カリメロ(第2作)

カリメロ(第2作)の基本情報
放送日1993年12月31日
話数52話
制作テレ・イメージ

カリメロ(第2作)のあらすじ/内容

『カリメロ』(Calimero)は、黒いヒヨコのキャラクターと、そのキャラクターを主人公としたテレビアニメ作品である。イタリアの漫画家、ニーノ・パゴットとトーニ・パゴットのパゴット兄弟と、兄弟のアニメ制作会社に勤めていた漫画家のカルロ・ペロニ(イタリア語版、ドイツ語版、フランス語版、英語版)によって1963年によって考案された。元々はイタリアの洗剤会社Mira Lanza(現・Reckitt Benckiser (Italia))がRAIのCM番組カローセッロ(イタリア語版、英語版、スペイン語版、フランス語版)向けに製作したアニメーションCMのキャラクターであった。子供達の人気を呼んだため短編アニメ化された。その後テレビアニメが製作され、世界中で放送された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

カリメロ(第2作)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。