マクロスF

アニメ配信配信状況無料期間
dアニメストア公式サイト
dアニメストア
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年5月1日時点のものです。

マクロスFの基本情報
作品名マクロスF
放送日2008年9月25日
話数25話
監督菊地康仁
脚本吉野弘幸
放送局MBS
原作河森正治 / スタジオぬえ
制作サテライト
声優

マクロスFのあらすじ/内容

西暦2009年2月、地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発した。1年あまりにわたる戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人とともに新統合政府を樹立し、荒廃した地球環境の再生を目指した。また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。西暦2059年。旗艦アイランド1を中心に大小数千隻もの宇宙船で構成された第25次新マクロス級移民船団「マクロス・フロンティア」は、1,000万人規模の居住民を乗せて銀河の中心を目指す航海のなかにあった。ある日、近隣宙域を航行中の第21次新マクロス級移民船団「マクロス・ギャラクシー」より、トップシンガー「シェリル・ノーム」がコンサートツアーのためフロンティアに来訪する。美星学園航宙科の高校生「早乙女アルト」はステージ演出のエア・アクロバットに参加し、観客の少女「ランカ・リー」と出会う。シェリルのコンサートに人々が熱狂しているころ、謎の地球外生命体「バジュラ」がフロンティアへと迫っていた。新統合軍の迎撃が奏効せぬ事態を受けて、フロンティア行政府は民間軍事プロバイダー「S.M.S」に出動を要請。最新鋭可変戦闘機「VF-25」を擁するスカル小隊が迎撃に向かうが、バジュラはついにアイランド1居住区にまで侵入し破壊の限りを尽くす。混乱のなか、アルトは目の前でバジュラに殺されたパイロットに代わりVF-25に搭乗。逃げ遅れたランカを救ったのち、S.M.Sに入り、スカル小隊に配属される。ランカはシェリルと出会い、アルトの後押しを受けて歌手への道を歩みだし、コンサートでのアクシデントをきっかけにアルトと知り合ったシェリルは、自分を特別扱いしないアルトに興味を抱く。バジュラと人類の戦いは熾烈を極め、平穏なフロンティア社会は戦時下の不安に覆われていく。その裏ではバジュラの持つ力や資源を利用して銀河の覇権を握ろうとする者たちによるさまざまな思惑が絡みあっていた。戦いのなか、ランカの歌がバジュラの行動に影響を与えることが判明し、彼女は希望の歌姫として祭り上げられる。ランカは母親の胎内でバジュラ由来のV型感染症に感染しており、病原菌と共生関係にあることでバジュラと断片的なコミュニケーションが行えたのだった。一方で、シェリルはランカの力を利用しようとするギャラクシー船団上層部に見捨てられ、幼少期にバジュラとの接触をもくろむギャラクシー側に人為的に感染させられたV型感染症の病状が悪化し、死の淵に瀕する。ランカの歌の力を借りてバジュラの勢力圏から脱したフロンティア船団だったが、艦内に入り込んでいたバジュラの幼生が大量発生し、船団は航行の継続が困難になるほどの大打撃を受け、数多くの人命が失われる。記憶を取り戻しはじめ、自身がバジュラと重大な関わりがあることに気づいたランカは、正体を知らずに飼っていたバジュラの幼生を群れに返し、人類との争いを止めるため、友の命を奪ったバジュラを人類の敵と憎むアルトに別れを告げて、バジュラの本星を目指して旅立つ。残されたアルトはシェリルの病状を知り、最期の瞬間までともに生きることを誓う。混乱に乗じて権力を掌握したフロンティア新政権に疑念を抱くS.M.Sは、アルトら一部の隊員を残して船団を離脱し、独自に戦役の真相を探り始める。バジュラ本星の位置を突き止めたフロンティア船団は、本星に侵攻し、そこを新たな居住地とすることを決定する。病状が進行しランカに近い力を得たシェリルの歌を味方につけ、新兵器でバジュラの群れを蹂躙していくが、突如戦場にランカの歌声が響き、態勢を立て直したバジュラの猛攻によりフロンティア船団は絶体絶命の危機に陥る。そこへS.M.Sが帰還し、ギャラクシー船団上層部とフロンティア新政権の陰謀を白日の下に晒す。シェリルの歌とアルトの呼びかけでギャラクシー船団に囚われ操られていたランカは自我を取り戻し、3人はこれまでの絆を確かめあう。シェリルの病状は脳を侵していた細菌がみずからランカと同じく腸に定着したことにより回復し、2人の歌によってバジュラは人類という存在を理解する。S.M.Sを中心として結束した人類と、人類への誤解を解いたバジュラは協力しあい、ギャラクシー船団上層部の野望を打ち砕く。すべてが終わったあと、バジュラたちは別の銀河へと去り、フロンティア船団はバジュラが残していった本星に降下する。

引用:Wikipedia
アニメ配信配信状況無料期間
dアニメストア公式サイト
dアニメストア
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
music.jp公式サイト
music.jp
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る
TSUTAYA TV公式サイト
TSUTAYA TV
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年5月1日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

マクロスFの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『マクロスF』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『クロース・エンカウンター』
超長距離移民船団マクロス・フロンティアで、人気歌手シェリルのライブが開催。アクロバットシーンに出演するパイロット候補生の早乙女アルトは、会場近くでシェリルファンの少女ランカと出会う。ところが、突如謎の生命体がフロンティア船団を強襲、ライブが中止になり帰宅途中のランカは、それに巻き込まれてしまう。ランカの危機に遭遇したアルトは、彼女を守るためにパイロット不在となったVF-25Fのコクピットに座る。
第2話 『ハード・チェイス』
オズマやミシェルの援護もあり、ランカを助けることができたアルト。正体不明の敵バジュラも撤退し街も日常を取り戻したかに見えたが、ひそかに隠れていた1体のバジュラが再度襲来。S.M.S基地でもう一度バルキリーに乗せろと迫りオズマに一喝されたアルトは、帰り道でシェリルとランカに再会。だが、その眼前にはバジュラが!
第3話 『オン・ユア・マークス』
バジュラから逃れ、非常用の退避壕に飛び込んだアルトたち。外部と連絡が取れず、酸素の残量もわずかになるが、シェリルのマネージャー・グレイスたちに救出される。アルトはバジュラと戦い負傷したオズマからランカの過去を聞き、S.M.Sに入隊を決心。そしてグリフィスパークで再会したランカの「多くの人に歌を聴いてもらいたい」という想いを応援するのだった。
第4話 『ミス・マクロス』
ミス・マクロス・コンテストの予選を通過したランカ。応援に来て欲しいと頼まれたアルトは、本選の会場に来ていたが、S.M.Sの入隊最終試験で突然呼び出されてしまう。試験内容はクラン率いるピクシー小隊との模擬戦。その最中、突然バジュラが現れるが、それも撃退。アルトは正式にS.M.Sの一員になる。ランカは惜しくも落選するが、「あきらめるな」とアルトに励まされた。
第5話 『スター・デイト』
なくしたイヤリングを探して、突然アルトの前に現れたシェリル。イヤリングは見つからなかったが「今日一日、あたしに付き合いなさい!」と、アルトを連れまわしながら彼女は、ギャラクシー帰還前の短い休日を楽しむ。その頃、ミス・マクロスフロンティアコンテストに参加したことが学校にバレて停学になったランカはオズマとケンカし、アルトに相談するため美星学園を訪れていた。
目次に戻る

『マクロスF』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『バイバイ・シェリル』
路上ライブを目撃した芸能事務所の社長・エルモにスカウトされ、アイドルとして活動することになったランカ。ナナセたちは大はしゃぎするが、シェリルがアルトにキスするところを目撃したランカは心から喜べない。そのころ、シェリルの故郷マクロス・ギャラクシーがバジュラの大規模攻撃を受けたことが判明。ハワード大統領は、ギャラクシーへの支援を宣言、S.M.Sにも招集がかる。
第7話 『ファースト・アタック』
シェリルのさよならライブに超満員のファンが熱狂しているところ、ギャラクシー船団の救助に向かったS.M.Sとバジュラは宇宙で激しい戦闘を繰り広げていた。傷ついた戦艦カイトスを戦闘宙域から逃がそうとする最中、巨大なバジュラ母艦が突如フォールドアウトして現れ、カイトスを沈めてしまう。マクロス・クォーターは強攻型へとトランスフォーメーションし、近接格闘戦でバジュラ母艦を撃破する。
第8話 『ハイスクール・クイーン』
束の間の平穏を取り戻したはずのアルトだが、ランカの美星学園転入、シェリルの学校見学など、やはり気の休まる暇はない。しかも、先の戦闘でシェリルから借りたイヤリングを失くしたせいで、奴隷呼ばわりされながらシェリルのわがままに付き合わされることに。学園中を巻き込む大騒動を起こして去ったシェリルだが、今度はなんと美星学園のパイロット養成コースに転入してくるのだった。
第9話 『フレンドリー・ファイア』
航宙科の練習時間をシェリルの撮影に提供したミシェルは、グレイスから姉の話題を出され、動揺する。バジュラとの戦闘中も集中できない彼の放った一撃は、アルトの機体をかすめてしまう。アルトとミシェルの大喧嘩を目撃したクランは、アルトにミシェルの姉・ジェシカの話を聞かせる。優秀なスナイパーだったジェシカは、戦闘中の誤射を故意なのではと疑われた末に自殺していたのだった・・・。
第10話 『レジェンド・オブ・ゼロ』
ミス・マクロスのミランダが主演の映画に、端役として出演することになったランカ。スタントシーンにはS.M.Sが協力しており、ロケ地ではミシェルとルカが待っていた。さらに、主題歌を担当するシェリルとお供のアルトも到着。狂暴化したヒュドラに襲われるトラブルはあったが、ランカはヒロインの妹マオ・ノーム役に抜擢され、彼女が歌う「アイモ」が新たな主題歌になった。
目次に戻る

『マクロスF』の無料作品情報(第11話 ~ 第15話)

話数タイトル検索
第11話 『ミッシング・バースデー』
映画の大ヒットで、一躍注目を集めるランカ。仕事が忙しくアルトたちと会えない彼女は、アルトの誕生日に自分のファーストライブのチケットをプレゼントしようとする。一方、ギャラクシーの生き残りがいるという噂を聞いたシェリルは、体の不調を押して惑星ガリア4の慰問公演の依頼を受けていた。アルトは誕生日当日、シェリルの護衛としてガリア4へ飛び立つ。
第12話 『ファステスト・デリバリー』
ガリア4に駐屯する第33海兵部隊は、新統合軍の中でも悪名高い部隊。シェリルが体調を崩して公演が行われないことを知ると、それを口実に一部の兵がシェリルらを人質にして反乱を起こす。その事態を知ったS.M.Sからはミシェルが救援に出発。ミシェルと一緒にガリア4までやってきたランカは、新曲「星間飛行」を歌い暴動を収め、アルトに誕生日のお祝いのメッセージを伝えたのだった。
第13話 『メモリー・オブ・グローバル』
ガリア4のジャングルに不時着したアルトとランカ。何者かにさらわれてしまったランカを探し、荒れ果てたマクロス艦に向かったアルトは、それがランカの暮らしていた第117調査船団の旗艦グローバルだと知る。準女王バジュラの巣になっていたグローバルはランカを乗せたままバジュラ母艦へ変貌し、いずこかへフォールド。謎のバルキリーに足止めされていたアルトは、ガリア4を飲み込む光から逃れ、惑星を脱出する。
第14話 『マザーズ・ララバイ』
ガリア4からフォールドしたバジュラ母艦の大群は、マクロス・フロンティアの航行する宙域に出現し、S.M.Sと新統合軍はこれをつい迎撃。バジュラ母艦とともにフォールドしたVF-25Gの操縦席では、負傷したミシェルに代わりシェリルが操縦桿を握る。そして、フォールドブースターを使ってフロンティアへ戻ってきたアルトは、ランカ救出のために重装備のVF-25Fでバジュラ母艦へ突入する。
第15話 『ロスト・ピース』
バシュラの襲撃やガリア4の消滅など、アルトたちが遭遇した数々の出来事の裏で暗躍していたグレイス。彼女と仲間たちは、ランカが歌姫としての才能を開花させたためプランを大幅に変更。シェリルを切り捨てて、レオンの協力の下でランカを取り込もうとする。一方、ブレラがギャラクシー所属のパイロットだと判明したことから、オズマとキャシーはレオンへの疑いを強めていた。
目次に戻る

『マクロスF』の無料作品情報(第16話 ~ 第20話)

話数タイトル検索
第16話 『ランカ・アタック』
グレイスとレオンの企てにより政府主導のプロジェクトが始動。ランカの歌がバジュラに影響を与えると証明するための極秘実験が行われる。ランカは、オズマやアルトに守られながらバジュラとの戦場に向かい、その歌声の秘めた力を発揮。初の「ランカ・アタック」は大成功する。ボビーたちから「希望の歌姫」と称賛される中、敵と戦うために歌うということに、ランカは戸惑いを感じずにはいられなかった。
第17話 『グッバイ・シスター』
ランカの歌を戦闘に利用することを疑問に思うオズマは、キャシーから情報を得て、独自に調査を始める。そんなおり、偵察部隊が発見したバジュラは、反応弾さえ通用しない相手に進化していた。それでも、ランカやキャシーを守るため、被弾しながらも奮闘するオズマ。戦闘を終え、ランカのファーストライブに駆けつけた彼だったが、VF-25Sコクピットは、血で真っ赤に染まっていた・・・。
第18話 『フォールド・フェーム』
グレイスから不治の病だと告げられたシェリルは雨の街をさまよい、アルトの兄弟子・矢三郎の前で倒れて早乙女の家へ。その頃、フロンティア政府は、超長距離フォールドを行うことを発表。ランカは、その作戦を成功させるための重要な切り札だった。しかし、予測よりも早くバジュラの大群が襲来。躊躇する大統領に対して、レオンは強硬にフォールドの実行を勧めるのだが・・・・。
第19話 『トライアングラー』
超長距離フォールドの成功に沸くフロンティアの街。祝日となった「アイモ記念日」には祝賀パレードやランカの記念ライブが企画されていた。しかし、ランカは部屋から逃げ出したあい君を探すため、パレードを抜け出す。そのころ、早乙女家を訪れたアルトは、歌手をやめると言い出したシェリルと口論に。また、極秘に調査を進めるオズマとキャシーは、レオンのクーデター計画の証拠を手に入れる。
第20話 『ダイアモンド・クレバス』
突如小型バジュラの大群が現れて、大パニックのフロンティア内部。ランカはアイモを歌うが、アルトとシェリルの抱き合う姿を見たショックで感情が不安定なため、バジュラの攻撃は止まらない。ミシェルたちも合流しS.M.Sに向かうが満足な武器はなく、クランが巨人化してバルキリーの武器で戦うことに。しかし、巨人化中のクランを守るため、遂にミシェルが命を落としてしまう。
目次に戻る

『マクロスF』の無料作品情報(第21話 ~ 第25話)

話数タイトル検索
第21話 『蒼のエーテル』
ルカは、バジュラの大群を駆遂する作戦を発案。それはランカの歌でバジュラを集め、フィールド爆弾でアイランド3ごと消滅させるという危険なプランだった。自身の歌でバジュラを死なせたことを悲しむランカは、グリフィスパークであい君と再会。ランカはアルトを呼び出すが、バジュラの幼体として成長したあい君に銃を向ける彼を見て、ブレラ、あい君と共に旅立つことを決意する。
第22話 『ノーザン・クロス』
バジュラの襲撃により甚大な被害を受けたフロンティア。レオンは、その窮地から脱出するため、バジュラと共に去ったランカの代役を探していた。そして、V型感染症患者のシェリルの歌声が、ランカの歌声と同じようにフォールド波を発していることを知る。同じ頃、部隊が軍に編入されるという事態を危惧したワイルダーは、オズマら大半のS.M.Sメンバーとマクロス・クォーターを奪取し、軍に反旗を翻す。
第23話 『トゥルー・ビギン』
ランカやS.M.Sが去ったフロンティアで、アルトは新統合軍のパイロットとして隊を率い、シェリルとは恋人同士として過ごしていた。そんな中、レオンとビルダーに呼び出され、バジュラがランカを利用し人類を滅ぼそうとしていると聞かされる。一方、バジュラの母星にたどり着いたランカとブレラは、バジュラとの交信を試みるも失敗。ふたりともグレイスの手に堕ちてしまった。
第24話 『ラスト・フロンティア』
バジュラの母星を奪うため、短距離フォールドを行い最後の戦いに挑むフロンティア。シェリルの歌に守られて目的達成も近いかと思われたが、突然、巨大なランカが出現。彼女の歌の力でバジュラの反撃は激しくなっていく。アルトはランカを止めようとするが、その行く手をグレイスのコントロールを受けているブレラが阻む。2機のバルキリーは激しい戦いを繰り広げるが・・・。
第25話 『アナタノオト』
グレイスらの目的を知ったオズマたちが、マクロス・クォーターとともに帰還。真の敵はグレイス率いるギャラクシー船団とレオンであることを告発する。クォーターから届けられた愛機VF-25Fに乗り換えたアルトは、バトル・ギャラクシーからランカを救出。彼女をクォーターに送り届けると、ふたりの歌姫の思いと歌声を背に、バジュラクイーンと接続したグレイスとの戦いに向かう。
目次に戻る

シリーズ作品/関連アニメ作品