火の鳥

火の鳥の基本情報
放送日2004年6月27日
話数13話
監督高橋良輔
原作火の鳥 鳳凰編
制作手塚プロダクション

火の鳥のあらすじ/内容

西暦23xx年。人類はスペース・リープ航法という手段を発明し、自由に宇宙を移動していた。主人公は牧村壮吾、29歳、一流の宇宙ハンター。牧村は試験管で生まれた人物であり、家族はオルガと呼ばれるロボットしかいなかった。牧村にとってオルガはアシスタントであり、妻であり、娘であり、かけがえのない存在であった。ある日、牧村は地球連邦移民局の局長であるロック長官に呼ばれる。そこで永遠の命を持つ「火の鳥」という生物を捕獲することを命じられた。牧村はレオーナとチヒロという2人の男女と出会い、一緒に旅に出ることになった。レオーナとチヒロは旅の途中で「エデン17」という惑星に降り立ち、仲間から外れる。牧村はレオーナから火の鳥が住んでいる惑星について聞き出し、そこへ向かった。その惑星は鳥人が人間のように生活している惑星であった。牧村は火の鳥の情報を聞き出すために、ポポヨラという鳥人の娘と接触した。ある日、オルガが突然ポポヨラこそが火の鳥であると語りだす。牧村はそれを知り、ポポヨラと戦い、正体を現した火の鳥から血を貰う。牧村は地球に帰ろうとするが、地球の周辺まで近づくと地球から攻撃を受けるようになった。それは地球の人口増加、食糧危機、宇宙民の反乱などを防ぐために宇宙民を地球に入れないとするロックの判断であった。宇宙民は移民連合を組み、地球と対抗する突撃隊を組織した。牧村は移民の中でレオーナとチヒロの娘である「ロミ」を見つける。ロミは両親であるレオーナとチヒロを亡くし、15歳になり、美しい地球に憧れるようになり移民連合に参加した。牧村はそんなロミに恋をするようになった。牧村は愛するロミのためにロックと戦うことを決意する。移民連合で沢山の人間が亡くなったが、牧村達は地球へと潜り込むことができた。牧村とロミとオルガは、荒れ地に巨大なドームのような建物を発見する。その建物には「猿田彦」という博士が住んでおり、そのドームには世界中の動物・植物が冷凍保存され集められていた。その時、地球は連鎖爆発を起こし、滅びてしまう。猿田博士も死に、オルガも牧村をかばって破壊。地球上で生き残ったのは牧村とロミだけであった。そして二人は…。1時間45分-2時間1980年公開の映画作品。手塚治虫が原案・構成・総監督を務めた。1986年公開。同時上映は真崎守監督の『時空の旅人』。ストーリーについては、#執筆された作品を参照。1987年8月1日発売。ストーリーについては、#執筆された作品を参照。1987年12月21日発売。ストーリーについては、#執筆された作品を参照。2004年に手塚プロダクション制作、NHK-BSハイビジョン(総合テレビ)にて本放送された。火の鳥を演じた竹下景子はアニメ映画『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』以来24年ぶりの火の鳥での出演である。放送エピソードは「黎明編」・「復活編」・「異形編」・「太陽編」・「未来編」。内容は一貫して愛憎両面での父子関係ないしは擬似父子関係を重視したものに大幅に短縮・改編され、編によってはほぼ別物語に近いものもある。また、原作漫画の実験的表現はほぼ完全に排されている。ハイビジョン制作、5.1chサラウンド音声作品。NHKでは様々なチャンネルで何度も放送されている。ストーリーについては、#執筆された作品を参照。手塚治虫ワールドの300インチシアターにて上映されていたオリジナル短編アニメ。制作陣はテレビアニメ版と一部同じだが、火の鳥の声優は代わっている。手塚プロダクション/2004年7月17日/21分『火の鳥 -絆編-』(ひのとりきずなへん)は2012年に公開されたプラネタリウム専用アニメーション映画である。秋田県能代市・能代市子ども館 、宮城県大崎市パレットおおさき(大崎生涯学習センター)、茨城県つくば市つくばエキスポセンターで上映。主人公の平凡な地球人の少年カイは、宇宙へ飛びだったまま連絡が途絶えた父の帰りをずっと待っていた。しかし、父は10年経っても帰ってこなかった。ある日、そんなカイの前に炎に包まれた不思議な鳥が現れる。カイはその鳥と宇宙へと旅立つ。そしてカイは父の愛を知る。愛媛県松山市の道後温泉本館が保存修理工事を行うのを機に、「道後REBORNプロジェクト」として手塚プロダクション、ポニーキャニオンと共同コラボレーション企画を2019年より展開、火の鳥をイメージキャラクターにしたキービジュアルや入浴券イラストが使用されるほか、2019年5月からは手塚プロダクション制作によるオリジナルアニメーションを配信する。全4話(プロローグ1話+本編3話)構成。下記に各話の登場人物および概要も簡単に解説。プロローグ「.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}大国主(オオクニヌシ)と少彦名(スクナヒコナ)」 - 2019年5月23日より配信開始日本神話の時代。神である大国主は諸国を巡る旅の途中であったが、供である少彦名が熱を出して倒れてしまった。そこに現れた火の鳥が、二柱を温泉(のちの道後温泉)に導く。二柱は温泉の守り神となり、後々の世まで人々を見守ることとなる。第一話「聖徳太子、来浴」 - プロローグと一体化して同日に配信開始法興六年(西暦596年)10月、摂政として激務の日々を送る厩戸皇子(のちの聖徳太子)は大層疲れていた。そこに現れた老人が、皇子を温泉に導く。下記の出典→ 第二話 「子規と漱石」- 2020年2月1日より配信開始明治23年(西暦1890年)。当時の道後湯之町々長である伊佐庭如矢は、老朽化していた道後温泉本館を100年後の世まで持たせたいという心意気で「りぼーん(明治の改築)」に着手。腕のいい大工・坂本又八郎も棟梁として改築に協力し、無事に本館は生まれ変わった。その5年後、正岡子規は持病の病を癒すため友人である夏目漱石と共に道後温泉を訪れ、俗に言う「愚陀仏庵」で共に逗留生活を送る。この数年後、子規は物故する運命にあるが温泉に入って活力を得た事で、ほんの一時ではあるが命を長らえ、漱石は子規と過ごした日々を忘れず日本の近代文学の礎を築いた。第三話 「そして、未来へ」- 2020年内に配信開始予定2作品とも、アニメ映画『火の鳥 鳳凰編』とのメディアミックス作品。パッケージやマニュアルの表紙に映画のイメージ画像が使われているほか、手塚治虫に加えて映画の製作元である角川書店がクレジット表記されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

火の鳥の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『火の鳥』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『黎明編 その一』
第2話 『黎明編 その二』
第3話 『黎明編 その三』
第4話 『黎明編 その四』
第5話 『復活編 その一』
目次に戻る

『火の鳥』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『復活編 その二』
第7話 『異形編』
第8話 『太陽編 その一』
第9話 『太陽編 その二』
第10話 『太陽編 その三』
目次に戻る

『火の鳥』の無料作品情報(第11話 ~ 第13話)

話数タイトル検索
第11話 『太陽編 その四』
第12話 『未来編 その一』
第13話 『未来編 その二』
目次に戻る