Witch Hunter ROBIN

Witch Hunter ROBINの基本情報
放送日2002年12月24日
話数26話
監督村瀬修功
原作矢立肇、村瀬修功(原案)
制作サンライズ

Witch Hunter ROBINのあらすじ/内容

数千年もの間、ソロモンと呼ばれる組織が「ウィッチ」たち("witch" とは本来魔女のことだが、本作品では反社会的な超常能力者を指す)から人々を守ってきた。近年、日本でも能力を使って犯罪を行うウィッチが増加、これに対しソロモンの日本支部であるSTNJは、「オルボ」と呼ばれる薬剤を用いてウィッチを無力化・捕獲する戦術で、彼らと拮抗した戦いを演じていたが、主力メンバーの一人が謎の死を遂げ、戦力不足に陥る。代替要員としてソロモンから送られてきたのは、発火能力を持ったクラフト使いである、15歳の少女ロビン。彼女はチームの一員としてウィッチ狩りに力を発揮し始める。ストーリーは、第15話「Time to say Goodbye」を境に前後半に分けることができる。前半は、STNJに合流したロビンが他のメンバーとともにウィッチを狩る一話完結のストーリーから成る。チームに溶け込んでいく一方で、最初はウィッチを狩ることにためらいを持たなかったロビンが、次第にウィッチとクラフト使いとの違いに疑問を感じて、「自分が狩られる対象になるのでは」と恐怖を抱く過程が描かれる。後半では、STNJを離れたロビンが自身の出自を探る一方、彼女を欠いた他のメンバーらはオルボに潜む謎を追い、やがてソロモンの存在意義など数々の秘密が明らかにされていく。舞台は21世紀中頃から後半の日本とみられる。たとえば、16話に登場する物品受領書に「2056年2月12日」の日付が見られる。また、魔女狩りが盛んだった17世紀から18世紀より320年後(次回予告の予言詩風の文言より)ないし400年後(作中のセリフより)の出来事であると作中で示唆されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

Witch Hunter ROBINの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。