1960年代アニメ一覧

       
目次
  1. 新しい動画 3つのはなし
  2. インスタントヒストリー
  3. おとぎマンガカレンダー
  4. 鉄腕アトム
  5. 銀河少年隊
  6. 仙人部落
  7. 鉄人28号
  8. エイトマン
  9. 狼少年ケン
  10. 0戦はやと
  11. 少年忍者風のフジ丸
  12. ビッグX
  13. 新宝島
  14. スーパージェッター
  15. 宇宙パトロールホッパ
  16. 宇宙人ピピ
  17. ドルフィン王子
  18. 宇宙少年ソラン
  19. 宇宙エース
  20. 怪盗プライド
  21. 遊星少年パピイ
  22. W3
  23. オバケのQ太郎
  24. ジャングル大帝(第1作)
  25. ハッスルパンチ
  26. 戦え!オスパー
  27. おそ松くん
  28. レインボー戦隊ロビン
  29. 海賊王子
  30. ハリスの旋風
  31. 遊星仮面
  32. ものしり大学 明日のカレンダー
  33. ロボタン
  34. 新ジャングル大帝 進めレオ!
  35. がんばれ!マリンキッド
  36. とびだせ!バッチリ
  37. 魔法使いサリー(第1作)
  38. 世界の王者 キングコング大会
  39. 悟空の大冒険
  40. 黄金バット
  41. かみなり坊やピッカリ・ビー
  42. リボンの騎士
  43. マッハGoGoGo
  44. パーマン(第1作)
  45. 冒険ガボテン島
  46. キングコング
  47. 001/7親指トム
  48. ピュンピュン丸
  49. ドンキッコ
  50. 冒険少年シャダー
  51. ちびっこ怪獣ヤダモン
  52. スカイヤーズ5
  53. おらぁグズラだど
  54. ゲゲゲの鬼太郎(第1作)
  55. わんぱく探偵団
  56. 巨人の星
  57. アニマル1
  58. サイボーグ009
  59. あかねちゃん
  60. ファイトだ!!ピュー太
  61. 怪物くん(第1作)
  62. サスケ
  63. 夕やけ番長
  64. ドカチン
  65. 佐武と市捕物控
  66. バンパイヤ
  67. 妖怪人間ベム
  68. ワンダーくんの初夢宇宙旅行
  69. ひみつのアッコちゃん(第1作)
  70. 海底少年マリン
  71. そばかすプッチー
  72. ウメ星デンカ
  73. 紅三四郎
  74. もーれつア太郎(第1作)
  75. 忍風カムイ外伝
  76. どろろ(第1作)
  77. 六法やぶれクン
  78. 巨人の星対鉄腕アトム
  79. 男一匹ガキ大将
  80. ピンチとパンチ
  81. タイガーマスク
  82. ハクション大魔王
  83. サザエさん
  84. ムーミン
  85. アタックNo.1
  86. 西遊記
  87. 安寿と厨子王丸
  88. たのしい文明史 鉄ものがたり
  89. アラビアンナイト シンドバッドの冒険
  90. おとぎの世界旅行
  91. わんぱく王子の大蛇退治
  92. 狼少年ケン
  93. わんわん忠臣蔵
  94. セロひきのゴーシュ
  95. 狼少年ケン アラビアの怪人/魔の岩の決闘
  96. 狼少年ケン トーテムポールの魔人/ピストル騒動
  97. 狼少年ケン おばけ嫌い/ジャングル最大の作戦
  98. 狼少年ケン 月夜の出来事
  99. エイトマン ロボット007/光線銃レーザー
  100. 狼少年ケン サーカスから来た仲間
  101. 少年忍者 風のフジ丸 謎のアラビヤ人形
  102. 鉄人28号 ミラクル魔術団/海底基地
  103. 鉄腕アトム 宇宙の勇者
  104. 狼少年ケン おく病なライオン
  105. ガリバーの宇宙旅行
  106. 少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団
  107. 宇宙少年ソラン
  108. 宇宙パトロールホッパ
  109. 狼少年ケン 誇りたかきゴリラ
  110. 少年忍者 風のフジ丸 大猿退治
  111. 狼少年ケン
  112. オバケのQ太郎
  113. サイボーグ009
  114. ジャングル大帝
  115. サイボーグ009 怪獣戦争
  116. 少年ジャックと魔法使い
  117. たぬきさん大当り
  118. 魔法使いサリー
  119. アンデルセン物語
  120. ゲゲゲの鬼太郎
  121. 太陽の王子 ホルスの大冒険
  122. 魔法使いサリー
  123. 九尾の狐と飛丸
  124. 人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ
  125. 怪物くん
  126. 長靴をはいた猫
  127. ひとりぼっち
  128. ひみつのアッコちゃん
  129. 千夜一夜物語
  130. 空飛ぶゆうれい船
  131. ひみつのアッコちゃん わたしのパパはどこ?
  132. もーれつア太郎
  133. 巨人の星
  134. ㊙劇画 浮世絵千一夜
  135. 巨人の星 行け行け飛雄馬

新しい動画 3つのはなし

新しい動画 3つのはなしの基本情報
放送日1960年1月15日
話数1話
制作NHK

新しい動画 3つのはなしは、1960年1月15日に日本で放送された、日本のテレビアニメ。1958年の『もぐらのアバンチュール』に次ぐ、最初期の国産のテレビアニメとして知られている。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

インスタントヒストリー

インスタントヒストリーの基本情報
放送日1962年2月24日
話数312話
制作おとぎプロ

『おとぎマンガカレンダー』は、1961年から1964年まで、フジテレビおよびTBSで放送された日本の白黒アニメ。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

おとぎマンガカレンダー

おとぎマンガカレンダーの基本情報
放送日1964年7月4日
話数312話
制作おとぎプロ

『キリンものしりシリーズ』は1962年から1984年にかけて毎日放送(第1作のみTBS)製作で全5928回・22年6ヶ月間の長期間にわたって放送されたアニメーションのミニ番組である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

鉄腕アトム

鉄腕アトムの基本情報
作品名鉄腕アトム
放送日1966年12月31日
話数193話
制作虫プロダクション

鉄腕アトム (アニメ第1作)では手塚治虫原作の漫画『鉄腕アトム』のアニメ第1作目を解説する。フジテレビ系列にて、1963年1月1日から1966年12月31日まで放送。全193話。一部を除きモノクロ作品。日本で最初の本格的な1話30分の連続TVアニメ、日本初の国産ロボットアニメである。(ちなみに放送当時には通常は「TVアニメ」とは呼ばれず「テレビまんが」とよばれていた。「アニメーション映画」も「まんが映画」であった。)

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

銀河少年隊

銀河少年隊の基本情報
放送日1965年4月1日
話数92話
制作虫プロダクション、竹田人形座

第1部では、太陽が急速にエネルギーを失い冷え始めて、地球は寒冷化し、人類をふくむ全生物に絶滅の危機が迫ることを花島博士が発見する。太陽を再生するには、恒星同士が衝突した時に生じる特殊な物質を撃ち込んでやらなければならない。ロップ少年はロボット犬を従え、優しく美しい金星人アーミア、向こう見ずだが勇敢な火星人ポイポイ、食いしん坊でちょっと間抜けな宇宙人ダーと共に、恒星同士の衝突現場を見つけようと、ロケットのロップ号に乗り込んで銀河系内を探索する。悪役のゴムバンとデスの妨害をはねのけ、アーミアの優しさに触れて愛を知った超高性能ロボットのゴボスの助言でついに恒星の衝突の場に到達、おかげで絶滅に瀕していた地球はじめ太陽系の惑星は救われた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

仙人部落

仙人部落の基本情報
放送日1964年2月23日
話数23話
原作小島功
制作TCJ

服飾デザイナー・内木天兵は大森安治に仕事の名誉も恋人も奪われ、世をはかなんで熱海の錦ケ浦に飛び込む。気がつくとそこは仙人の世界で、天兵は仙人の長老・名鏡仙人の弟子になり仙人の仲間入りをする。天兵が開発した「七色のパンティー」が女仙たちに大流行となるが。男の仙人たちは怒って天兵を追放することを議決。仙人界から落とされた天兵は病院の一室で眼を覚ます。退院した天兵は以前の気弱な青年ではなく、希望に溢れた明るい青年になっていたのだった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

鉄人28号

鉄人28号の基本情報
作品名鉄人28号
放送日1966年5月25日
話数97話
監督渡辺米彦
脚本岡本欣三
放送局CX
原作横山光輝
制作TCJ

『鉄人28号』(てつじん28ごう)は、横山光輝の漫画作品『鉄人28号』の最初のテレビアニメ化作品。1963年10月20日から1966年5月25日まで、フジテレビ系列で放送された。84話で終了し、3か月後に新作13話が放送され、全97話となった。その後第28話から第52話を再放送し第84話で終了した。モノクロ作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

エイトマン

エイトマンの基本情報
放送日1964年12月31日
話数56話
監督河島治之
脚本平井和正、加納一朗、桂真佐喜、豊田有恒、半村良、大貫哲義
放送局TBS
原作平井和正
制作TCJ

『8マン』(エイトマン)は、平井和正と桑田次郎(現・桑田二郎)による日本のSF漫画、および同作品を元に制作された日本のSFアニメ、およびそれらに登場する主人公の名前である。漫画版は『週刊少年マガジン』(講談社)に1963年20号から1965年13号まで連載された。テレビアニメ版は1963年11月7日から1964年12月31日までTBS系列局で放送。全56話。漫画版の表記は数字入りの「8マン」であるが、テレビアニメ版の表記は全てカタカナの「エイトマン」である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン

狼少年ケンの基本情報
放送日1965年8月16日
話数86話
原作大野寛夫(月岡貞夫)
制作東映動画

『狼少年ケン』(おおかみしょうねんケン)は、NETテレビほかで放送されていた東映動画制作のテレビアニメである。モノクロ作品。全86話。NETテレビでは1963年11月25日から1965年8月16日まで、毎週月曜 18:15 - 18:45 (日本標準時)に放送。NETテレビ初の国産アニメ放映作であり、また東映動画が初制作したテレビアニメでもある。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

0戦はやと

0戦はやとの基本情報
放送日1964年10月27日
話数38話
制作ピー・プロダクション

『0戦はやと』(ゼロせんはやと)は週刊少年キングで連載されていた辻なおきの漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

少年忍者風のフジ丸

少年忍者風のフジ丸の基本情報
放送日1965年8月31日
話数65話
脚本飯島敬、志原弘、内田弘三
放送局NET
原作白土三平(第28話までの表記)
制作東映動画

物語は大きく二つに分かれる。第1話から第28話は、白土三平の漫画「忍者旋風」のストーリーを下敷きにしており、フジ丸の生い立ちから始まり、「竜煙の書」をめぐる忍者たちの戦いを描く。赤ん坊だったフジ丸は、母が野良仕事をしている最中にワシにさらわれ、風魔十法斉率いる忍者集団の風魔一族に助けられ、少年忍者として成長する。しかし十法斉が冷酷非情の人間であり、大量殺傷兵器の製法を記した「竜煙の書」を手に入れて天下を支配しようとしているのを知り、これを阻止しようと、恐るべき秘術を持つ風魔の忍者たちや豊臣、徳川の忍者たちと死闘を繰り広げる。その間に、少女美香や身寄りのない少年太郎、わが子(フジ丸)をさらわれて自責の念にとらわれながら、それでも子を探し出そうと旅を続ける母お春などのエピソードが挿入される。28話までの放送では、6回から10回ごとにそれまでの物語の経過を振り返る「総集編」が挿入される構成だった。第29話から第65話(最終話)は、主人公のキャラクターをそのままに、脇役の美香と太郎をそれぞれミドリと太助に改名し、フジ丸が東映動画オリジナルの悪役と対決していくストーリー。悪役は南蛮(すなわち外国)からやってきた忍者群、忍盗羽黒族など。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ビッグX

ビッグXの基本情報
放送日1965年9月27日
話数59話
監督浜本征三
脚本角田次朗、村野守美、広瀬正、山野浩一、山本グループ ほか
放送局TBS
原作手塚治虫
制作東京ムービー

第二次世界大戦時、無敵の軍隊を作ろうと目論むナチス・ドイツの下で、生物を鋼鉄のように強靭でしかも巨大化させる薬品「ビッグX」の開発を行っていた日本人の朝雲(あさぐも)博士とドイツ人のエンゲル博士は、「ビッグX」の軍事利用を恐れ、その秘密を守るために「ビッグX」の製法を記したカードを朝雲の息子のしげるの体内に埋込んだ。両博士は射殺され、ビッグXの研究書類は全て焼き捨てられた。20年後、朝雲博士の孫・昭は、「ビッグX」の製法を狙うエンゲル博士の孫のハンス・エンゲル率いる秘密結社「ナチス同盟」に襲撃され、父・しげるを殺されてしまう。翌年、しげるの親友・花丸博士との協力で「ビッグX」を完成させた昭は、自ら「ビッグX」で巨大化してナチス同盟に立ち向かうのだった。ナチス同盟を壊滅させた昭とニーナは、ビッグXで巨大化させたハゲタカに乗って日本へ帰ろうとするが、ハンスの攻撃により密林地帯に不時着してしまう。昭たちを襲撃したのは、世界的なネオナチ系秘密結社「クロス党」だった。全世界に核戦争を起こして人類を滅亡させ、自分たちは放射能が薄くなるまで宇宙に移住しようという陰謀を知った昭は、人類滅亡の引き金となるアメリカ合衆国へと向かう。クロス党を滅亡させ、国連にその功績を讃えられた昭とニーナは特務レンジャーの称号を与えられる。ある日昭とニーナは国連からの依頼で、50年来の寒波に襲われたガレア共和国へと向かい、主要作物のジャガイモをビッグXで大きくすることで食糧問題を解決しようとする。しかし、その巨大化したジャガイモを漂着した宇宙生物が乗っ取り、巨大な植物怪獣「キング・ガレア」が誕生してしまう。キング・ガレアはガレア共和国の秘密地下要塞「じねずみ」を制圧し、兵を奴隷化して人類に降伏を勧告する。ニーナを人質に取られてしまった昭は、キング・ガレアを倒すべくハンスと協力を打診する。国連科学財団のモル・タル博士は、月ロケット「アルテミス」を開発した。国連は勇敢な宇宙飛行士5名を月に送ろうとしたのだが、地球の機密を盗むスパイが紛れ込んでいるのだ、とモル博士は昭に告げる。昭とニーナは宇宙飛行士たちの護衛兼スパイの発見を名目に「アルテミス」に乗船、人類初の月着陸を成功させようとする。途中、「アルテミス」に隕石が衝突し、昭はビッグXの力でこれを除去するが体が重くなりすぎてロケットの外壁から滑り落ちてしまう。月面に叩き付けられた昭の前に姿を現したのは、ハボス星で800年前に作られたと自称するアンドロイド・カグアだった。朝雲科学研究所に雷が落ちた。開発中のビッグXに落ちた雷はその成分を変質させ、生物の細胞を拡大ではなく縮小させる「ミクロX」に変えてしまった。昭は花丸博士にこのことを報告しようとするが、謎の男に襲われてユー・ユーと名乗る男に捕えられ、挙句薬を注射されて小さくされてしまう。ユー・ユーは化学者の蟻田博士を脅迫してミクロXを作らせ、最強の化学兵器として南北での戦争を続けるアブラム共和国に売りつけようとする。戦争の兵器として作られたビッグXを、またも戦場で使わせるわけにはいかない。身体が元の大きさに戻った昭は、蟻田博士に協力しアブラム共和国でのミクロXの使用を阻止しようとする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

新宝島

新宝島の基本情報
放送日1965年1月3日
話数1話
原作ロバート・ルイス・スチーブンソン
制作虫プロダクション

『新宝島』(しんたからじま)は、1965年1月3日(日曜) 18:30 - 19:30 (日本標準時、以下同)にフジテレビ系列局で放送された、虫プロダクション制作の単発テレビアニメである。1966年6月19日から同年7月3日にも同系列局で、3回に分けられた上で再放送された。分割再放送版の放送時間は毎週日曜 19:00 - 19:30。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

スーパージェッター

スーパージェッターの基本情報
放送日1966年1月20日
話数52話
監督河島治之
脚本加納一朗(監修・脚本)
放送局TBS
原作久松文雄
制作TCJ

『スーパージェッター』は、1965年1月7日から1966年1月20日までTBS系列局で放送されていたSFアニメである。全52話。放送時間は毎週木曜 18:00 - 18:30 (日本標準時)。現在、正式な作品名は『未来からきた少年 スーパージェッター』とされており、その典拠は現存するオープニングフィルムのタイトル表示である。しかし、このオープニングには話数がかなり進んだ本編のカットも含まれていることから差し替えである可能性があり、当時の出版物や玩具などの版権商品に「未来からきた少年」を冠したものは確認されていない。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙パトロールホッパ

宇宙パトロールホッパの基本情報
放送日1965年11月29日
話数44話
脚本藪下泰次、神波史男、永沢詢、山浦弘靖 他
放送局NET
原作深川鉄次、後藤みねお、太田欣二、福本智雄黒田隆、保波順 、倉橋こうじ(原案)
制作東映動画

『宇宙パトロールホッパ』(うちゅうパトロールホッパ)は、1965年2月1日から同年11月29日までNET系列局で放送されていた東映動画製作のテレビアニメである。第32話からは『パトロール・ホッパ 宇宙っ子ジュン』(パトロール・ホッパ うちゅうっこジュン)と題して放送されていた。全44話。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙人ピピ

宇宙人ピピの基本情報
放送日1966年3月31日
話数52話
制作テレビ動画

ある日、小さな円盤(直径30~40cmくらい)が墜落する。搭乗していたのはピピと名乗る宇宙人で、地球より100万年科学が進んだ星からやって来たという。その円盤を偶然俊彦、良子の兄妹が見つけたことから、ピピは兄妹の友だちになる。進んだ科学の力でつくられた円盤で時間旅行をしたりと、ピピといっしょに楽しい毎日が始まった。悪気はないんだけどいたずらっ子のピピのせいで、ロボットが大暴れしたり、ちょっぴりこわいこともあったけど、最後はピピがなんとかしてくれた。楽しい日々もあっというまに過ぎ、ピピは兄妹に別れを告げて自分の星に帰って行った。当時、「宇宙人ピピ」の主題歌とサウンドドラマを収録したレコードが朝日ソノラマより発売されており、ピピと兄弟との最初の出会いが描かれている。ある日の放課後。俊彦、良子の兄妹や友たちが遊び場にしているお寺の空き地で突然測量が始まり、子どもたちは追い出された。和尚さん(小笠原章二郎)は出費がかさんだため、寺の空き地を駐車場にすることにしたと、すまなそうに説明した。がっかりする子どもだち。その時、小さな小さな円盤が、以前に子供たちが植えた杉の苗木に衝突して、木をまっぷたつにしてしまった。円盤から出て来たのは、遠い星からやってきた宇宙人のピピだった。「ぼくの名前はピピ。君達と友だちになりたい」良子から、せっかく子供たちが植えた木が折れてしまったとを聞かされたピピは、「かんたんなことさ。円盤を使って過去の世界に行き、折れた木をもう一度植えればいいんだ」と語り、子どもたちを三百年前の時代のお寺に連れて行ってくれた。子どもたちが改めて植樹をしていると、突然、ちょんまげの人たちが子どもたちを取り囲んだ。「怪しい奴め!キリシタンのバテレンにちがいない。それ、捕まえろ!」ピピはあわてて子どもたちを連れて現代に戻って来た。折れたはずの杉の苗は、天をも仰ぐ巨木に成長していた。この木を売れば、もう空き地を売る必要もなくなる。みんなは大喜び。良子は「いつか星の世界に連れて行ってね」とピピにお願いするのだった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ドルフィン王子

ドルフィン王子の基本情報
放送日1965年4月18日
話数3話
制作テレビ動画

『海底少年マリン』(かいていしょうねんマリン、Marine Boy)は、1969年1月13日から同年9月22日、同年10月13日から1970年7月27日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。本項では前身の作品『ドルフィン王子』および『がんばれ!マリンキッド』についても記述するが、特に注釈のない限り『海底少年マリン』のデータとする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙少年ソラン

宇宙少年ソランの基本情報
放送日1967年3月28日
話数96話
脚本福本和也、豊田有恒、辻真先
放送局TBS
原作福本和也、宮腰義勝
制作TCJ

『宇宙少年ソラン』(うちゅうしょうねんソラン)は、1965年(昭和40年)5月4日から1967年3月28日までTBS系列局で放送されていたSFアニメである。TBS(東京放送)と日本テレビジョン映画部(TCJ、現・エイケン)の共同製作。本放送時には森永製菓の一社提供で放送。全96話。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。主要キャラクターであるチャッピーの設定などについて、手塚治虫が虫プロダクションで製作するつもりであったテレビアニメの企画『ナンバー7』に登場するキャラクターに類似性を主張して、情報漏洩・産業スパイ・盗作ではないかと言われた作品である(注:少年がリスを相棒とした冒険をする漫画は太平洋戦争前の作品「正チャンの冒険」にも先行例がある。)。また、『ナンバー7』の後企画である『W3』連載中の『週刊少年マガジン』(講談社)に於いて本作のコミカライズ作品の連載が開始したため、手塚が『ワンダースリー』の連載を週刊少年マガジンから『週刊少年サンデー』(小学館)に切り替えたW3事件と後に呼ばれる騒動を招いた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙エース

宇宙エースの基本情報
放送日1966年4月28日
話数52話
監督笹川浩
脚本丸山健二(吉田健二)、笹川浩、天馬正人、九里一平、広瀬正、鳥海尽三、若林一郎
放送局CX
原作吉田竜夫
制作タツノコプロ

人が住めなくなり、爆発四散したパールム星。パールム星人たちは宇宙船団を組んで脱出し、新しい星を探す旅に出た。航行中の宇宙船団からはぐれてしまい、21世紀の地球にやってきたパールム星人の王の息子・エースは、平和を守るため、勇気と知恵とパールム星人としての特殊能力で悪人や怪物たちに立ち向かう。作品後半では、タツノコ博士が開発した光子ロケット「シー・ホース号」で、アサリたちとともに広大な宇宙空間に乗り出し、はぐれた父やパールム星の仲間を探しながら、悪の宇宙人オリオン星人などの強敵に立ち向かうストーリーとなった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

怪盗プライド

怪盗プライドの基本情報
放送日1965年11月4日
話数23話
脚本前田武彦、北川幸比古、岡部一彦
放送局CX
原作岡部一彦
制作テレビ動画

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。『怪盗プライド』(かいとうプライド)は、1965年5月31日から同年11月4日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビ動画制作のテレビアニメである。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

遊星少年パピイ

遊星少年パピイの基本情報
放送日1966年5月27日
話数52話
脚本吉倉正一郎
放送局CX
原作吉倉正一郎
制作TCJ

『遊星少年パピイ』(ゆうせいしょうねんパピイ)は、1965年6月3日から1966年5月27日までフジテレビ系列局で放送されていたTCJ (現・エイケン)制作のテレビアニメである。全52話。並行して、井上英沖による漫画作品が『少年』(光文社)で連載されていた。第31話(1966年12月30日放送分)までの放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)で、『鉄人28号』に続く江崎グリコ提供『グリコ劇場』枠の第2作として放送されていた。『鉄人28号』と同様に、オープニングと主題歌の最後にはスポンサーの「グリコ」を連呼するコーラス「グリココール」が入っていた。このコーラス部分も含めた主題歌の作詞・作曲は三木鶏郎が、歌唱はデューク・エイセスが担当した。スポンサーには江崎グリコのほか、系列会社のグリコ乳業も名を連ねていた。第32話(1966年1月7日放送分)からは『忍者部隊月光』との放送枠交換により、毎週金曜 19:00 - 19:30 に放送されていた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

W3

W3の基本情報
放送日1966年6月27日
話数52話
制作虫プロダクション

196x年、人類は相変わらず無益な戦争を繰り返し、その悪評ははるか遠くの銀河連盟の耳にも届いていた。そこで銀河連盟はW3(ワンダースリー)と呼ばれる銀河パトロール要員の3人を地球に派遣して1年間調査を行い、そのまま地球を残すか反陽子爆弾で消滅させるかを判断させることにした。ボッコ、プッコ、ノッコ(マガジン版では隊長、ガーコ、ノンコ)の3人は地球の動物の姿を借り調査をすることにし、それぞれウサギ、カモ、ウマとなる。星真一少年は負傷していたW3を自宅の納屋にかばい、彼らと行動を共にすることになる。一方、真一の兄、光一は世界平和を目指す秘密機関フェニックスの一員として工作活動に従事していた。(マガジン版はここまで)W3は初めこそ地球人の暴力性に嫌悪感を抱くが、真一少年の純朴な人柄に触れて考えを改めていく。その後、プッコの不手際で地球を数秒で破壊してしまう反陽子爆弾が悪の組織に渡ってしまう。それを知ったW3や真一達は反陽子爆弾を取り戻そうと立ち向かう。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

オバケのQ太郎

オバケのQ太郎の基本情報
放送日1967年6月28日
話数96話
監督原田益次
脚本桜井正明など
放送局TBS
原作藤子不二雄
制作東京ムービー

大人になりサラリーマンとなった大原正太(正ちゃん)と、15年ぶりに人間界に帰ってきたQ太郎が街角で再会する。正太は既に結婚しており、Q太郎はその家庭に居候することになるのだが、正太の妻は大食らいで厚かましい態度のQ太郎を煙たがる。そんな中、Q太郎が戻って来た事を知った西郷強(ゴジラ)が、かつての仲間達を呼び寄せて飲み会を開く。やがて昔話に花が咲き、「子供の頃の夢よもう一度」と皆で誓い合う。しかしほどなくして、正太の妻が妊娠していると分かり、前夜の誓いなどすっかり忘れて子供が出来たと浮かれて出勤する正太を見たQ太郎は、もう正ちゃんは子供ではないということを悟り、大原家を後にしてどこかへ飛び去って行く。後にはボロボロになったQ旗が誰にも顧みられることなく残された。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ジャングル大帝(第1作)

ジャングル大帝(第1作)の基本情報
放送日1966年9月28日
話数52話
監督谷口悟朗
脚本馬嶋満、平見瞠
放送局CX
原作手塚治虫
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ハッスルパンチ

ハッスルパンチの基本情報
放送日1966年4月25日
話数26話
脚本池田宏、勝田稔男、岩井基成、林弘明、鈴木三千夫、ほか
放送局NET
原作森やすじ(原案)
制作東映動画

パンチ、タッチ、ブンのみなしご三人組はがらくた置き場にある廃車を家にして仲良く共同生活を送っていた。がらくた置き場の隣に屋敷を構えるガリガリ博士は貴族だったという先祖の威光を取り戻すべく悪事をたくらむが、毎度三人組に邪魔されるため、子分のブラックとヌーに命じてあの手この手で三人を追い出そうとする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

戦え!オスパー

戦え!オスパーの基本情報
放送日1967年10月31日
話数52話
監督新倉雅美、岡迫亘弘、正延宏三、富野喜幸、池羽厚生、浅野良一
脚本山野浩一、永島輝
放送局NTV
制作日本放送映画

『戦え!オスパー』(たたかえ!オスパー)は、少年画報社『週刊少年キング』に連載されていた山野浩一原作、伊奈たかし画の漫画作品、および山野が脚本を担当したテレビアニメである。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

おそ松くん

おそ松くんの基本情報
作品名おそ松くん
放送日1967年3月25日
話数56話
制作スタジオ・ゼロ、チルドレンズ・コーナー

『おそ松くん』(おそまつくん)は、赤塚不二夫とフジオ・プロによる日本の漫画作品である。『天才バカボン』以前に描かれた作品で、赤塚のギャグ漫画家としての確固たる人気を確立した。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

レインボー戦隊ロビン

レインボー戦隊ロビンの基本情報
放送日1967年3月24日
話数48話
監督芹川有吾、田宮武、眞野好央 ほか
脚本小島和彦、山中肇、小沢洋 ほか
放送局NET
原作スタジオ・ゼロ(原案構成)
制作東映動画

『レインボー戦隊ロビン』(レインボーせんたいロビン)は、1966年(昭和41年)4月23日から1967年(昭和42年)3月24日までNET系列で全48話が放送された、東映動画製作のSFアニメである。白黒作品。放送時間は、第36話までは毎週土曜日20時 - 20時30分、第37話以降は毎週金曜日19時30分 - 20時。全48話であるが、最終回放送翌週の1967年3月31日に第6話が一度再放送されたため、総放送回数は49回である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

海賊王子

海賊王子の基本情報
放送日1966年11月28日
話数31話
脚本吉野次郎、浜田稔、山浦弘靖、荒木けんじ
放送局NET
原作石森章太郎(原案)
制作東映動画

『海賊王子』(かいぞくおうじ)は、1966年5月2日から同年11月28日までNET系列局で放送されていた石森章太郎(後の石ノ森章太郎)原案、東映動画制作のテレビアニメである。全31話。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ハリスの旋風

ハリスの旋風の基本情報
放送日1967年8月31日
話数70話
脚本藤川桂介、雪室俊一、山崎晴哉、山崎忠昭
放送局CX
原作ちばてつや
制作ピー・プロダクション

『ハリスの旋風』(ハリスのかぜ)は、『週刊少年マガジン』1965年16号から1967年11号まで連載されたちばてつやの漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。タイトルは、カネボウハリス(現・クラシエフーズ)のスポンサードによって同社から社名使用を承認されたことに由来する。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

遊星仮面

遊星仮面の基本情報
放送日1967年2月21日
話数39話
脚本足立明
放送局CX
原作仁田信夫
制作TCJ

『遊星仮面』(ゆうせいかめん)は、1966年(昭和41年)6月3日から1967年(昭和42年)2月21日までフジテレビ系列局で放送されていたTCJ (現・エイケン)制作のテレビアニメである。全39話。並行して本作キャラクターデザイナーの楠高治による漫画作品が、『少年ブック』(集英社)の別冊付録などに連載されていた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ものしり大学 明日のカレンダー

ものしり大学 明日のカレンダーの基本情報
放送日1970年8月2日
話数1274話
制作おとぎプロ

『ものしり大学 明日のカレンダー』(ものしりだいがく あしたのカレンダー)は、1966年7月1日から1970年8月2日まで毎日放送で放送されていたテレビアニメである。毎日放送とおとぎプロダクションの共同製作。麒麟麦酒の一社提供。全1274話。放送時間は毎週月曜 - 土曜 18:55 - 19:00 (日本標準時)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ロボタン

ロボタンの基本情報
作品名ロボタン
放送日1968年9月27日
話数104話
監督奥脇雅晴
脚本壇上剛、山口琢也、松原仮成、タカタカシ、阿久悠
放送局CX
原作森田拳次
制作大広プロ

『ロボタン』は、日本のメディアミックス作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

新ジャングル大帝 進めレオ!

新ジャングル大帝 進めレオ!の基本情報
放送日1967年3月29日
話数26話
監督谷口悟朗
脚本馬嶋満、平見瞠
放送局CX
原作手塚治虫
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

がんばれ!マリンキッド

がんばれ!マリンキッドの基本情報
放送日1966年12月29日
話数13話
制作テレビ動画

『海底少年マリン』(かいていしょうねんマリン、Marine Boy)は、1969年1月13日から同年9月22日、同年10月13日から1970年7月27日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。本項では前身の作品『ドルフィン王子』および『がんばれ!マリンキッド』についても記述するが、特に注釈のない限り『海底少年マリン』のデータとする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

とびだせ!バッチリ

とびだせ!バッチリの基本情報
放送日1967年4月15日
話数132話
脚本鈴木良武、成橋均、おぎわらやすひろ
放送局NTV
原作岡本光輝
制作日本放送映画

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。『とびだせ!バッチリ』は、岡本光輝が手掛けた日本の漫画作品およびテレビアニメ。少年探偵のバッチリが、相棒のロバやオウムとともに町のさまざまな事件を解決していく作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

魔法使いサリー(第1作)

魔法使いサリー(第1作)の基本情報
放送日1968年12月30日
話数109話
制作東映動画

『魔法使いサリー』(まほうつかいサリー)は、横山光輝の漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。1966年版は東映魔女っ子シリーズ第1作。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

世界の王者 キングコング大会

世界の王者 キングコング大会の基本情報
放送日1966年12月31日
話数1話
監督芹川有吾(演出)
脚本上野登史郎(脚本翻訳)
放送局NET
原作籏野義文(原作・企画)
制作東映動画

キングコング(King Kong) は、1933年からアメリカで作られ始めた同名の特撮映画、もしくは作品内に登場する巨大な類人猿の怪獣の名称。映画は空前の大ヒットとなり、以後リメイク映画や漫画、ゲーム、テーマパーク、ミュージカルなど様々な分野に影響を与え、世界で最も有名なキャラクターの一つとされている。コングはウィリス・オブライエンの特撮技術とストップモーション・アニメーションによって作られ、後のリメイク映画ではスーツアクターやモーションキャプチャなどによる演技で撮影された。東宝との正規ライセンス契約により、ゴジラシリーズをはじめとした日本映画にも登場している。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

悟空の大冒険

悟空の大冒険の基本情報
放送日1967年9月30日
話数39話
監督杉井ギサブロー
原作手塚治虫『ぼくのそんごくう』
制作虫プロダクション

『悟空の大冒険』(ごくうのだいぼうけん)は、1967年1月7日から同年9月30日までフジテレビ系列で放送されていた日本のテレビアニメ。カラー作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

黄金バット

黄金バットの基本情報
放送日1968年3月23日
話数52話
制作第一動画

『黄金バット』(おうごんバット)は、昭和の初期の紙芝居のタイトルロールの主人公。金色の骸骨の姿をし、漆黒のマントを身にまとう。昭和40年代に漫画・映画・テレビアニメ化された。スーパーヒーローとアンチヒーローの両面をもつ孤高の主人公であり、一般的には死の象徴として忌避される髑髏をモチーフにしたヒーローという点で、その存在が斬新だった。特有の「高笑い」と共に現れる、金色のコウモリが特徴的である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

かみなり坊やピッカリ・ビー

かみなり坊やピッカリ・ビーの基本情報
放送日1968年3月30日
話数53話
脚本くにとしろう、吉田喜昭、鈴木良武 ほか
放送局MBS
原作ムロタニツネ象
制作放送動画制作、チルドレンズ・コーナー

好奇心から地上に降り、ポン太郎の家に住みついたカミナリの子供ピッカリ・ビー。近所の仲良しグループ「ワンパク6」(ワンパクシックス)とともに未知の世界を冒険したり、さまざまな珍事件を起こしたり、悪事を働く005ヱ門やガポネコを自身の超能力で懲らしめたりする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

リボンの騎士

リボンの騎士の基本情報
放送日1968年4月7日
話数52話
監督手塚治虫
原作手塚治虫
制作虫プロダクション

『リボンの騎士』(リボンのきし)とは、手塚治虫による少女漫画作品。および、それを原作とする作品群のことを指す。手塚の20代の頃の連載漫画代表作の一つであり、少女向けストーリー漫画の先駆け的な作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

マッハGoGoGo

マッハGoGoGoの基本情報
作品名マッハGoGoGo
放送日1968年3月31日
話数52話
監督福島宏之(第1話 - 第21話)冨永恒雄(第22話 - 第34話)
脚本山田隆司
放送局CX
原作竜の子プロダクション
制作タツノコプロ

『マッハGoGoGo』(マッハ ゴー ゴー ゴー)は、タツノコプロ制作の日本のテレビアニメ作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

パーマン(第1作)

パーマン(第1作)の基本情報
放送日1968年4月14日
話数54話
制作東京ムービー

ある日、須羽ミツ夫の前に超人「スーパーマン」(新作ではバードマン)が現れ、マスクとマント、バッジを渡される。このセットを身に付けることによって、半人前の「パーマン」としての力が発揮できるのである(「スー」が足されるのは一人前と認められてから)。ミツオは同様に超人からマスクやマントを受け取った者たちとパーマンチームを組み、超人的な力を発揮して悪者を懲らしめ、あるいは事故や災害に立ち向かう。出動中は自分そっくりに変身できるコピーロボットに身代わりを任せておけるが、正体は絶対に知られてはならず、知られたことが発覚した場合は秘密を守るため記憶を消され、廃人にされると戒められる。かくして5人(新作では4人)のパーマンによる活躍が始まった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

冒険ガボテン島

冒険ガボテン島の基本情報
放送日1967年12月26日
話数39話
監督河島治之
脚本豊田有恒、辻真先、石津嵐、吉永淳一
放送局TBS
原作豊田有恒、久松文雄
制作TCJ

『冒険ガボテン島』(ぼうけんガボテンじま)は、1967年4月4日から同年12月26日までTBS系列局で放送されていたテレビアニメである。全39話。TBSが企画制作し、TCJ(現・エイケン)が動画制作を担当していた。また、久松文雄による同名の漫画作品が『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されていた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

キングコング

キングコングの基本情報
放送日1967年10月4日
話数26話
監督芹川有吾(演出)
脚本上野登史郎(脚本翻訳)
放送局NET
原作籏野義文(原作・企画)
制作東映動画(日米合作)

キングコング(King Kong) は、1933年からアメリカで作られ始めた同名の特撮映画、もしくは作品内に登場する巨大な類人猿の怪獣の名称。映画は空前の大ヒットとなり、以後リメイク映画や漫画、ゲーム、テーマパーク、ミュージカルなど様々な分野に影響を与え、世界で最も有名なキャラクターの一つとされている。コングはウィリス・オブライエンの特撮技術とストップモーション・アニメーションによって作られ、後のリメイク映画ではスーツアクターやモーションキャプチャなどによる演技で撮影された。東宝との正規ライセンス契約により、ゴジラシリーズをはじめとした日本映画にも登場している。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

001/7親指トム

001/7親指トムの基本情報
放送日1967年9月20日
話数24話
制作東映動画(日米合作)

『001/7おや指トム)は、アメリカのビデオクラフト社と日本の東映動画による日米合作のテレビアニメである。全24話。タイトル表記について、『親指トム』や『親ゆびトム』と表記している文献やレコードが多いが、『おや指トム』が正しい。日本では、アニメ『キングコング』とのセットで放送。NET(現・テレビ朝日)系列局で毎週水曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送されていた。番組自体は全26回で、1967年4月5日から同年10月4日まで放送されていたが、ラスト2回を『キングコング』の放送に使うため、本作は同年9月20日放送分をもって終了した。001/7は、映画007シリーズから来ていると見られている。しかし本作の主人公は、小さなスパイというよりも名探偵のヒーローという設定である。007映画にあるような対抗する悪の組織として、MAD(またまた悪事同盟)という組織が登場する。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ピュンピュン丸

ピュンピュン丸の基本情報
作品名ピュンピュン丸
放送日1967年9月18日
話数12話
監督勝間田具治、新田義方、芹川有吾 ほか
脚本吉野次郎、浜田稔、雪室俊一 ほか
放送局NET
原作つのだじろう
制作東映動画

『ピュンピュン丸』(ピュンピュンまる)は、1967年7月3日から同年9月18日、および1969年12月29日から1970年3月30日までNET(現・テレビ朝日)系列で放送されていた東映動画製作のテレビアニメ。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ドンキッコ

ドンキッコの基本情報
放送日1968年1月25日
話数42話
監督石黒光一、布上善雄
脚本雪室俊一、山崎忠昭、朝風薫、安藤豊弘、今村文人
放送局CX
原作石森章太郎
制作ピー・プロダクション

『ドンキッコ』は、石森章太郎(後の石ノ森章太郎)による日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

冒険少年シャダー

冒険少年シャダーの基本情報
放送日1968年3月16日
話数156話
監督片岡忠三 ほか(演出名義)
脚本シャダーグループ
放送局NTV
原作岡本光輝
制作日本放送映画

古代文明の生き残りで、富士山の洞窟から現代に復活した少年シャダーは、変身能力と悪魔的な呪術を使う魔人ゴースターが世界征服をたくらんでいることを知る。マンボ博士の協力で現代科学を学んだシャダーは、博士の作ったイオンカーに乗り、助手のピンボケ(犬)とともにゴースターの野望に立ち向かう。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ちびっこ怪獣ヤダモン

ちびっこ怪獣ヤダモンの基本情報
放送日1968年3月25日
話数26話
脚本藤川桂介、生田大作、若林藤吾
放送局CX
原作うしおそうじ(原案・演出)
制作ピー・プロダクション

『ちびっこ怪獣ヤダモン』(ちびっこかいじゅうヤダモン)は、1967年10月2日から1968年3月25日までフジテレビ系列局で放送されていたピー・プロダクション制作のテレビアニメである。モノクロ作品。全52話(全26回、1回につき2話放送)。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。ピー・プロダクション初のオリジナル作品であり、社長のうしおそうじが企画・原案・脚本を務めた。実写特撮も手がけるピープロらしく、一部話数ではアニメと実写の合成も意欲的に取り入れられている。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

スカイヤーズ5

スカイヤーズ5の基本情報
放送日1967年12月27日
話数12話
監督河島治之
脚本河島治之
放送局TBS
原作真田喬次郎
制作TCJ

『スカイヤーズ5』(スカイヤーズファイブ)は、TBS主導で企画・制作されたオリジナルテレビアニメ、およびそれに先行してコミカライズされた、1966年から1968年まで集英社の月刊誌『少年ブック』連載の川崎のぼる作画の漫画である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

おらぁグズラだど

おらぁグズラだどの基本情報
作品名おらぁグズラだど
放送日1968年9月25日
話数104話
監督笹川ひろし
脚本鳥海尽三、鈴木良武、芹川有吾、山崎晴哉、伊東恒久、坂本雄作、陣野修
放送局CX
原作笹川ひろし
制作タツノコプロ

『おらぁグズラだど』は、1967年10月7日から1968年9月25日までフジテレビ系列局で放送されていた笹川ひろし原作・タツノコプロ制作のテレビアニメである。森永製菓の一社提供。モノクロ作品。全104話(全52回、1回につき2話放送)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ゲゲゲの鬼太郎(第1作)

ゲゲゲの鬼太郎(第1作)の基本情報
作品名ゲゲゲの鬼太郎(第1作)
放送日1969年3月30日
話数65話
脚本辻真先、高久進、鈴樹三千夫 他
放送局CX
原作水木しげる
制作東映動画

『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、1968年1月3日から1969年3月30日までフジテレビほかで全65話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする、妖怪アニメ作品のテレビシリーズとしては1シリーズ目に当たる。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

わんぱく探偵団

わんぱく探偵団の基本情報
放送日1968年9月26日
話数35話
監督林重行
脚本阿部桂一、加藤有芳、辻真先、黒島巌、小宮敬、岡崎邦彦
放送局CX
原作江戸川乱歩
制作虫プロダクション

『わんぱく探偵団』(わんぱくたんていだん)は、1968年2月1日から同年9月26日までフジテレビ系列局で放送されていた虫プロダクション制作のテレビアニメである。雪印乳業(現・雪印メグミルク)の一社提供。全35話。放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

巨人の星

巨人の星の基本情報
作品名巨人の星
放送日1971年9月18日
話数182話
原作梶原一騎(作)、川崎のぼる(画)
制作東京ムービー

『巨人の星』は、作:梶原一騎、画:川崎のぼるによる漫画作品『巨人の星』、『新巨人の星』を原作としたアニメシリーズである。本稿では、以下の作品群について述べる。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

アニマル1

アニマル1の基本情報
放送日1968年9月30日
話数27話
監督杉山卓、波多正美、富野喜幸、高橋良輔、西牧秀雄 ほか
脚本山崎忠昭、雪室俊一、辻真先、川崎泰民
放送局CX
原作川崎のぼる
制作虫プロダクション

『アニマル1』(アニマル・ワン)は、小学館の『週刊少年サンデー』に連載されていた川崎のぼるの漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。第14回(昭和43年度)小学館漫画賞受賞作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

サイボーグ009

サイボーグ009の基本情報
作品名サイボーグ009
放送日1968年9月27日
話数26話
監督川越淳
脚本大西信介
放送局NET
原作石ノ森章太郎
制作東映動画

本項では、石ノ森章太郎のSF漫画『サイボーグ009』を原作としたアニメ作品全般について解説する。大半の作品は原典通り『サイボーグ009』(サイボーグ ゼロゼロナイン)という題名だが、21世紀以降は原典を大幅にアレンジしている作品も多く、それらの作品は題名が変更されている。ただし「009」の部分は不変である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

あかねちゃん

あかねちゃんの基本情報
放送日1968年9月29日
話数26話
脚本雪室俊一、山崎忠昭、辻真先、安藤豊弘
放送局CX
原作ちばてつや
制作東映動画

『あかねちゃん』は、講談社の少女漫画雑誌『少女フレンド』で連載されていたちばてつやによる日本の漫画作品、およびこれを原作とする東映動画制作のテレビアニメである。当初は「みそっかす」というタイトルであったが、アニメ化に際して「あかねちゃん」に変更された。しかし、アニメ版の放送終了後に複数社から発売された単行本には、タイトルが「あかねちゃん」のままになっているものと「みそっかす」へ戻されているものとが混在する。詳しくは#単行本を参照のこと。なおアニメ化に合わせて、講談社の幼児雑誌『たのしい幼稚園』の1968年6月号から1969年3月号まで、ちばあきおによって『あかねちゃんとさくらちゃん』という姉妹版漫画が連載された。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ファイトだ!!ピュー太

ファイトだ!!ピュー太の基本情報
放送日1968年9月28日
話数26話
監督斉藤賢、光延博愛、永沢詢(構成)
脚本鈴木良武、吉田喜昭、伊東恒久他
放送局MBS
原作ムロタニ・ツネ象(原案)
制作放送動画制作

『ファイトだ!!ピュー太』(ファイトだ ピューた)は、1968年4月6日から同年9月28日までNET(現・テレビ朝日)系列局で放送されていたテレビアニメである。毎日放送と放送動画制作の共同製作。雪印乳業(現・雪印メグミルク)の一社提供。全26話。放送時間は土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。モノクロ作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

怪物くん(第1作)

怪物くん(第1作)の基本情報
作品名怪物くん(第1作)
放送日1969年3月23日
話数49話
監督大隅正秋
原作藤子不二雄
制作東京ムービー、スタジオ・ゼロ

『怪物くん』は、藤子不二雄Ⓐの漫画『怪物くん』を原作としたテレビアニメ化作品の第1作にあたるモノクロ版の『怪物くん』(かいぶつくん)及びその劇場版。第2作のカラー版アニメ及びその劇場版については、『怪物くん (カラーアニメ)』を参照。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

サスケ

サスケの基本情報
放送日1969年3月25日
話数29話
制作TCJ

『サスケ』は、白土三平による日本の漫画作品である。光文社の少年漫画雑誌『少年』1961年7月号から1966年3月号まで全55話が連載され、1968年にはテレビアニメ化もされた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

夕やけ番長

夕やけ番長の基本情報
放送日1969年3月29日
話数156話
監督木下蓮三 → 富野喜幸(演出名義)
脚本吉田喜昭、雪室俊一、山崎忠昭
放送局NTV
原作梶原一騎、荘司としお
制作東京テレビ動画

『夕やけ番長』(ゆうやけばんちょう)は、梶原一騎原作、荘司としお画の日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ。漫画版は、秋田書店の『冒険王』に作品本編を連載し、同じく秋田書店の『週刊少年チャンピオン』にサイドストーリーを掲載する方式を採っていた。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ドカチン

ドカチンの基本情報
放送日1969年3月26日
話数26話
監督笹川ひろし
脚本鳥海尽三
放送局CX
原作吉田竜夫
制作タツノコプロ

『ドカチン』は、1968年10月2日から1969年3月26日までフジテレビ系列局で放送されていたタツノコプロ制作のテレビアニメである。放送時間は毎週水曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。全52話(全26回、1回につき2話放送)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

佐武と市捕物控

佐武と市捕物控の基本情報
放送日1969年9月24日
話数52話
制作毎日放送

『佐武と市捕物控』(さぶといちとりものひかえ)は、石森章太郎(石ノ森章太郎)による日本の漫画、また同作を原作としたテレビアニメ、テレビドラマ、小説。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

バンパイヤ

バンパイヤ の基本情報
放送日1969年3月29日
話数26話
制作虫プロダクション

主人公の少年である立花特平(通称トッペイ)は、月が出ている時に感情が高ぶると狼に変身する「狼男」であった。木曽の山奥の集落でバンパイヤの「夜泣き一族」として母と弟のチッペイと暮らしていたが、行方不明の父親の探索とアニメーターになりたいという夢を持って村から抜け出し、手塚治虫の下(虫プロダクション)で働くことになる。だが、ある夜手塚治虫に正体がばれてしまう。手塚は、親友で怪奇現象の研究家でもあった熱海教授に相談するが、教授はトッペイを研究しようと無理やり狼に変身させ、逆にトッペイに追われてがけから落ち、事故死してしまった。悪魔のように知的で冷酷な少年ロック(間久部緑郎)は、その様子を目撃し、世界を支配しようという野望のために事件を楯にトッペイを利用しようとする。トッペイとロックの確執。さらに、動物に変身するという理由だけで化け物扱いされ、人間たちに迫害され続けてきた一族の復讐を果たし、新たにバンパイヤの支配する世界を作るため蜂起するバンパイヤたち。そこにロックが絡み、事実上の主人公として描かれていく。ロックは、3人の老婆の占い師から、「世界の支配者になれる。人間にも動物にも倒されることはない」と予言され、それを信じて悪事を重ねたのである。トッペイは変身してロックを襲うが、古井戸に落ちてロックに助けられ、いやいやながら命の恩人ロックの命令を聞く羽目になってしまった。ロックは、なんと孤児であった自分を引き取ってくれた恩人である大富豪大西氏の娘ミカを誘拐して身代金を強奪することを計画、トッペイにミカの誘拐を手伝わせる。ロックに命令され、警視庁の下田警部の追跡も振り切って身代金を奪い、指示された寺院に逃げ込んだトッペイは、そこで父とその助手の岩根山ルリ子に出会う。父の立花博士は、世界中のバンパイヤを結束し、人間からの不当な抑圧から解き放つための「バンパイヤ革命」を計画していたのだった。トッペイを追って来た警官隊の銃撃を受け、父はトッペイの身代わりになって死に、トッペイとルリ子は脱出する。手塚治虫はロックが山口県の秋吉台で大西ミカを殺害するのを目撃するが、逆にロックに追われて鍾乳洞に逃げ込み、バンパイヤたちの集会場に迷い込む。バンパイヤたちが革命のために会議を開いていたのだ。ちょうどルリ子に連れられてきたトッペイのおかげで手塚は釈放されるが、途中で再びロックに出会い、自動車に乗せられたまま谷底へ落とされる。さらにロックは、自分が大西家の財産を譲られることを知り、大西夫婦を交通事故に見せかけて殺害してしまった。その上、彼をバンパイヤだと信じる岩根山ルリ子を通じてバンパイヤたちをも味方に付け、自分の屋敷を改造して彼らの基地に提供する。トッペイは、そんなバンパイヤたちの行き方に反対し、ロックを下田警部に告発するが、ロックは警部をも殺してしまった。警部の死に際にロックのことを聞いたおじのヒゲオヤジは、早速ロックを追い始める。ロックは、丸薬状で飲み込むと体内で爆発する丸薬爆弾で政府要人を爆殺し、いよいよ野望の成就に乗り出した。彼の悪事に気付いた唯一無二の親友の西郷は監禁されてしまう。だがヒゲオヤジはロックを追って海外にまで飛ぶ。一方、死んだと思われた手塚治虫が生還した。死ぬ直前にバンパイヤに助けられ、「マッドPA(パー)」という、熱海教授が発明した謎の薬品のありかを尋ねられたというのだ。手塚はトッペイと共に廃屋となった熱海教授の屋敷に行き、マッドPAの資料を探し出した。そしてテレビでバンパイヤ革命の秘密を明かす。その存在を知られてしまった日本のバンパイヤは、ついにバンパイヤ革命を開始した。バンパイヤ革命で日本全土がバンパイヤの支配下に落ちたある日、手塚治虫はトッペイらの協力で極秘にマッドPAを完成する。それは、変身したバンパイヤを本物の動物に変えてしまう作用があった。本心ではバンパイヤを支配して世界の王者になろうともくろんでいたロックは、手塚たちからマッドPAを奪おうとするが、ヒゲオヤジとの戦いに敗れて捕らえられる。ヒゲオヤジはバンパイヤの幹部たちをマッドPAで全滅させた。計画が挫折したロックは脱走し、監禁していた西郷の下に走るが、西郷の諫言にカッとなり西郷を射殺、彼に変装して逃げようとするが、トッペイたちに追われ、さらに無数の幽霊や妖怪の幻覚に襲われて海に飛び込み、姿を消した。そして全ては終わる。第1部で姿を消したと思われていたロックがウェコ(人間に変身する猫のような姿をした動物)を利用し、再び世界征服をたくらむ。江戸時代に現れた化け猫(ウェコ)の逸話やトッペイとウェコの出会い、インドの山猫少年(正体は人間の姿になったウェコ)などのエピソードを織り込みながら展開する。ロックはウェコを大富豪の桧山家の息子・隼人に変身させ、本物とすり替えて財産を乗っ取ろうとする。しかし、ウェコは隼人を殺そうとして返り討ちに遭い、手当てをしてもらったことで恩義を感じ、正義感に目覚める。その後、二人が繋がっていることに気づいたロックはウェコの振りをした隼人を洞窟の奥まで連れていき、地底湖へと突き落とす。しかしそれは隼人ではなく、本物のウェコであった。いつの間に入れ替わったのかと驚愕するロックに怒ったウェコが掴みかかろうとするところで物語は未完に終わる。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

妖怪人間ベム

妖怪人間ベムの基本情報
作品名妖怪人間ベム
放送日1969年3月31日
話数26話
監督小高義規
脚本冨岡淳広
放送局CX
原作ADKエモーションズ
制作第一動画

『妖怪人間ベム』(ようかいにんげんベム)は、1968年(昭和43年)10月7日から1969年(昭和44年)3月31日までフジテレビ系列にて毎週月曜日19時30分 - 20時00分の時間帯で放送されたテレビアニメ。全26話(以下「第1作」「前作」などと略記)。本項では、その後に上記作品を原典として製作されたアニメや他メディア作品(コミック・実写ドラマなど)についても記載する。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ワンダーくんの初夢宇宙旅行

ワンダーくんの初夢宇宙旅行 の基本情報
放送日1969年1月2日
話数1話
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ひみつのアッコちゃん(第1作)

ひみつのアッコちゃん(第1作)の基本情報
放送日1970年10月26日
話数94話
制作東映動画

『ひみつのアッコちゃん』は、赤塚不二夫による日本の少女漫画である。1960年代から2010年代に至るまでたびたびテレビアニメ化され、人気を呼んだ。また、テレビドラマや実写映画も製作されている。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

海底少年マリン

海底少年マリンの基本情報
放送日1970年7月27日
話数78話
制作テレビ動画

『海底少年マリン』(かいていしょうねんマリン、Marine Boy)は、1969年1月13日から同年9月22日、同年10月13日から1970年7月27日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。本項では前身の作品『ドルフィン王子』および『がんばれ!マリンキッド』についても記述するが、特に注釈のない限り『海底少年マリン』のデータとする。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

そばかすプッチー

そばかすプッチーの基本情報
放送日1969年10月4日
話数162話
監督池野文雄、青木たかし(演出名義)
脚本石黒昇、安藤豊弘
放送局CX
原作青木たかし

『そばかすプッチー』は、1969年3月31日から同年10月4日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ・エンタプライズ製作のテレビアニメである。全162話。放送時間は毎週月曜 - 土曜 18:55 - 19:00 (日本標準時)。小柄だが正義感の強い少年プッチーと、欲張りで様々な悪事を企むワルジーの対決をコメディタッチに描いた作品。明治乳業(現・株式会社 明治)の一社提供番組で、作中には牛乳を燃料にして動く陸海空対応型メカ「カップ号」が登場する。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ウメ星デンカ

ウメ星デンカの基本情報
放送日1969年9月23日
話数52話
制作東京ムービー、スタジオ・ゼロ

『ウメ星デンカ』(ウメぼしデンカ)は、藤子・F・不二雄のギャグ漫画・SF漫画作品、および同作を原作としたアニメ作品、また作品内の主人公の一人の名称。1968年から1970年まで雑誌連載、1969年にテレビアニメ化され、1994年に劇場アニメ化された。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

紅三四郎

紅三四郎の基本情報
放送日1969年9月24日
話数26話
制作タツノコプロ

『紅三四郎』(くれないさんしろう)とは、「九里一平とタツノコプロ」による漫画及び「吉田竜夫とタツノコプロ」による漫画である。またアニメ化され、1969年4月2日から同年9月24日まで、フジテレビ系で毎週水曜日19時 - 19時30分に放送された。全26話。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

もーれつア太郎(第1作)

もーれつア太郎(第1作)の基本情報
放送日1970年12月25日
話数90話
制作東映動画

江戸っ子気質が色濃く残る東京下町を舞台にした、人情ものの雰囲気を持つギャグ漫画。ア太郎、デコッ八、×五郎(ばつごろう)、両目つながりのおまわりさん、ニャロメ、ココロのボスとその子分たち、ブタ松、天国の神様とその弟子などの個性あふれる登場人物が物語を盛り上げる。主人公ア太郎の母は亡くなり、父の×五郎と二人暮らし。×五郎は、八百屋を営むが易に凝った困り者。店の切り盛りはア太郎がしている。もっとも、たまたまア太郎が店を留守にしたときから、×五郎が人が変わったように仕事に精を出すようになって大助かり。しかし×五郎は、ある日子供が木に引っかけた風船を取ってやろうとして木から落ちて死んでしまう。そのためア太郎は、家業の八百屋「八百×」を継ぐ事になる。そんななか、ふとした縁で出会った少年デコッ八は、ア太郎の健気さと男気を認め、彼の子分(=八百屋の従業員)となる。一方、天国に行った父の×五郎は、死ぬ予定でなかったのに間違って死んだことが神様たち(天国の戸籍係)の調べでわかり、再び地上に帰って来る事になったが、既に体は火葬されて無くなっており、幽霊のままア太郎と暮らすことになる。幽霊になった×五郎の姿はア太郎にしか見えない。物語は、必ずしも主人公のア太郎ばかりではなく、デコッ八、×五郎、ニャロメ、ココロのボスなどが前面に出て活躍したり騒ぎを起こしたり、時には人情話風の展開を見せることもある。『天才バカボン』をヒットさせた『週刊少年マガジン』に対抗するため、『週刊少年サンデー』編集部は人気トップで連載中の『おそ松くん』を終了させ、新連載を起こすように赤塚に打診。赤塚は、『おそ松くん』を通常13ページを32ページに増ページして月に1回の連載を続けることを条件に了承した。映画『天国への階段』をヒントに息子と父親の幽霊、下町人情物の漫画を構想。連載前から東映動画からアニメ化の申し入れがあった。しかし、連載がスタートしても読者アンケートでは3位より上がらず、月1連載の『おそ松』がトップだった。武居俊樹著『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』には、タイトルは丸善石油のCM「Oh!モーレツ」から、主人公の名前は漫画が当たってほしいという願いをこめて「ア太郎」と命名したと記されているが、名和広は『赤塚不二夫大先生を読む 「本気ふざけ」的解釈 Book1』(P208)において、CM放送が連載開始後の1969年であるため、タイトルの由来は誤りであると指摘している。また、前述の『赤塚不二夫大先生を読む 「本気ふざけ」的解釈 Book1』(P208)や、赤塚不二夫著『ラディカル・ギャグ・セッション』(P119)、1997年発行の『まんがバカなのだ 赤塚不二夫展 出展作品図録』(P62)などでは、名実共に代表作となった『おそ松くん』や連載開始からいきなり大ヒットとなった『天才バカボン』に負けず劣らず、「猛烈に当たろう」という赤塚の切実なる願いがそのままダイレクトにタイトルへと反映されたとしている。『ア太郎』には2つの派生作品がある。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

忍風カムイ外伝

忍風カムイ外伝の基本情報
放送日1969年9月28日
話数26話
監督崔洋一
脚本吉田玲子
放送局CX
原作白土三平小林利雄(監修)
制作TCJ

17世紀、日本。非人の出身であるカムイは貧しさから伊賀の忍になるが、自由を求めて抜け忍となる。ある日彼は伊賀の追い忍たちとの戦いの直後、領主・水谷軍兵衛の愛馬「一白」の白い足を切り落とした半兵衛という漁師に出会う。カムイは半兵衛が住む島に辿り着くが、そこにいたのはかつてカムイが仕留め損ね、今は半兵衛の妻・お鹿として生きる同じ伊賀の抜け忍・スガルだった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

どろろ(第1作)

どろろ(第1作)の基本情報
作品名どろろ(第1作)
放送日1969年9月28日
話数26話
監督古橋一浩
脚本小林靖子
放送局CX
原作手塚治虫
制作虫プロダクション

醍醐の国の領主・醍醐景光は地獄堂の十二の鬼神に領土の守護と権力を願うが、代わりに生まれたばかりの息子から体が欠損する。それから16年後、盗みで生き抜く孤児のどろろは、義手に仕込んだ刀で妖怪を倒し、皮膚を取り戻した青年・百鬼丸と出会う。景光の子は川に流されたあと、医師の寿海に保護されていた。彼は百鬼丸と名付けられ、義手と義足をつけて育てられた後、失った体を求めて旅をしていた。どろろは百鬼丸の旅に同行。百鬼丸は妖怪を倒すたび、体を取り戻して行き、どろろにも心を開いて行く。やがて妖怪を倒しても体が戻らないことに気付いた百鬼丸は、醍醐の国へ向かうと、繁栄を謳歌していた醍醐の国では戦や疫病によって再び国が乱れようとしていた。景光の息子で百鬼丸の弟・多宝丸は、百鬼丸こそが国を滅ぼす鬼神として、百鬼丸に立ち向かう。死闘の末、百鬼丸は多宝丸と最後の鬼神を倒し、全ての体を取り戻す。景光は再び地獄堂にこもり、亡くなった多宝丸と共に国を守る鬼神となることを願うが、景光に対し百鬼丸は「人として生きろ」と諭し、一人旅に出る。どろろは村人たちに、亡き父親が遺した隠し財産で武士に頼らない新しい国を作ることを提案。百鬼丸との再会を願いながら戦国の世を歩きだす。同作品では、百鬼丸の身体を奪った妖怪は、48の魔物から12柱の鬼神に変更されている。さらに菩薩像が身代わりとなったため、実際に身体を奪えた鬼神は11柱である。原作や1969年版と同じく鬼神自体には姿形はなく、百鬼丸から奪った部位を依り代に、物体や生物に憑依し変化することで現出する。作中で分かる範囲では契約を忠実に実行しており、醍醐領は繁栄の一途を辿っていたが、鬼神が百鬼丸に倒され始めるとともに、醍醐領の恵みに翳りが見え始めている。それ以外では気ままに人を襲って食らう、約定で人を利用あるいは守護するなど、行動に他の妖怪との差異は見られず、彼らが倒された時に起きる百鬼丸の身体の一部が戻る、鬼神堂の鬼神像に大きなひび割れが入る等の現象でしか、鬼神か単なる妖怪かの区別は付かない。インターネットでは、Amazonプライム・ビデオにて2019年1月7日0:00より日本・海外独占配信中。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

六法やぶれクン

六法やぶれクンの基本情報
放送日1969年9月26日
話数110話
原作佐賀潜『民法入門』
制作東京ムービー

『六法やぶれクン』は、佐賀潜の『民法入門』を原作としたテレビアニメ。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

巨人の星対鉄腕アトム

巨人の星対鉄腕アトムの基本情報
作品名巨人の星対鉄腕アトム
放送日1969年9月6日
話数1話
制作東京ムービー

『巨人の星対鉄腕アトム』(きょじんのほしたいてつわんアトム)は、1969年9月6日に日本テレビ系列のバラエティ番組『前田武彦の天下のライバル』(土曜19:30 - 20:00)で行われた企画である。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

男一匹ガキ大将

男一匹ガキ大将の基本情報
放送日1970年3月28日
話数156話
監督村野鉄太郎
脚本吉田進、山崎忠昭、雪室俊一
放送局NTV
制作東京テレビ動画

『男一匹ガキ大将』(おとこいっぴきガキだいしょう)は、本宮ひろ志による日本の漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ作品、実写映画作品。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ピンチとパンチ

ピンチとパンチの基本情報
放送日1970年3月28日
話数156話
監督青木たかし、池野文雄(演出名義)
脚本石黒昇、安藤豊弘
放送局CX
原作青木たかし

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。『ピンチとパンチ』は、1969年9月29日から1970年3月28日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ・エンタプライズ製作のテレビアニメである。大人に意地悪をしてへこませるのが大好きな双子ピンチとパンチが巻き起こす騒動を描いている。全156話。放送時間は毎週月曜 - 土曜 18:50 - 18:55 (日本標準時)。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

タイガーマスク

タイガーマスクの基本情報
作品名タイガーマスク
放送日1971年9月30日
話数105話
原作梶原一騎、辻なおき
制作東映動画

孤児院「ちびっこハウス」の伊達直人は子供の頃に動物園の虎の檻の前でケンカをして相手を叩きのめしたのがきっかけで、悪役レスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされる。虎の穴での殺人トレーニングをこなす日々の中で、自分と同じような生い立ちを持つ孤児たちに、同じような苦しみを味わわせたくないという想いを抱くようになり、虎の穴を卒業。悪役覆面レスラー「タイガーマスク」としてプロレスデビューをしてからは、収入の一部を孤児院へ寄付するようになった。当初は虎の穴へのファイトマネーの半額という上納金は支払った上で、自分の手取り分の範囲内での援助を考えていたが、自分の出身施設である孤児院「ちびっこハウス」の窮状を知り、虎の穴へ納める分まで寄付せざるを得なくなる。虎の穴はタイガーを裏切り者とみなし、タイガーを倒すための刺客を次々と送って来る。同じ裏切り者となるなら、せめて後輩となる「ちびっ子ハウス」の子供たちに恥じない戦いをしたいと、悪役からフェアプレーで戦う正統派スタイルへ転向。当初は、身についた悪役ファイトが抜けきれず、また正攻法では大物レスラーを相手に通用しないので、苦闘の連続だった。レフェリーの目を盗んだ喉笛へのトウキックなどの隠し技を使うこともあったが、ジャイアント馬場にあっさりこれを見抜かれ、以後封印する。やがて、ウルトラ・タイガー・ドロップ、フジヤマ・タイガー・ブリーカー(アニメでは「ウルトラ・タイガー・ブリーカー」)、タイガーVなど、独自の必殺技を開発していく。しかし、虎の穴が次々と送り込んでくる悪役レスラーたちとの死闘の中、反則に反則で応えてしまうこともしばしばあり、「虎の穴」で身についた悪役スタイルと正統派でありたい意識の中でながく葛藤した。直人がこの苦悩から解放されるのは、ミル・マスカラスの弟、エル・サイケデリコから、正統派のイメージにこだわるあまり、ルールで認められた5カウント内の反則まで否定してしまった兄の苦悩を聞かされてからである。この助言を受けて、ようやく虎の穴の呪縛から逃れ、テクニックでも反則技でも一流だったルー・テーズの再来を目指すこととなる。ドリー・ファンク・ジュニアとの世界タイトルマッチが実現、ぎりぎりまで追い詰めるものの、ジュニアはセコンド・シニアの指示でレフェリーの沖識名を殴打、苦し紛れの反則負けにもちこまれタイトル奪取ならず。大阪での再戦当日、直人は車にひかれそうになった子供をかばって死亡した。最後の力を振り絞って虎の覆面を近くの川へ投げ捨てたため、伊達直人の事故死とタイガーマスクの失踪はむすびつけて考えられることはなかった。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ハクション大魔王

ハクション大魔王の基本情報
作品名ハクション大魔王
放送日1970年9月27日
話数104話
監督濁川敦
脚本金杉弘子
放送局CX
原作タツノコプロ
制作タツノコプロ

『ハクション大魔王』(ハクションだいまおう、英語表記:The Genie Family)は、タツノコプロによるギャグテレビアニメおよびその主人公。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

サザエさん

サザエさんの基本情報
放送日1969年10月5日
監督渡辺米彦 → 村山修 → 山本功 → (不在)→ 山岸博 → 森田浩光鳥居宥之(特番時のみ)
脚本雪室俊一、城山昇、浪江裕史、小林英造、中園勇也、広田光毅、あみやまさはる、小峯裕之
放送局CX
原作長谷川町子
制作TCJ→エイケン

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。『サザエさん』は、漫画家長谷川町子の代表作『サザエさん』を原作とするテレビアニメ。別時間で放送されていた『まんが名作劇場 サザエさん』についても参照。2019年で放送50周年を迎えた世界で最も長く放映されているテレビアニメ番組としてギネス世界記録を保持している番組である。原作とアニメでは内容が大きく異なっている事に留意する必要がある。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ムーミン

ムーミンの基本情報
作品名ムーミン
放送日1970年12月27日
話数65話
制作東京ムービー→虫プロダクション

『ムーミン』は、トーベ・ヤンソンの同名の小説『ムーミン』シリーズ、および彼女と末弟ラルス・ヤンソンの共著による『ムーミン・コミックス』を原作とした、日本のテレビアニメシリーズ。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

アタックNo.1

アタックNo.1の基本情報
放送日1971年11月28日
話数104話
監督黒川文男、岡部英二、吉田茂承、竹内啓雄ほか
脚本辻真先、出崎哲ほか
放送局CX
原作浦野千賀子
制作東京ムービー

富士見学園中等部に転校してきた主人公・鮎原こずえが、不良グループを率いてバレーボール部に挑戦し力が認められてキャプテンとして迎えられる。こずえと仲間達は様々な試練を乗り越え世界を目指す。

引用:Wikipedia
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

西遊記

西遊記の基本情報
放送日1960年8月14日 ~
上映時間88分
監督藪下泰司(演出)、手塚治虫(演出)、白川大作(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

安寿と厨子王丸

安寿と厨子王丸の基本情報
放送日1961年7月19日 ~
上映時間83分
監督藪下泰司(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

たのしい文明史 鉄ものがたり

たのしい文明史 鉄ものがたりの基本情報
放送日1962年4月22日 ~
上映時間23分
監督前田一(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

アラビアンナイト シンドバッドの冒険

アラビアンナイト シンドバッドの冒険の基本情報
放送日1962年6月16日 ~
上映時間81分
監督藪下泰司(演出)、黒田昌郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

おとぎの世界旅行

おとぎの世界旅行の基本情報
放送日1962年8月25日 ~
上映時間76分
監督横山隆一
制作おとぎプロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

わんぱく王子の大蛇退治

わんぱく王子の大蛇退治の基本情報
放送日1963年3月24日 ~
上映時間86分
監督芹川有吾(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン

狼少年ケンの基本情報
放送日1963年12月21日 ~
上映時間25分
監督月岡貞夫(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

わんわん忠臣蔵

わんわん忠臣蔵の基本情報
放送日1963年12月21日 ~
上映時間81分
監督白川大作(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

セロひきのゴーシュ

セロひきのゴーシュの基本情報
放送日1963年12月12日 ~
上映時間19分
監督神保まつえ
制作学習研究社
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン アラビアの怪人/魔の岩の決闘

狼少年ケン アラビアの怪人/魔の岩の決闘の基本情報
放送日1964年3月22日 ~
上映時間50分
監督月岡貞夫(演出)、芹川有吾(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン トーテムポールの魔人/ピストル騒動

狼少年ケン トーテムポールの魔人/ピストル騒動の基本情報
放送日1964年3月28日 ~
上映時間50分
監督池田宏(演出)、矢吹公郎(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン おばけ嫌い/ジャングル最大の作戦

狼少年ケン おばけ嫌い/ジャングル最大の作戦の基本情報
放送日1964年5月3日 ~
上映時間50分
監督黒田昌郎(演出)、高畑勲(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン 月夜の出来事

狼少年ケン 月夜の出来事の基本情報
放送日1964年6月14日 ~
上映時間25分
監督池田宏(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

エイトマン ロボット007/光線銃レーザー

エイトマン ロボット007/光線銃レーザーの基本情報
放送日1964年7月21日 ~
上映時間46分
監督大西清(演出)、佐々木浩次(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン サーカスから来た仲間

狼少年ケン サーカスから来た仲間の基本情報
放送日1964年7月21日 ~
上映時間24分
監督山本寛己(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

少年忍者 風のフジ丸 謎のアラビヤ人形

少年忍者 風のフジ丸 謎のアラビヤ人形の基本情報
放送日1964年7月21日 ~
上映時間53分
監督白川大作(演出)、矢吹公郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

鉄人28号 ミラクル魔術団/海底基地

鉄人28号 ミラクル魔術団/海底基地の基本情報
放送日1964年7月21日 ~
上映時間47分
監督庵原和夫(動画演出)、渡辺米彦(動画演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

鉄腕アトム 宇宙の勇者

鉄腕アトム 宇宙の勇者の基本情報
放送日1964年7月26日 ~
上映時間87分
監督山本暎一(演出)、林重行(演出)、高木厚(演出)
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン おく病なライオン

狼少年ケン おく病なライオンの基本情報
放送日1965年3月20日 ~
上映時間24分
監督芹川有吾(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ガリバーの宇宙旅行

ガリバーの宇宙旅行の基本情報
放送日1965年3月20日 ~
上映時間80分
監督黒田昌郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団

少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団の基本情報
放送日1965年3月20日 ~
上映時間50分
監督白川大作(演出)、矢吹公郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙少年ソラン

宇宙少年ソランの基本情報
放送日1965年7月24日 ~
上映時間25分
監督瀬古常時(演出)
制作TCJ
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

宇宙パトロールホッパ

宇宙パトロールホッパの基本情報
放送日1965年7月24日 ~
上映時間24分
監督藪下泰次(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン 誇りたかきゴリラ

狼少年ケン 誇りたかきゴリラの基本情報
放送日1965年7月24日 ~
上映時間25分
監督高畑勲(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

少年忍者 風のフジ丸 大猿退治

少年忍者 風のフジ丸 大猿退治の基本情報
放送日1965年7月24日 ~
上映時間44分
監督白川大作(演出)、村上鎮雄(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

狼少年ケン

狼少年ケンの基本情報
放送日1965年12月25日 ~
上映時間48分
監督池田宏(演出)、芹川有吾(演出)
制作東映動画部
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

オバケのQ太郎

オバケのQ太郎の基本情報
放送日1965年12月25日 ~
上映時間25分
監督山口逸郎(演出)、大隅正秋(演出)
制作東京ムービー
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

サイボーグ009

サイボーグ009の基本情報
放送日1966年7月21日 ~
上映時間60分
監督芹川有吾(演出)
制作東映動画スタジオ
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ジャングル大帝

ジャングル大帝の基本情報
放送日1966年7月31日 ~
上映時間76分
監督山本暎一
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

サイボーグ009 怪獣戦争

サイボーグ009 怪獣戦争の基本情報
放送日1967年3月19日 ~
上映時間60分
監督芹川有吾(演出)
制作東映動画スタジオ
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

少年ジャックと魔法使い

少年ジャックと魔法使いの基本情報
放送日1967年3月19日 ~
上映時間80分
監督藪下泰司(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

たぬきさん大当り

たぬきさん大当りの基本情報
放送日1967年3月19日 ~
上映時間17分
監督G・M・リード、熊川正雄
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

魔法使いサリー

魔法使いサリーの基本情報
放送日1967年7月21日 ~
上映時間45分
監督新田義方(演出)、池田宏(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

アンデルセン物語

アンデルセン物語の基本情報
放送日1968年3月19日 ~
上映時間80分
監督矢吹公郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎の基本情報
放送日1968年7月21日 ~
上映時間45分
監督設楽博(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

太陽の王子 ホルスの大冒険

太陽の王子 ホルスの大冒険の基本情報
放送日1968年7月21日 ~
上映時間82分
監督高畑勲(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

魔法使いサリー

魔法使いサリーの基本情報
放送日1968年7月21日 ~
上映時間24分
監督設楽博(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

九尾の狐と飛丸

九尾の狐と飛丸の基本情報
放送日1968年10月19日 ~
上映時間80分
監督八木晋一(演出)
制作日本動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ

人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチの基本情報
放送日1968年12月19日 ~
上映時間18分
監督藪下泰司(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

怪物くん

怪物くんの基本情報
放送日1969年3月18日 ~
上映時間25分
監督大隅正秋(演出)、秦泉寺博(演出)
制作東京ムービー、スタジオゼロ
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

長靴をはいた猫

長靴をはいた猫の基本情報
放送日1969年3月18日 ~
上映時間80分
監督矢吹公郎(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ひとりぼっち

ひとりぼっちの基本情報
放送日1969年3月18日 ~
上映時間25分
監督高見義雄(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ひみつのアッコちゃん

ひみつのアッコちゃんの基本情報
放送日1969年3月18日 ~
上映時間24分
監督高見義雄(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

千夜一夜物語

千夜一夜物語の基本情報
放送日1969年6月14日 ~
上映時間128分
監督山本暎一
制作虫プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

空飛ぶゆうれい船

空飛ぶゆうれい船の基本情報
放送日1969年7月20日 ~
上映時間60分
監督池田宏(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

ひみつのアッコちゃん わたしのパパはどこ?

ひみつのアッコちゃん わたしのパパはどこ?の基本情報
放送日1969年7月20日 ~
上映時間24分
監督池田宏(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

もーれつア太郎

もーれつア太郎の基本情報
放送日1969年7月20日 ~
上映時間35分
監督西沢信孝(演出)、永樹凡人(演出)
制作東映動画
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

巨人の星

巨人の星の基本情報
放送日1969年7月26日 ~
上映時間88分
監督長浜忠夫(演出)
制作東京ムービー
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

㊙劇画 浮世絵千一夜

㊙劇画 浮世絵千一夜の基本情報
放送日1969年10月29日 ~
上映時間70分
監督レオ・ニシムラ(演出)
制作レオ・プロダクション
このアニメ動画を視聴する目次に戻る

巨人の星 行け行け飛雄馬

巨人の星 行け行け飛雄馬の基本情報
放送日1969年12月20日 ~
上映時間70分
監督長浜忠夫(演出)
制作東京ムービー
このアニメ動画を視聴する目次に戻る