただひとつの償い』
目次に戻る