救命戦士ナノセイバー(実写+アニメCG)

救命戦士ナノセイバー(実写+アニメCG)の基本情報
放送日1998年1月22日
話数28話
監督古川政美
脚本野辺朋史
放送局NHK教育
制作スタジオジュニオ

救命戦士ナノセイバー(実写+アニメCG)のあらすじ/内容

22世紀に入り、子供の社会進出が加速する中、医学界において、体内にナノマシンを投入し疾病を防ぐという、革命的な治療法が開発される。同じく医学界において子供医師として活躍していた恵達ナノセイバーは、これらの技術を応用したバーチャルワールドを利用して体内に入りこみ、バーチャルメディカルステーション(以下VMS)に運び込まれる患者の治療を行なってゆく。そんな中VMSには、通常では考えられない病状の患者が次々と運び込まれてくる。それらの患者が持つ多くの謎を解き明かしながら、また新たな発見を繰り返しながら、子供医師ナノセイバーらの成長を描く。後半では極小宇宙人・エターナリアンや銀河知性体・クオンの治療といった長編にも突入している。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

救命戦士ナノセイバー(実写+アニメCG)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。