くじびき♥アンバランス

くじびき♥アンバランスの基本情報
放送日2006年12月22日
話数12話
監督水島努
脚本横手美智子
放送局KIDS STATION
制作亜細亜堂

くじびき♥アンバランスのあらすじ/内容

今まで全く運から見放されていた「榎本千尋」は、この春に無事に立橋院高校に合格。だが、この学校、入学試験などの重要な行事を「くじびき」で解決しようとする一風変わった高校だった。入学式のHR後、ふらりと立ち寄った図書館でとある少女に出会う。彼女の名前は「秋山時乃」。極度のキノコ好きで、「キノコ」という単語を耳にするだけで幸せになれるらしい。千尋は時乃に「キノコ、好き?」と無造作に詰め寄られて、千尋はその積極的な態度に時乃に一目惚れをする。また立橋院高校は、1年間をかけて次期生徒会執行部を決めるという大きな行事がある。この行事は、くじびきで分かれたチームでライバル達と戦い、最後まで勝ち残ったチームが次期生徒会執行部に就任できるという壮大な行事だ。くじびきの運命に身を委ねるままに決まったチームには、自分は書記候補として、会長候補として同じチームに時乃の姿が会計候補「朝霧小牧」、副会長候補「橘いづみ」と共に、激しい戦いを繰り広げる千尋達。実際にOVAとして制作されたのは太字表記の第1話、第21話、第25話の合計3話のみだが、予告編とげんしけん4巻、5巻から以下のサブタイトルが判明している。『げんしけん』が2004年10月から12月にアニメ化されたことに伴い、『くじアン』も劇中劇としてアニメ化され、げんしけんの面々がテレビで『くじアン』を見ているシーンが放送された。キャタクター原案は八雲剣豪が担当し、木尾士目がげんしけんで描いていたものをベースにしつつも頭身が下げられた。劇中劇以外にも『げんしけん』のDVD-BOX1 - 3の特典として設定上の1話・21話・25話が製作された。放送に先駆け2004年7月から放送された『ラジオげんしけん』にてラジオドラマを放送(→詳細はラジオドラマCDの項を参照)。2004年12月よりアニメ版の製作スタッフである横手美智子とゆかいな仲間たち著、八雲剣豪イラストで小説も出版された。フィギュアが発売されたり、げんしけんDVDの全巻購入特典としてキャラクターが3人だけ使えるWindows用対戦格闘ゲーム「アンバランスファイターβ版?」が延期をくりかえしつつもプレゼントされた。2004年12月22日から2005年4月22日に発売されたげんしけんDVD-BOXの特典DVD(レンタルはされず)。2005年12月28日から30日に年末の特別番組「くじびきアンバランス」としてキッズステーションで全3話を放送。ラジオ大阪で2004年7月4日から12月26日に放送された「桃井はるこの現代視覚文化研究会・略してラジオげんしけん」内でオンエアされたラジオドラマを纏めたCD。ランティスより発売。メディアファクトリーのMF文庫Jより発売されたくじアンの小説。著者はアニメ版の脚本を担当した横手美智子、水島努、雪崎密林、花村こけしの4人。カバー・口絵は八雲剣豪。本文の挿絵はアニメーターの窪敏が担当。ドタバタメインだったOVAでは分かりにくかった各キャラクターの複雑な恋愛模様が描写されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

くじびき♥アンバランスの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『くじびき♥アンバランス』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『みんな、がっこうでおどろく。7点』
第2話 『やくそくをまもれないとだめだ。2点 ●』
第3話 『きょうだいがたいへんだ。6点』
第4話 『にちようびにあそぼうか。5点』
第5話 『ともだちがかわるかもしれない。1点 ●』
目次に戻る

『くじびき♥アンバランス』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『ぜったい、ないしょにしておこう。8点 ○』
第7話 『えらいひとのはなしをきく。4点』
第8話 『むかしのことをわすれている。7点』
第9話 『はなびがきれいにみえた。5点』
第10話 『さがしても、そこにはない。3点』
目次に戻る

『くじびき♥アンバランス』の無料作品情報(第11話 ~ 第12話)

話数タイトル検索
第11話 『くらいところでつまずく。0点●』
第12話 『ゆめをかなえてみよう。9点○』
目次に戻る